笹生優花の出身高校は?Wikiプロフィールとゴルフ経歴まとめ!
LINEで送る
Pocket

笹生優花選手は、フィリピン日本の2つの国籍を持ち、初の21世紀生まれの優勝者となった注目の女子プロゴルファーです。

なお、アマチュア時代からフィリピン国内各国のジュニアやアマチュアの大会で活躍、日本ツアーにも参戦していました。

そんな笹生優花選手について、出身高校Wikiプロフィールゴルフ経歴まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

笹生優花選手の出身高校はどこ?

笹生優花選手の出身高校は、代々木高等学校です。

この高校は、2005年4月に開校された三重県志摩市阿児町神明賢島にある男女共学の広域通信制高等学校です。

笹生優花,ゴルフ,女子プロ,高校時代笹生優花選手は、同校のアスリートゴルフコースに通い、2020年3月に卒業したばかりです。

そして、高校時代には世界・フィリピン・日本の大会で下記のように素晴らしい成績を残しています。

2017年「フィリピンアマチュア女子オープンマッチプレー」優勝
2017年「IMG Junior World Championships 15-18 Girls」2位
2017年「フィリピンジュニア女子アマチュア」優勝
2017年「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」8位タイ
2018年「Patsy Hankins Trophy」優勝
2018年「フィリピンレディースオープン」優勝
2018年「Asia Pacific Women’s Amateur2

ちなみに、アスリートゴルフコースは2010年4月に創設され、石川遼選手をを育てた吉岡徹治さんが監督を務めています。

笹生優花,ゴルフ,女子プロ,高校時代なお、ゴルフの甲子園と呼ばれている全国高校ゴルフ選手権連続出場する強豪校となっています。

個人の部:2011年度〜
団体の部:2012年度〜
女子の部:2017年度〜

そんな高校時代から実力を発揮していた笹生優花選手は「高校卒業後、プロになり世界一になりたい。」と目標を語っていました。

スポンサーリンク

笹生優花選手のWikiプロフィール

笹生優花,ゴルフ,女子プロ
名前:笹生優花(さそうゆうか)
生年月日:2000年6月20日
年齢:20歳(2020年時点)
出生地:フィリピン
出身地:東京都
血液型:B型
身長:166cm
体重:63kg
趣味:ピアノ・卓球
得意クラブ:ドライバー
所属:ICTSI

参考元:日本女子プロゴルフ協会Wikipedia

査定見積もりで成果!ゴルフの買取なら「アローズ」

笹生優花選手の家族構成は、日本人の父親の正和さん・フィリピン人の母親・3人の弟・妹の7人家族ハーフです。

なお、フィリピンで生まれ、6歳でフィリピンから日本に移住しましたが、小学校3年生から再びフィリピンに戻っています。

そして、父親が通うゴルフ練習場についていき、宮里藍選手やポーラ・クリーマー選手の活躍する姿を見て、8歳からゴルフを始めました。

笹生優花,ゴルフ,女子プロ,憧れの選手,宮里藍そのため、憧れの選手は宮里藍選手ですが、目標の選手としてロリー・マキロイ選手を挙げています。

ちなみに、父親の正和さんは、小さい頃から下半身を鍛える指導で年々ドライバーの飛距離が伸びていき、現在の平均飛距離260ヤードもあります。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


笹生優花選手のゴルフ経歴まとめ

笹生優花選手は、8歳からゴルフを始め、アマチュア時代からフィリピン国内各国のジュニアやアマチュアの大会で活躍、日本ツアーにも参戦していました。

そんな笹生優花選手のゴルフ経歴について、プロテスト合格はいつアマチュア時代のゴルフ経歴まとめ・プロ転向後のゴルフ経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

笹生優花,ゴルフ,女子プロ

笹生優花選手のプロテスト合格はいつ?

笹生優花選手のプロテスト合格日2019年11月8日であり、18位タイという順位で合格、2020年1月1日から92期生として入会を果たしました。

笹生優花,ゴルフ,女子プロ,プロテスト,92期生そして、92期生として合格したのは21名であり、イ・ソラ選手がトップ合格を果たしました。

笹生優花,ゴルフ,女子プロ,プロテスト,92期生さらに、注目のミレニアム世代である吉田優利選手・西村優菜選手・安田祐香選手などもプロテストに合格しています。

もっと詳しく知りたい人へ!


ちなみに、下記のスポンサー契約を結んでおり、広告塔としても注目されています。

銀座長州屋スポンサー

さらに、今後の活躍により、多くのスポンサーが付くことは間違いないと思います。

スポンサーリンク

笹生優花選手のアマチュア時代のゴルフ経歴まとめ

下記は、笹生優花選手の2016年以降のアマチュア時代の主なゴルフ経歴の一覧です。

2016年

U.S.WOMEN’S AMATEUR:セミファイナリスト
アジアジュニアゴルフチーム韓国:優勝
ワールドジュニアガールズカナダ:優勝
フィリピンレディースオープン:2位
フィリピンアマチュアオープン女子:3位
サントリーレディースオープン:44位
IMGアカデミー世界ジュニアゴルフ選手権:3位
フィリピンジュニアアマチュアオープン:優勝
フィリピンジュニアアマチュアマッチプレー:優勝
ICTSI EAGLE RIDGE LADES プロトーナメント:優勝
日本ジュニアゴルフ選手権競技:2

参考元:日本ゴルフ協会

2017年

フィリピンアマチュア女子オープンマッチプレー:優勝
IMG Junior World Championships 15-18 Girls:2位
フィリピンジュニア女子アマチュア:優勝
スタジオアリス女子オープン:27位
フィリピンアマチュア女子オープン:優勝
フィリピンレディースオープン:3位
ICTSIマララヤットレディース:2位
日本女子アマチュアゴルフ選手権競技:8位タイ

参考元:日本ゴルフ協会

2018年

ICTS I Ayala Greenfield LPGT:優勝
Sportscover Victorian Junior Masters:優勝
Patsy Hankins Trophy:優勝
フィリピンレディースオープン:優勝
Asia Pacific Women’s Amateur:2位
日本女子アマチュアゴルフ選手権競技:21位タイ

参考元:日本ゴルフ協会

2019年

レディースブリティッシュオープン:33位
USガールズジュニア:ベスト64
日本女子アマチュアゴルフ選手権競技:26位タイ
The Country Club Ladies Invitational:2位
オーガスタ・ナショナル女子アマチュアゴルフ選手権:3位タイ
女子ジュニアPGA選手権:優勝

参考元:日本ゴルフ協会

上記の一覧より、笹生優花選手は、フィリピンでは圧倒的な強さを誇っていることが分かります。

なお、2016年のIMGアカデミー世界ジュニアゴルフ選手権では3位ですが、優勝者は畑岡奈紗選手であり、レベルの高い大会だったことが分かります。

さらに、2019年のThe Country Club Ladies Invitationalでは、当時女子ゴルフ世界ランキング1位で招待選手だったパク・ソンヒョン選手に続いて、アマチュアながらプロツアーで2となっています。

笹生優花,ゴルフ,女子プロ,アマチュア時代

笹生優花選手のプロ転向後のゴルフ経歴まとめ

2020年(1年目)

【LPGAツアー】
出場2戦・予選落ち0試合・トップ10入り2試合
予選突破2試合中の最高順位
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」優勝

参考元:日本女子プロゴルフ協会

笹生優花選手は、プロ転向後の初戦から予選を突破し、わずかプロ2戦目優勝を果たしています。

なお、19歳57日でのツアー初優勝は史上7番目の若さであり、21世紀生まれの優勝となりました。

そんな2019年のプロテストで92期生として合格を果たした笹生優花選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク