仙名彩世の歌声がきれい【動画】演技が上手いのに退団した理由は?
LINEで送る
Pocket

仙名彩世さんは、2019年4月28日CASANOVAの千秋楽をもって退団した宝塚歌劇団元花組トップ娘役です。

なお、多くのファンから、歌声がきれい演技が上手いと反響があるので、宝塚歌劇団での経歴退団した理由を調査してみました。

そんな仙名彩世さんについて、宝塚歌劇団での経歴まとめ歌声がきれい演技が上手いのに退団した理由という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

仙名彩世さんの宝塚歌劇団での経歴まとめ

仙名彩世さんは、宝塚歌劇団娘役としては、遅咲き花組トップ娘役に就任しました。

さらに、新人公演のヒロイン経験がない娘役トップ就任するのは、32年ぶりのことであり、それほど実力があったということの証明だと思います。

仙名彩世,宝塚歌劇団,女優下記は、宝塚歌劇団での主な経歴の一覧です。

2008年3月
宝塚歌劇団に94期生として主席入団
月組公演「ME AND MY GIRL」で初舞台

2013年
「フォーエバー・ガーシュイン」:バウホール初ヒロイン

2014年
「TAKARAZUKA 夢眩」:初エトワール
「ベルサイユのバラ」:エトワール

2015年
「風の次郎吉」:桜咲彩花とダブルヒロイン
「新源氏物語」:エトワール

2016年
「For the people」:単独ヒロイン

2017年2月6日花組トップ娘役に就任
「仮面のロマネスク」:プレトップお披露目

2018年
「ポーの一族」:シーラ・ポーツネル男爵夫人

2019年4月28日
「CASANOVA」:千秋楽で退団

参考元:Wikipedia

仙名彩世さんは、宝塚歌劇団の中でもその類まれなる歌唱力演技力で多くのファンの方たちを魅力してきました。

なお、高校2年生の時に母親から宝塚の存在を教えられて、チャンスは一度きりと覚悟を決めて、受験を決意しました。

受験時に知っている友人が居なかった彼女は、当日は練習場所がなかったため、四ッ谷駅の土手で大声で発声練習をしてから試験に臨んだそうです。

上記のような宝塚歌劇団での活躍があるのは、才能実力はもちろんですが、類まれなる努力家であったから、遅咲きだとしても花組みトップ娘役にまでのぼりつめることができたのではないでしょうか?

スポンサーリンク

仙名彩世さんの歌声がきれい?

仙名彩世さんの歌声について、下記のように多くの反響があります。

上記のように、透明感のある歌声歌声が美しい歌声が綺麗などの反響が非常に多いです。

仙名彩世,宝塚歌劇団,花組みトップ娘役,シーラそして、多くのファンの方から、ポーの一族シーラ・ポーツネス男爵夫人での歌声が美しいという意見が多かったです。

ちなみに、歌声の動画を探しましたが、良い感じのものがなかったため、上記のようなダンスシーンをお借りしてきましたが、興味のある方は、是非とも何処からか映像を入手して聴いてみてください。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


仙名彩世さんの演技が上手いのに退団した理由は?

下記は、仙名彩世さんの演技力についての反響です。

上記のように、仙名彩名さんの演技力について、演技がうまいという多くの反響があります。

仙名彩世,宝塚歌劇団,女優仙名彩名さんは、演技力歌唱力に高い評価があり、花組トップ娘役になってまだ2年も経っていない時期での退団発表に惜しむ声が多く寄せられた理由が分かります。

なお、宝塚歌劇団退団年齢というのは、はっきりと規定がある訳ではなく、人それぞれ理由や時期も異なるそうですが、統計的にみて、20代後半で退団する方が多いようです。

仙名彩世さんも宝塚歌劇団に入団してから、約10年間も活躍を続け、遅咲きといえど、花組トップ娘役にまでのぼりつめました。

仙名彩世,宝塚歌劇団,女優そのため、後輩たちに活躍の場を譲り今後の自身の活躍の場を模索する時期だと判断したのかもしれません。

宝塚歌劇団出身の方は、退団後舞台ドラマ映画などで活躍することが多いように感じます。

そのため、仙名彩世さんも退団後のテレビ舞台での女優としての活躍を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!