黒後愛の中学高校の経歴!父親と姉も元バレー選手?現在の職業は?
LINEで送る
Pocket

黒後愛選手は、東レ・アローズ所属の女子バレーボール選手であり、2017-18シーズンに最優秀新人賞を獲得しています。

学生時代から東京オリンピックの強化選手であるTeam COREのメンバーに選出されるほどの実力があり、父親や姉などの家族にも注目が集まっています。

そんな黒後愛選手について、Wikiプロフィール中学高校の経歴まとめ父親と姉も元バレー選手で現在の職業という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

黒後愛選手のWikiプロフィール

黒後愛,日本代表,バレーボール

名前:黒後愛(くろごあい)
愛称:アイ
生年月日:1998年6月14日
年齢:22歳(2020年時点)
出身地:栃木県宇都宮市
血液型:B型
身長:180cm
体重:70kg
ポジション:WS(ウイングスパイカー)
所属:東レ・アローズ

参考元:Wikipedia東レアローズ女子バレーボール部

黒後愛選手は、父親と姉の影響小学校3年生の時からバレーボールを始めました。

また、ポスト木村沙織と言われ注目を集めていますが、それには色々な要素があります。

その要素として、スパイクを打つ時の最高到達点306cmであり、スパイク速度87km/時もあるということが挙げられます。

木村沙織さんの最高到達点304cmであり、日本トップクラスのスパイク速度90km/時であるため、すでに日本女子代表選手と肩を並べられるほどの実力があります。

そんな黒後愛選手は、全日本女子バレー代表に選ばれた際のインタビューで「挑戦心を忘れずにやりたい」とコメントしており、チームのムードメーカーとしての活躍しました。

スポンサーリンク

黒後愛選手の中学高校の経歴まとめ

黒後愛選手の出身中学は、地元の宇都宮市立若松原中学校です。

なお、中学2年生の時に全日本中学選抜に選ばれました。

さらに、中学3年生の時に全国都道府県対抗中学バレーボール大会で2回戦敗退にも関わらず、優秀選手賞を獲得しています。

黒後愛,バレーボール,日本代表,高校時代出身高校は下北沢成徳高校です。

この高校のバレーボール部は、名門として知られ、木村沙織さん、大山加奈さんなど全日本女子パレー代表として活躍する人材を輩出しています。

黒後愛,日本代表,バレーボール,高校時代下記は、高校時代の成績です。

2014年「東京オリンピック強化選手『Team CORE」選出
2015年「全日本ユース」選出

2015年「世界ユース大会」ベストサーバー賞
2015年「春高バレー」ベスト8

2016年「春高バレー」優勝MVP
2016年「インターハイ」優勝ベスト6優秀選手賞
2017年「春高バレー」:優勝MVP

参考元:Wikipedia東レアローズ女子バレーボール部

上記のように、黒後愛選手のために開催された春高バレーじゃないかという活躍ぶりです。

基本的には、ウイングスパイカーのポジションにつく選手ですが、攻撃に特化しているわけではなく、レシーブやトスに安定感があるのも特徴であり、攻撃も守備も超一流というオールラウンダーの選手です。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


黒後愛選手の父親と姉も元バレー選手で現在の職業は?

父親は黒後洋ひろし)さんといい、宇都宮大学体育学教授をされています。

黒後愛,バレーボール,日本代表,父親,黒後洋過去に父親も春高バレーに出場する選手であり、現在では宇都宮大学のバレー部の監督も務めています。

さらに、父親は日本バレーボール学会理事も務めています。

また、父親はただの監督というわけではなく、宇都宮大学のバレーボール部を1部リーグに昇格させた実績があり名将としても知られています。

黒後愛,バレーボール,日本代表,姉,黒後綾乃姉は、5歳年上黒後綾乃さんです。

姉も小学生からバレーボールを始めて、妹と同じ宇都宮市立若松原中学校を卒業しました。

高校は國學院栃木高校に通い、春高バレーにも出場しています。

大学は、父親が勤務する宇都宮大学へ進学、バレーボール部主将兼エースとして、大学バレーで活躍したそうです。

姉の大学卒業後の現在の情報がなく、現在もバレーボールを続けているのかなどは分かりませんでした。

上記のように、父親と姉も春高バレーに出場、どうやら母親も春高バレーに出場したことがあるという情報があったので、家族みんながバレーボール選手だったということです。

父親がバレーボールの指導者で、姉も春高バレー出場、大学バレーで主将兼エースという実力者ということで、黒後愛選手にとって、最高にバレーボールに集中できる環境であったということだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!