勝みなみの高校時代の経歴!母親と祖父の支えでプロ選手になった?
LINEで送る
Pocket

勝みなみ選手は、2018年の「大王製紙エリエールレディース」でプロ初優勝を果たした黄金世代の1人です。

そんなアマチュア時代から実力を示してきた勝みなみ選手ですが、その輝かしい経歴の裏側には、母親祖父支えがあったそうです。

そんな勝みなみ選手について、高校時代の経歴がすごいWikiプロフィールまとめ母親と祖父の支えでプロ選手という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

勝みなみ選手の高校時代の経歴がすごい

勝みなみ選手は、黄金世代という呼び名を作った人であるということは上記でご紹介していますが、そのような呼び名を作った由縁は高校時代のすごい経歴にあります。

そのため、勝みなみ選手の「高校時代の経歴がすごい」ということをご紹介していくに辺り、高校入学前の経歴も合わせてご紹介する必要があります。

下記では、高校入学前の経歴がすごい出身高校はどこ高校時代の経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ,高校時代

勝みなみ選手の高校入学前の経歴もすごい

勝みなみ選手の出身中学校は、鹿児島市立長田中学校です。

下記は、高校入学前の経歴です。

2010年「全国小学生ゴルフトーナメント決勝大会」優勝
2011年「九州ジュニアゴルフ選手権」優勝
2011年「九州中学校ゴルフ選手権春季大会」優勝
2011年「全国中学校ゴルフ選手権春季大会」2位
2011年「日本ジュニアゴルフ選手権」3位
2012年「中学校ゴルフ選手権春季大会」優勝
2012年「九州女子選手権競技」優勝
2013年「九州ジュニアゴルフ選手権」優勝
2013年「中学校ゴルフ選手権春季大会」優勝

小学生時代から全国大会優勝、中学生時代には九州大会ではほとんど優勝しています。

さらに、全国大会でも2位3位という高成績を残し、同じ中学生の中でも九州地方では1番、全国的にもトップクラスの実力をすでに持っていました。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ,高校時代さらに、高校入学直前の2014年3月、日本ゴルフ協会ナショナルチームとして出場した「ニュージーランドアマチュアゴルフ選手権」では、リディア・コー選手のそれまでの記録を2打も縮め、19アンダー日本人選手として初優勝を果たしました。

スポンサーリンク

勝みなみ選手の出身高校はどこ?

勝みなみ選手の出身高校は、鹿児島高等学校です。

この高校は、1923年創立の鹿児島県鹿児島市薬師一丁目にある私立の高等学校です。

そして、女子バスケットボール部は、ウィンターカップに4回も出場する強豪校のようですが、ゴルフ部はありません。

勝みなみ選手が、なんでゴルフ部がない高校に進学したかというと他の分野の人とのコミュニケーションも大事ですから。という理由からでした。

中学時代のすごい経歴から、全国にあるゴルフの強豪校から多くの誘いがあったようですが、上記の信念のもと、自己流の生き方と練習法にこだわり、普通の高校生として生活をしたようです。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ,高校時代

勝みなみ選手の高校時代の経歴まとめ

下記は、勝みなみ選手高校時代の経歴の一覧です。

2014年「日本ジュニアゴルフ選手権」優勝
2014年「国民体育大会ゴルフ競技女子」1位タイ
2014年「KKT杯バンテリンレディースオープン」優勝史上最年少記録
2015年「ニュージーランドストロークプレー選手権」3位

2015年「全日本アマチュアゴルフ選手権」優勝
2015年「日本ジュニアゴルフ選手権」3位タイ
2016年「ほけんの窓口レディース」6位タイ

2016年「ニチレイレディス」2位
2016年「スタンレーレディスゴルフトーナメント」7位タイ
2016年「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」8位タイ

勝みなみ選手は、高校生ながらアマチュアとして多くの大会に出場しています。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ,高校時代そして、「KKT杯バンテリンレディースオープン」では、イ・ボミ選手を抑えて、アマチュアながらJLGPツアー史上最年少15歳293日)での優勝を果たしています。

さらに、「日本ジュニアゴルフ選手権全日本アマチュアゴルフ選手権」の2冠を達成、これは宮里藍選手・宮里美香選手に続く史上12人目の快挙でした。

上記の経歴より、勝みなみ選手の活躍が1998年生まれ黄金世代と呼ぶことになったきっかけであるということに納得しました。

勝みなみ選手のWikiプロフィールまとめ

勝みなみ選手のみなみという名前は、漫画「タッチ」のヒロインである朝倉南から来ているそうです。

そんな勝みなみ選手について、Wikiプロフィールプロテスト合格はいつ契約スポンサーはどこという流れで、ご紹介していきます。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ

勝みなみ選手のWikiプロフィール

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ
名前:勝みなみ(かつみなみ)
生年月日:1998年7月1日
年齢:23歳(2021年時点)
出身地:鹿児島県鹿児島市
血液型:AB型
身長:157cm
体重:56cm
特技:体操・水泳
趣味:映画鑑賞・スポーツ観戦・歌うこと
得意クラブ:ドライバー
所属:明治安田生命

参考元:Wikipedia日本女子プロゴルフ協会

勝みなみ選手の特技に体操とありますが、幼少期にテレビアニメ「美少女戦士セーラームーン」が好きで、セーラームーンになりたかったことから、体操教室に週に1時間6歳から中学3年生まで通っていました。

スポンサーリンク

勝みなみ選手のプロテスト合格はいつ?

勝みなみ選手のプロテスト合格日は2017年7月28日であり、89期生として一発合格を果たしています。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ,プロテスト合格まだプロ転向して1年と半年も満たないですが、大王製紙エリエールレディースプロ初優勝を果たしています。

ちなみに、89期生として合格したのは22名であり、松田鈴英選手がトップ合格でした。

さらに、黄金世代の新垣比菜選手・小祝さくら選手など女子プロツアーで首位争いをする活躍をしている選手がたくさんいます。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ,黄金世代なお、黄金世代とは1998年生まれの世代の選手たちを指し、89期生の中の11人がこの世代となっています。

そして、同じ世代の三浦桃香選手は、下記のように語っています。

みなみちゃんのおかげで私たちは伸びたし、黄金世代と呼んでもらえるのは彼女のおかげ。

参考元:日本経済新聞

上記のように、勝みなみ選手アマチュア時代からの活躍黄金世代という呼び名を作り、同じ世代の選手たちの活力になっているようです。

勝みなみ選手をはじめ、今後の黄金世代、89期生の女子プロゴルファーたちの活躍が楽しみです。

勝みなみ選手の契約スポンサーはどこ?

勝みなみ選手は、黄金世代を牽引する実力を持ち、今後の活躍が非常に期待されている女子プロゴルファーですが、どのような会社が契約スポンサーなのでしょうか?

下記は、勝みなみ選手契約スポンサーの一覧です。

明治安田生命保険所属選手
チャンピオンウェア
ダンロップスポーツクラブ・ボール
ナイキウェア
日本航空スポンサー
東急リゾートサービススポンサー

上記が、勝みなみ選手の契約スポンサーですが、どこのスポンサーも有名な会社であり、女子プロゴルファーとしての評価が高いことの証明だと思います。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ,スポンサーそして、下記は所属選手契約を結んだ際の記者会見でのコメントです。

この度、明治安田生命様からサポートして頂けることになり、とても光栄に思います。これから、明治安田生命様とともに、思いやり、優しい心を持った「世界一、愛されるプロゴルファー」を目指してまいります。そして 自分自身のプレーを通じて多くの方々に勇気と感動を届けられるよう一生懸命頑張ります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

引用元:alba

上記のコメントの中の「思いやり、優しい心を持った『世界一、愛されるプロゴルファー』を目指してまいります。」という言葉が個人的には素敵だなと思いました。

勝みなみ選手が今後も活躍をしていけるように、それぞれの契約スポンサーには最大限のサポートをしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

勝みなみ選手は母親と祖父の支えでプロ選手になった?

勝みなみ選手の家族構成は、兄弟姉妹が居るという情報はなく、祖父・父親・母親の情報はかなりあるので、祖父と同居しているかどうかは不明ですが、3人家族となると思われます。

そして、勝みなみ選手ゴルフを始めたきっかけ祖父であり、キャディーは母親であるという情報があったので、プロテスト合格後の成績母親と祖父の支えとは?という流れで、ご紹介していきます。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ,祖父,母親

勝みなみ選手のプロテスト合格後の成績まとめ

2017年(1年目)

【LPGAツアー】
出場4戦・予選落ち1試合

予選突破3試合中の最高順位
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」17位タイ

【ステップ・アップ・ツアー】
出場5戦・予選落ち0試合・トップ10入り3試合
予選突破5試合中の最高順位
「山陰合同銀行 Duoカードレディース」優勝

【その他】
「LPGA新人戦 加賀電子カップ」8位タイ

2018年(2年目)

【LPGAツアー】
出場37戦・予選落ち10試合・棄権1試合、・トップ10入り11試合

予選突破26試合中の最高順位
「大王製紙エリエールレディスオープン」優勝

2019年(3年目)

【LPGAツアー】
出場32戦・予選落ち9試合・棄権1試合・トップ10入り13試合

予選突破22試合中の最高順位
「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」優勝

「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」優勝

2020年(4年目)

【LPGAツアー】
出場12戦・予選落ち2試合・トップ10入り2試合

予選突破10試合中の最高順位
「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」2位

2021年(5年目)

【LPGAツアー】
出場19戦・予選落ち5試合・棄権1試合・トップ10入り3試合

予選突破13試合中の最高順位
「リゾートトラスト レディス」優勝

勝みなみ選手は、2018年の「大王製紙エリエールレディース」でプロ初優勝、2019年の「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」と「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」で優勝、2021年も「リゾートトラスト レディス」で優勝を果たす活躍を続けています。

スポンサーリンク

勝みなみ選手の母親と祖父の支えとは?

父親は勝秀樹さんといい、職業は教師です。

そして、単身赴任で鹿児島の与論島に住んでいるそうですが、娘の試合がある度に飛行機で駆けつけているそうです。

母親は勝久美子さんといい、小学校の元教師でしたが、現在は娘である勝みなみ選手キャディーをしています。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ,母親娘が中学2年生の時に「プロゴルファーになりたい。」と真剣に語ったことがきっかけで、1年間悩んだ末に退職したそうです。

そして、プロテスト合格後、なかなか優勝ができない中、「大王製紙エリエールレディース」での優勝、母親は12ホール終了後、堪え切れずコースの横で一人涙したそうです。

母親はその時の近況を下記のように語っていました。

苦しかった。練習が足りないのか。させすぎなのか。私が練習の計画を立てているから、自分を責め続けました。

参考元:日刊スポーツ

上記のように、娘の苦悩を知るからこそ、娘の活躍が嬉しかったと思いますし、娘と母親の二人三脚で勝ち取った優勝だと思います。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ祖父は市来龍作いちき りゅうさく)さんです。

勝みなみ,女子プロ,ゴルフ,祖父勝みなみ選手がゴルフを始めたのは6歳ですが、祖父が「老後の楽しみに」とゴルフ場に連れて行ったこときっかけでした。

そして、ゴルフを教えてくれた祖父と「プロで優勝したらプレゼント」という約束をしていたそうですが、大王製紙エリエールレディースの副賞である高級外車のベンツを送ることで約束を果たしたそうです。

上記のように、プロ選手になるまでのすごい経歴と今回の優勝は、祖父がゴルフを教えてくれ、母親が仕事を辞めてまでキャディーとして支えてくれたこと、父親の応援など家族みんなの献身的なサポートのおかげだったのだと思います。

そんな勝みなみ選手は、黄金世代の注目女子ゴルファーの1人なので、今後の活躍も期待して応援していきます。

スポンサーリンク