LINEで送る
Pocket

女子プロゴルファー松田鈴英選手は、まだツアー初勝利はしていませんが、着実に実力をつけてきており、今後の活躍が期待されています。

そして、スタイルの良さからモデル系プロゴルファーと呼ばれる松田鈴英選手の姉の松田唯里さんも女子プロゴルフ入りを期待された優秀なゴルファーでした。

そんな松田鈴英選手とについて、出身高校ゴルフ経歴まとめ姉の唯里さんはキャディーで元ゴルファーという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

松田鈴英選手の出身高校はどこ?

松田鈴英選手の出身高校は、出地元ではなく、福井工業大学附属福井高等学校です。

松田鈴英,高校時代,ゴルフちなみに、出身中学は、3年生の時に転校した福井工業大学附属福井中学校です。

この高校は、福井県福井市学園三丁目にある私立学校であり、福井工業大学の附属学校です。

ちなみに、姉の松田唯里さんもこの高校の卒業生であり、姉の影響で中学3年生で転校しました。

そして、地元である滋賀県彦根市を離れ、中学・高校と寮生活をしながら、勉学ゴルフに励んでいました。

松田鈴英,女子プロゴルファー,ゴルフそんな松田鈴英選手について、Wikiプロフィール高校時代からモデル系美人ゴルファーという流れで、ご紹介していきます。

松田鈴英選手のWikiプロフィール

松田鈴英,女子プロゴルファー,ゴルフ
名前:松田 鈴英(まつだ れい)
生年月日:1998年1月24日
年齢:24歳(2022年時点)
出身地:滋賀県彦根市
血液型:B型
身長:167cm
体重:54kg
趣味:買い物
得意クラブ:ドライバー
所属:ニトリ

参考元:Wikipedia日本女子プロゴルフ協会

松田鈴英選手の名前の鈴英は、れいと読みますが、読み方は珍しいと思います。

松田鈴英,女子プロゴルファー,ゴルフ松田鈴英選手ゴルフを始めたきっかけは、8歳の時にゴルフをしていた父親の松田直樹さんがゴルフ練習場に行く際に一緒に連れて行ってもらったからだそうです。

しかし、その時は面白いと感じることはなく1年くらいゴルフはしていなかったそうです。

その後、姉の松田唯里さんが「もう一度ゴルフをやる。」と言い出したことで、一緒に行くことになり、10歳の時から本格的にゴルフを始めました。

スポンサーリンク

松田鈴英選手は高校時代からモデル系美人ゴルファー?

松田鈴英選手の高校時代の画像を調べましたが、ほとんど画像がありませんでした。

そのため、プロテスト合格時の画像現在の画像を比較してみました。

松田鈴英,女子プロゴルファー,美人松田鈴英、女子プロゴルファー,美人上記のように、プロテスト合格時からすでにスタイルが良く美人ですが、女子プロゴルファーとなった現在は、お化粧のせいもあるのかもしれませんが、さらに美人になっていると個人的には思います。

そのため、モデル級美人プロ和風美人プロと言われるのも納得です。

おそらく、松田鈴英選手も女子プロゴルファーとして成功していくために、意識して食べ物や生活習慣を気にしていると思いますので、日常からの努力の賜物であると思います。

松田鈴英選手のゴルフ経歴まとめ

松田鈴英選手は、2018年度の獲得賞金は6,400万円以上、賞金ランキングは11位とその活躍が目立っています。

そんな松田鈴英選手のゴルフ経歴について、アマチュア時代の経歴まとめプロテスト後の経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

松田鈴英,女子プロゴルファー,ゴルフ

松田鈴英選手のアマチュア時代の経歴まとめ

下記は、アマチュア時代の主な経歴の一覧です。

2009年「全国小学生ゴルフ選手権春季大会」2位
2011年「滋賀県アマチュアゴルフ選手権」優勝

2011年「滋賀県高校・中学ゴルフ選手権」優勝
2011年「関西ジュニアゴルフ選手権」6位
2011年「日本ジュニアゴルフ選手権競技 女子12~14歳の部」8位
2014年「中部女子アマチュアゴルフ選手権」9位

上記のような経歴ですが、高校に進学すると伸び悩み、全国大会が遠のいてしまったらしく、高校卒業後は地元の滋賀県彦根市に戻ったそうです。

そして、滋賀県にある日野ゴルフ倶楽部キャディーのアルバイトをしながら、プロを目指して練習をしていました。

松田鈴英,女子プロゴルファー,経歴

松田鈴英選手のプロテスト合格後の経歴まとめ

松田鈴英選手は、2017年7月29日に89期生として、女子プロテスト生の中でトップスコアである11アンダー合格しました。

松田鈴英,女子プロゴルファー,プロテスト合格下記は、プロテスト後の主な経歴の一覧です。

2017年(1年目)

【LPGAツアー】
出場14戦・予選落ち10試合
予選突破4試合中の最高順位
「富士通レディース」23位タイ

【その他】
「LPGA新人戦 加賀電子カップ」2位

2018年(2年目)

【LPGAツアー】
出場36戦・予選落ち6試合・棄権1試合・トップ10入り10試合
予選突破29試合中の最高順位
「大王製紙エリエールレディスオープン」2位

2019年(3年目)

【LPGAツアー】
出場34・予選落ち8試合・棄権1試合・トップ10入り7試合
予選突破25試合中の最高順位
「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」3位タイ

2020年(4年目)

【LPGAツアー】
出場13・予選落ち6試合・トップ10入り0試合
予選突破7試合中の最高順位
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」25位タイ

2021年(5年目)

【LPGAツアー】
出場32・予選落ち17試合・棄権1試合・トップ10入り0試合
予選突破14試合中の最高順位
「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」11位タイ

2022年(6年目)

【LPGAツアー】
出場4・予選落ち3試合・棄権0試合・トップ10入り0試合
予選突破1試合中の最高順位
「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」47位タイ

【ステップ・アップ・ツアー】
出場3・予選落ち0試合・棄権0試合・トップ10入り0試合
予選突破3試合中の最高順位
「Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament」37位タイ

1年目は、予選落ちが多く、満足のいく成績を残せませんでした。

2年目は、ほとんどの試合で予選突破、最高順位が2位優勝争いをする順位までになっています。

松田鈴英,女子プロゴルファー,経歴これは、松田鈴英選手が確実に1年目よりもどんどん実力をつけている証拠だと思います。

さらに、獲得賞金賞金ランキングも1年目と比べられないくらいの伸び率があり、LPGAツアーでの初優勝も間近だと言われる理由が分かります。

スポンサーリンク

松田鈴英選手の姉の唯里さんはキャディーで元ゴルファー?

松田鈴英選手の姉は松田唯里さんといい、地元の滋賀県で開催された「センチュリー21レディス」でキャディーを務めました。

松田鈴英,姉,キャディー,松田唯里妹の松田鈴英選手は、姉のことを「私よりゴルフがうまい。」と語っており、キャディーを務めてくれた姉に以下のように感謝のコメントをしています。

姉のおかげで最終的にはまとめられました。グリーンの読みとかもそうですが、何よりも私への接し方ですかね。姉妹なので近い存在というのはありますが、上手く対応してくれて最後までキレずにできました。

引用元:ALBA.Net

そんな女子プロゴルファーの妹が認めるほどの姉はどのような人なのか・どのようなゴルフ経歴の持ち主なのかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

松田鈴英選手の姉の松田唯里さんのWikiプロフィール

松田鈴英,姉,松田唯里
名前:松田 唯里(まつだ ゆり)
生年月日:1994年8月22日
年齢:28歳(2022年時点)
出身地:滋賀県彦根市
血液型:O型
身長:167cm
得意クラブ:パター

参考元:松田唯里選手のプロフィール

姉の松田唯里さんの学歴は下記です。

福井工業大学附属福井中学校
福井工業大学附属福井高等学校
福井工業大学

また、松田唯里さんも妹の松田鈴英選手と同じく、ゴルフをしていた父親のゴルフ練習場について行ったことがきっかけ11歳からゴルフを始めています。

松田鈴英,姉,松田唯里

松田鈴英選手の姉の松田唯里さんのゴルフ経歴まとめ

下記は、姉の松田唯里さんは多くの試合に参加しているため、主な経歴の一覧です。

2011年「中部女子アマチュアゴルフ選手権」優勝
2011年「中部高等学校ゴルフ選手権春季大会」優勝
2011年「中部ジュニアゴルフ選手権」優勝
2011年「福井県女子アマチュアゴルフ選手権」優勝
2013年「中部女子アマチュアゴルフ選手権」優勝

2013年「福井県女子アマチュアゴルフ選手権」優勝
2014年「中部女子学生ゴルフ選手権」優勝

2014年「日本女子学生ゴルフ選手権競技」優勝
2016年「中部女子学生ゴルフ選手権競技」優勝

上記より、妹の松田鈴英選手の「私よりゴルフがうまい。」というコメントの意味が分かりますし、なぜプロにならなかったのか疑問に思ってしまいます。

松田鈴英,姉,キャディー,松田唯里なぜプロにならなかったのかという明確な理由について情報はありませんでしたが、下記のようなインタビュー記事がありました。

才能豊かな姉の背中を見て育った妹は、「姉は当然プロになると思っていた。」と語る。だが、事はうまく運ばないもので、福井工大ゴルフ部で活躍していた唯里さんが突然、「ゴルフが楽しくないから、もうやめる。」と切り出したという。

引用元:スポーツブル

このことがきっかけで、父親と姉は1年間口をきかない状態が続いてしまっようです。

そして、妹の松田鈴英選手は「もう、私がやるしかない。」と、プロゴルファーになる決意を固め、プロとして結果を出すことに執着し、厳しい練習にも励んでいきました。

そして、プロ転向から確実に実力を上げてきている松田鈴英選手の今後のモデル系女子プロゴルファーとしての活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク