長内美和子の出身中学高校!学生時代からのバレー経歴まとめ【画像】

長内美和子」選手は、「日立リヴァーレ」所属の女子バレーボール選手であり、2019年から「全日本女子代表」に選ばれ、ウイングスパイカーとして活躍しています。

そんな「長内美和子」選手は、中学時代から絶対的エーススパイカーとして活躍をしており、プレミアムデビュー戦から20得点をあげる活躍をしています。

今回は、オリンピック出場も期待される「長内美和子」選手について、出身中学高校学生時代からのバレー経歴まとめWikiプロフィールというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ!


スポンサーリンク

長内美和子選手の出身中学高校はどこ?

長内美和子選手の出身中学高校はどこ?」ということについて、下記にご紹介していきます。

長内美和子選手の出身中学は、「文京学院大学女子中学校」となります。

長内美和子,バレーボール,全日本女子,中学,高校

この学校は、1924年創立の東京都文京区本駒込にある私立女子中学校です。

そして、バレーボール部は、「春高バレー」へ出場を多数経験し、「インターハイ」にも出場経験がある都内で有数のバレーボールの強豪校です。

ちなみに、長内美和子選手の1歳上の先輩である「田原愛里」選手は、「全日本ユース代表」に選出され、「アジアユース選手権」で優勝2013年の「国体」では、ドリームチーム司令塔として東京都代表11年ぶりとなる優勝に導きました。

長内美和子,バレーボール,全日本女子,中学,高校

なお、長内美和子選手は、2012年の「JOCジュニアオリンピックカップ」にて、「東京代表」に選出され、準優勝を果たし、「優秀選手賞」を受賞する活躍をしています。

ちなみに、1歳上の先輩である「田原愛理」選手も第25回大会同じ賞を受賞しており、「2019年度女子日本代表チーム」に選ばれた下記の選手たちも「優秀選手賞」を受賞しています。

石井優希」選手、「今村優香」選手、「黒後愛」選手、「東谷玲衣奈」選手

参考元:Wikipedia

そして、出身高校は、中高一貫校のため、「文京学院大学女子高等学校」となります。

長内美和子,バレーボール,全日本女子,中学,高校

高校時代は、2015年の「インターハイ」で準優勝、「ベスト6」や「優秀選手」に選ばれています。

さらに、2016年の「春高バレー」でもエーススパイカーとして、ベスト4に入る活躍をしました。

なお、卒業生には、下記のような女子バレーボール選手がいます。

内田暁子」選手(元NECレッドロケッツ)、「菅野菜緖美」さん(元KUROBEアクアフェアリーズ)、「上野香織」選手(NECレッドロケッツ)、 「柳田光綺」選手(NECレッドロケッツ)、「田原愛里」選手(デンソーエアリービーズ)

参考元:Wikipedia

スポンサーリンク

長内美和子選手の学生時代からのバレー経歴まとめ

長内美和子選手の学生時代からのバレー経歴まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

長内美和子選手は、小学3年生の時から、地元クラブチームである「東金町ビーバーズ」でバレーボールを始めました。

その後、「文京学院大学女子中学校・高等学校」時代には、下記のような主な成績を残しています。

2012年「JOCジュニアオリンピックカップ」準優勝優秀選手賞
2015年「インターハイ」準優勝ベスト6優秀選手賞
2016年「春高バレー」ベスト4

参考元:Wikipedia

なお、2015年の「インターハイ」では、大会直前緊急入院するほどの最悪のコンディションでしたが、エーススパイカーとして素晴らしい活躍を果たしています。

長内美和子,バレーボール,全日本女子,経歴

さらに、2016年の「春高バレー」でも大会直前足を痛めていましたが、ベスト4に入る活躍をしており、万全のコンディションであれば、優勝の可能性もあったのではないでしょうか?

そして、2016年1月に、「芳賀舞波はがまいは」選手と共に「日立リヴァーレ」の内定選手となり、Vリーグにも登録されました。

長内美和子,バレーボール,全日本女子,経歴

その後、2016年11月に、途中出場ではありますが、プレミアデビューを果たし、20得点アタック19点、エース1点)をあげる活躍をしています。

下記は、長内美和子選手の日本女子代表としての主な経歴となります。

【全日本U-23代表】2016年~
2016年「第5回アジアカップ」4位
2017年「第2回アジアU-23選手権」優勝

【全日本女子代表】2019年~
2019年「モントルーバレーマスターズ」
2019年「ネーションズリーグ」
2019年「ワールドカップ」

参考元:Wikipedia

長内美和子,バレーボール,全日本女子,経歴

そして、長内美和子選手は、オールラウンダージャンピングサーブを武器にサービスエースを決めることができる選手として、活躍を続けています。

合わせて読みたい!


長内美和子選手のWikiプロフィール

長内美和子選手のWikiプロフィール」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、長内美和子選手の簡単なWikiプロフィール情報となります。

長内美和子,バレーボール,全日本女子

名前:長内 美和子(おさない みわこ)
愛称:ミワ
生年月日:1997年7月19日
出身地:東京都葛飾区
血液型:A型
身長:175cm
体重:67kg
ポジション:ウイングスパイカー
所属:日立リヴァーレ

参考元:WikipediaバレーボールVリーグオフィシャルサイト

長内美和子選手の家族構成は、父親母親4人家族となります。

なお、バレーボールか何かのスポーツをしているようであり、長内美和子選手のツイッターにて、「弟が都大会出場」などの投稿がありました。

ちなみに、両親に関する情報はなかったので、元バレーボール選手かどうかは分かりませんでした。

そんな長内美和子選手のストレス解消法は、「実家に帰ってのんびり過ごす」と語っているので、とても仲良しな家族なのだと思います。

なお、長内美和子選手は、天然でほんわかしたイメージがありますが、お笑いタレントの「イモトアヤコ」さんに似ていると多くのバレーファンから言われています。

長内美和子,バレーボール,全日本女子,似てる,イモトアヤコ

もっと詳しく知りたい人へ!

下記は、長内美和子選手のインスタグラムであり、プライベート練習のオフショットなどの投稿があるので、似ているかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか?

そして、長内美和子選手は、「ワールドカップ2019」のカメルーン戦にて、初スタメンに選ばれ、10得点を挙げているので、今後の「全日本女子代表」としての活躍が楽しみだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「長内美和子」選手について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

長内美和子選手は、小学3年生の時から、地元クラブチームである「東金町ビーバーズ」でバレーボールを始めました。

そして、長内美和子選手の出身中学高校の学歴は、下記となります。

文京学院大学女子中学校
文京学院大学女子高等学校

下記は、長内美和子選手の学生時代主な成績となります。

2012年「JOCジュニアオリンピックカップ」準優勝優秀選手賞
2015年「インターハイ」準優勝ベスト6優秀選手賞
2016年「春高バレー」ベスト4

2016年から、「日立リヴァーレ入団プレミアムデビュー戦から20得点をあげる活躍をしています。

下記は、長内美和子選手の日本女子代表としての主な経歴となります。

【全日本U-23代表】2016年~
2016年「第5回アジアカップ」4位
2017年「第2回アジアU-23選手権」優勝

【全日本女子代表】2019年~
2019年「モントルーバレーマスターズ」
2019年「ネーションズリーグ」
2019年「ワールドカップ」

上記のように、学生時代から素晴らしい経歴の持ち主である長内美和子選手が、ジャンピングサーブを武器に、「全日本女子代表」として活躍していくことを楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク