LINEで送る
Pocket

渋野日向子選手は、1998年生まれの世代の選手たちを指す黄金世代の1人です。

なお、ゴルフの実力だけでなく、多くのゴルフファンからかわいいと反響がある選手です。

そんな渋野日向子選手について、かわいい画像Wikiプロフィールまとめ現在までのゴルフ経歴まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

渋野日向子選手がかわいい【画像】

渋野日向子,ゴルフ,女子プロ,かわいい渋野日向子,ゴルフ,女子プロ,かわいい渋野日向子,ゴルフ,女子プロ,かわいい渋野日向子,ゴルフ,女子プロ,かわいい上記の画像より、とても笑顔が素敵な女子プロゴルファーであり、多くのゴルフファンからかわいいと言われる理由が分かります。

なお、51万人以上のフォロワー数を誇るインスタグラムpinacoooon)には、ゴルフ以外のプライベートな投稿もあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

そして、女子プロゴルファー界には、三浦桃香選手・香妻琴乃選手・松田鈴英選手など美人と呼ばれる選手が多いので、今後の活躍でどんどん知名度が上がっていくのではないかと思います。

渋野日向子選手のWikiプロフィールまとめ

渋野日向子選手は、陸上選手だった両親のもとで岡山県岡山市に育ち、8歳からゴルフを始めました。

なお、幼稚園時代の友達の父親がインストラクターをしていたパルグリーンゴルフクラブで練習をしていましたが、同時に少年団でソフトボールもプレーするスポーツ少女でした。

そんな渋野日向子選手について、Wikiプロフィール出身高校という流れで、ご紹介していきます。

渋野日向子選手のWikiプロフィール

渋野日向子,ゴルフ,女子プロ
名前:渋野 日向子(しぶの ひなこ)
愛称:シブコ
生年月日:1998年11月15日
年齢:23歳(2021年時点)
出身地:岡山県岡山市
血液型:AB型
身長:167cm
体重:62kg
趣味:習字(初等師範)・ソフトボール
特技:野球
得意クラブ:5W
平均飛距離:240ヤード
所属:サントリー

参考元:Wikipedia日本女子プロゴルフ協会

渋野日向子選手は、8歳からゴルフを始めていますが、小学6年生まではソフトボールに熱中しており、中学時代もゴルフの練習と並行して、野球部に所属していました。

しかし、高校2年生の時に、部活の監督から「ゴルフ一本のほうがいい。」とアドバイスをくれたことで、本格的にゴルフに専念することになりました。

その後、県の大会で3連覇をするほどの実力があり、女子プロゴルファーを目指すことを決めています。

渋野日向子,ゴルフ,女子プロ

渋野日向子選手の出身高校はどこ?

渋野日向子選手の出身高校は、岡山県作陽高等学校です。

渋野日向子,ゴルフ,女子プロ,高校時代この高校は、1930年創立の岡山県津山市にある男女共学の私立高等学校です。

なお、ゴルフ部は、2008年に女子ゴルフ部が「第29回全国高等学校ゴルフ選手権大会」で優勝を果たしています。

渋野日向子,ゴルフ,女子プロ,高校時代下記は、先輩の女子プロゴルファーになった卒業生の一覧です。

東浩子さん・西木祐紀子さん・藤本麻子さん

参考元:Wikipedia

そして、渋野日向子選手は、高校1年生の時に、中国女子アマ優勝を果たしましたが「全国ではなかなか活躍できなくて、プロへの自信はなかったんです。」と当時の心境を語っています。

しかし、高校3年生の時に、ゴルフ部の監督に進路を相談した時に「お前がテストを受けないで、誰が受けるんだ。」と激励を受けことがきっかけでプロテスト受験を決断したと語っています。

スポンサーリンク

渋野日向子選手の現在までのゴルフ経歴まとめ

渋野日向子選手は、力強いスウィングが印象的であり、小学生からゴルフソフトボールの両立をしていた異質な経歴が関係しているようです。

また、主催者推薦選考会を突破し出場したアース・モンダミンカップでは予選落ちでしたが、ホールインワンを達成、600万円を獲得するほどここ一番の勝負強さを兼ね備えています。

渋野日向子,ゴルフ,女子プロ,経歴なお、渋野日向子選手シブコという愛称で呼ばれていますが、同じコーチの元で練習をした1歳上の先輩である大出瑞月選手から名付けられました。

そんな渋野日向子選手のゴルフ経歴について、プロテスト合格はいつ現在までのゴルフ経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

渋野日向子選手のプロテスト合格はいつ?

渋野日向子選手のプロテスト合格日は2018年7月28日であり、90期生として見事に合格を果たしています。

渋野日向子,ゴルフ,女子プロ,プロテスト,合格ちなみに、90期生として合格したのは21名であり、エイミー・コガ選手がトップ合格一発合格者5名でした。

渋野日向子,ゴルフ,女子プロ,プロテスト,合格なお、渋野日向子選手は、畑岡奈紗選手や勝みなみ選手などの黄金世代の1人と言われていますが、2017年のプロテストでは最終テストまで通過しましたが、不合格となってしまいました。

そして、その時の心境をあるインタビューで下記のように語っています。

二次テストがトップ通過で「絶対に受かる!」と思ってしまった。周りからもそう言われて、自分でも「大丈夫だろう」って。浮かれて、気が抜けていた部分があったんだと思います。

参考元:ALBA.Net

また、プロテスト合格後には、以下のスポンサーがサポートしています。

サントリー:所属選手
PING:クラブ
タイトリスト:ボール
ビームスゴルフ:ウェア
アディダス:ウェア
ナイキ:シューズ
RSK山陽放送:スポンサー
ミック工業:スポンサー
キャンディル:スポンサー
Tポイント・ジャパン:スポンサー
JAL:スポンサー
興和(バンテリン):スポンサー
コムテック:スポンサー

上記のように、所属選手契約ゴルフ用品のスポンサー契約スポンサー契約をしており、サポート体制は磐石であると思うので、今後の渋野日向子選手の活躍が楽しみです。

渋野日向子選手の現在までのゴルフ経歴まとめ

2018年(1年目)

【LPGAツアー】
出場1戦・予選落ち1試合

【ステップ・アップ・ツアー】
出場16戦・予選落ち0試合
予選突破16試合中の最高順位
「SkyレディースABC杯」3位

【その他】
「LPGA新人戦 加賀電子カップ」3位タイ

2019年(2年目)

【LPGAツアー】
出場31戦・予選落ち3試合・トップ10入り15試合
予選突破28試合中の最高順位
「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」優勝
「資生堂 アネッサ レディスオープン」優勝
「デサントレディス東海クラシック」優勝
「大王製紙エリエールレディスオープン」優勝

【その他】
「AIG全英女子オープン」優勝

2020年(3年目)

【LPGAツアー】
出場6戦・予選落ち2試合・トップ10入り2試合
予選突破4試合中の最高順位
「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」3位タイ

2021年(4年目)

【LPGAツアー】
出場18戦・予選落ち3試合・トップ10入り7試合
予選突破15試合中の最高順位
「スタンレーレディスゴルフトーナメント」優勝
「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」優勝

渋野日向子選手は、2018年にプロテストに合格したばかりなので、まだまだLPGAツアーへの出場試合数は少ない状況でした。

しかし、2019年はトップ10入りを15試合4回優勝AIG全英女子オープンで日本人女子選手として、42年ぶりメジャー制覇、2021年も2回優勝を果たす活躍を続けています。

渋野日向子,ゴルフ,女子プロそんな渋野日向子選手のコーチは青木翔さんは、「今後はプロとしての身体作り、アプローチなど基本的なところを高めていく予定」・「純粋にプレーできること、ツアーに出られることを楽しめている。そして、ショット力は魅力ですね。」と語っています。

そして、渋野日向子選手は、女子プロゴルファーとしての今後の意気込みについて、下記のように語っています。

ラウンド中は怖い顔をしてるといわれますが、終わると結構しゃべります。笑顔の絶えない、みんなに憧れてもらえるような強いゴルファーになりたいです。

参考元:ALBA.Net

そんな実力者が多い黄金世代の中でも注目を集めている渋野日向子選手の今後の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク