今村優香の出身高校大学!学生時代のバレー経歴が凄すぎる【画像】

今村優香」選手は、「久光製薬スプリングス」所属の女子バレーボール選手であり、2013年に「全日本女子代表」に初選出され、ウイングスパイカーとして活躍してます。

そんな「今村優香」選手は、「久光製薬スプリングス」に入団する前の学生時代から「全日本インカレ」などで活躍しており、オリンピック出場も期待される注目の選手でした。

今回は、学生時代から才能溢れるウイングスパイカーである「今村優香」選手について、出身高校大学学生時代のバレー経歴が凄すぎるWikiプロフィールというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ!


スポンサーリンク

今村優香選手の出身高校大学はどこ?

今村優香選手の出身高校大学はどこ?」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、今村優香選手の学歴の一覧となります。

「駿台学園中学校」
駿台学園高等学校
青山学院大学

出身中学高校は、中高一貫教育である1932年創立の東京都北区王子にある男女共学私立学校となります。

なお、卒業生には、元上尾メディックス所属の「関舞」さんがおり、リベロレギュラーとして活躍し、Vチャレンジリーグの「最優秀新人賞」を受賞した選手です。

今村優香,バレーボール,全日本女子,高校,大学,先輩,関舞

そして、出身大学の「青山学院大学」の女子バレーボール部は、「関東大学バレーボール1部リーグ」の強豪校です。

なお、1部リーグでの優勝回数も多いですが、下記のような大きな大会でも素晴らしい成績を残しています。

「東日本インカレ」:優勝5回準優勝6回
「全日本インカレ」:優勝5回準優勝4回

参考元:東日本インカレWikipedia全日本インカレWikipedia

今村優香,バレーボール,全日本女子,高校,大学

なお、卒業生には、下記のような現役選手がおり、引退した選手も合わせると10名以上プロ選手を輩出しています。

比金桃子」選手(トヨタ車体クインシーズ)、「小島満菜美」選手(NECレッドロケッツ)、「比金みなみ」選手(久光製薬スプリングス)

参考元:Wikipedia

今村優香,バレーボール,全日本女子,高校,大学

上記のような大学バレー界強豪校の中で、今村優香選手は、チームのエースとして、リーグ優勝個人賞の獲得などの活躍を続けています。

さらに、2013年4月に、「全日本女子代表」に初選出され、「モントルーバレーマスターズ」で全日本女子代表デビューを果たしています。

スポンサーリンク

今村優香選手の学生時代のバレー経歴が凄すぎる

今村優香選手の学生時代のバレー経歴が凄すぎる」ということについて、下記にご紹介していきます。

今村優香選手は、中学高校時代成績に関する情報はありませんでしたが、大学時代には下記のような素晴らしい成績を残しています。

【大会成績】
2012年「秋季リーグ」優勝
2013年「春季リーグ」優勝
2013年「秋季リーグ」優勝
2013年「東日本インカレ」準優勝
2013年「全日本インカレ」準優勝

【個人賞】
2013年「春季リーグ」ベストスコアラー賞スパイク賞
2013年「秋季リーグ」ベストスコアラー賞
2013年「全日本インカレ」ベストスコアラー賞

参考元:Wikipedia

今村優香,バレーボール,全日本女子,学生時代,経歴

今村優香選手は、チームエースとして活躍していましたが、2014年5月ドーピング検査カンレノンが検出され、3ヶ月の資格停止関東大学リーグ2試合分の個人成績を無効とする処分を受けています。

なお、検出された原因は、肌荒れ用の塗り薬の可能性が高いとされており、不運な時期がありました。

また、2013年に「全日本女子代表」や「ユニバーシアード代表」に選出され、下記のような成績を残しています。

2013年「モントルーバレーマスターズ」デビュー
2013年「エリツィン杯」出場
2013年「第6回東アジア競技大会」銀メダル
2015年「第28回ユニバーシアード」銅メダル

参考元:Wikipedia

今村優香,バレーボール,全日本女子,学生時代,経歴

上記のように、国際大会でも活躍を続けていますが、2013年の「第6回東アジア競技大会」では、チーム最多得点をあげています。

そして、2015年12月17日に、Vプレミアリーグの「久光製薬スプリングス」に入団しました。

その後、2016年12月10日の試合にて、リリーフサーバーとして途中出場し、プレミアデビューを果たしました。

今村優香,バレーボール,全日本女子,学生時代,経歴

合わせて読みたい!


今村優香選手のWikiプロフィール

今村優香選手のWikiプロフィール」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、今村優香選手の簡単なWikiプロフィール情報となります。

今村優香,バレーボール,全日本女子

名前:今村 優香(いまむら ゆうか)
愛称:ユウカ
生年月日:1993年9月2日
出身地:東京都荒川区
血液型:AB型
身長:175cm
体重:69kg
ポジション:ウイングスパイカー
所属:久光製薬スプリングス

参考元:WikipediaバレーボールVリーグオフィシャルサイト

今村優香選手の家族に関する情報はありませんでしたが、友人に誘われてバレーボールを始めているので、家族元バレーボール選手という訳ではないと思われます。

今村優香,バレーボール,全日本女子

そして、今村優香選手は、2015年から「久光製薬スプリングス」の選手として活躍していますが、2017年も「ユニバシアード代表」に選出され、下記のような活躍をしています。

2017年「VTVカップ」優勝MVPベストスコアラー
2017年「夏季ユニバーシアード」銀メダル

参考元:Wikipedia

そんな今村優香選手は、「新鍋理沙」選手や「石井優希」選手に続く次代のエースとして、厚い選手層の中でもスタメン出場を果たしており、「後輩たちには頼りになるなって思われる存在になりたい。」と語っています。

今村優香,バレーボール,全日本女子

なお、今村優香選手は、理想とする選手像について、インタビューで下記のように語っています。

「すべてのプレーがちゃんとこなせて信頼されるような選手になりたいですね。もちろん『勝負強さ』をつけて勝ち切れる選手にもなっていきたい。」

参考元:バレーボールマガジン

2018年2年ぶりに「全日本女子代表」へ復帰を果たし、2019年メンバーに選ばれているので、今後の今村優香選手の活躍が楽しみだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「今村優香」選手について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

今村優香選手は、2015年から「久光製薬スプリングス」に所属した女子バレーボール選手であり、ウイングスパイカーを務めています。

そんな今村優香選手の学歴は下記となります。

「駿台学園中学校」
駿台学園高等学校
青山学院大学

そして、大学時代には下記のような素晴らしい成績を残しています。

【大会成績】
2012年「秋季リーグ」優勝
2013年「春季リーグ」優勝
2013年「秋季リーグ」優勝
2013年「東日本インカレ」準優勝
2013年「全日本インカレ」準優勝
【個人賞】
2013年「春季リーグ」ベストスコアラー賞スパイク賞
2013年「秋季リーグ」ベストスコアラー賞
2013年「全日本インカレ」ベストスコアラー賞

また、2013年に「全日本女子代表」や「ユニバーシアード代表」に選出され、下記のような成績を残しています。

2013年「モントルーバレーマスターズ」デビュー
2013年「エリツィン杯」出場
2013年「第6回東アジア競技大会」銀メダル
2015年「第28回ユニバーシアード」銅メダル

上記のように、学生時代から活躍を続けていた今村優香選手は、2018年2年ぶりに「全日本女子代表」へ復帰を果たしているので、今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク