石井優希の姉と母親もバレー選手?父親が好き過ぎて出身高校は地元?
LINEで送る
Pocket

石井優希選手は、久光製薬スプリング所属の女子バレーボール選手であり、全日本女子代表としても活躍しています。

なお、家族にも注目が集まっており「姉と母親がバレーボール選手?」・「父親が好き過ぎて出身高校は地元にした?」などとをされています。

そんな石井優希選手について、Wikiプロフィール姉と母親もバレー選手父親が好き過ぎて出身高校が地元という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

石井優希選手のWikiプロフィール

石井優希,女子日本代表,バレーボール

名前:石井優希(いしいゆき)
愛称:ユキ
生年月日:1991年5月8日
年齢:29歳(2020年時点)
出身地:岡山県倉敷市
血液型:
A型
身長:180cm
体重:68kg
所属:久光製薬スプリングス
憧れの選手:カロリーナ・コスタグランデ

参考元:Wikipedia久光製薬スプリングス

石井優希選手は、母親がママさんバレーをしていた影響小学校2年生の時からバレーボールを始めました。

さらに、見ている人を笑顔にさせるような可愛らしいスマイルが特徴的な選手でもあります。

そして、身長が180cmもあり、アタック打点(最高到達点)は306cmと世界の強豪の中で、平均身長が低い日本チームにとって、とても貴重な選手の一人となっています。

なお、エース候補の1人として、チームの中で非常に高いテクニックを持ち合わせた選手です。

スポンサーリンク

石井優希選手の姉と母親もバレー選手?

石井優希選手のバレーボールを始めたきっかけが、母親がママさんバレーをしていたからという理由ですので、母親もバレーボールをしていたことは間違いありません。

石井優希,女子日本代表,バレーボールしかし、母親に関して、ほとんど情報がないため、何処の高校出身でどのくらいの活躍をした選手であるのかの分かりませんでした。

ただ結婚して子どもが生まれてからもママさんバレーをしているところからしても、バレーボールを愛していることが分かります。

そんな母親の姿を見て、石井優希選手もバレーボールに興味を持ち、母親のようにバレーボールをやりたいと思ったのだと思います。

そのため、日本女子バレー代表選手になるまでの活躍をする逸材が誕生したのは、母親のおかげということになりますね。

石井優希,バレーボール,女子,日本代表そして、姉は石井亜紀さんといい、1990年5月12日生まれで年子の姉妹です。

姉は、嵐と関ジャニが大好きで、BIGBANGのライブに出かけるなど、音楽が好きなようです。

そんな姉もバレー選手だったのではないかと思い、調べてみましたが、そのような情報はありませんでした。

上記は、姉から石井優希選手への応援メッセージです。

石井優希選手は、母親と姉と非常に仲が良いようで、買い物に出かけたり食事に行ったりなどがツイッターに投稿されています。

石井優希さんの活躍の原動力は、母親や姉の応援が大きな力となっているのだと思いました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


石井優希選手は父親が好き過ぎて出身高校が地元?

石井優希選手の出身高校は、地元の岡山にある就実高校です。

石井優希,バレーボール,女子,日本代表中学校時代の東陽中学校では、県制覇などズバ抜けた成績を残してはいないようですが、高身長でセンスのある選手なので、全国各地から推薦のオファーがあったのではないかと考えます。

そして、就実高校では、3年生でキャプテンを任され、春高バレーインターハイに出場しています。

石井優希,バレーボール,女子,日本代表石井優希選手は、母親と姉と仲が良いことは上記でご案内しましたが、父親の方がさらに仲が良いようです。

2012年の父親の誕生日プレゼントに、ブランドのパーカーを送ったエピソードが有名であり、家族みんなの誕生日を家族みんなでお祝いしているほど、母親・姉・父親も含め、家族みんなが仲良しのようです。

そんな石井優希選手があるスポーツ番組に出演した時に「無人島に持っていくなら?」という質問に対して、お父さんと即答してしまうほど、父親のことが大好きということが分かります。

上記のように、家族みんなが仲良しで、しかも父親のことが大好きな石井優希選手ですので、家族と離れ離れで暮らすことが嫌で地元の岡山の強豪校への進学を選択したのではないかと思います。

そんな家族想いの石井優希選手の全日本代表としての活躍を楽しみに引き続き応援していきます。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!