吉本興業大崎洋会長の経歴がすごい!仰天エピソードまとめ【画像】

大崎洋」さんは、吉本興業会長を務めており、漫才ブームダウンタウン若手時代を支えた名プロデューサーです。

そんな「大崎洋」さんは、1978年吉本興業に入社後の現在までのすごい経歴仰天エピソードがあることが分かったので、調査してしました。

今回は、吉本興業大崎洋会長について、経歴がすごい仰天エピソードまとめダウンタウンとの関係というキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

吉本興業大崎洋会長の経歴がすごい

吉本興業大崎洋会長の経歴がすごい」ということについて、下記にご紹介していきます。

大崎洋会長は、1953年7月28日生まれで、大阪府堺市出身となります。

そして、1978年に、「関西大学社会学部」を卒業後、吉本興業入社しました。

大崎洋,吉本興業,会長,経歴

下記は、入社後大崎洋会長の主な経歴の一覧となります。

1980年「吉本興業東京支社」異動
1982年「吉本総合芸能学院」担当社員
2000年「株式会社ファンダンゴ」取締役
2001年「吉本興業」取締役
2001年「株式会社アール・アンド・シー」取締役
2002年「株式会社有明スタジオ」取締役
2006年「吉本興業」取締役副社長
2009年「吉本興業」代表取締役社長
2019年「吉本興業」代表取締役会長

参考元:Wikipedia

上記の経歴より、色々な要職を務め、約10年間に渡り、吉本興業社長を務めていることが分かります。

大崎洋,吉本興業,会長,経歴

そんな大崎洋会長は、1980年に上司であった「木村政雄」さんと共に東京支社に異動後は、漫才ブームを築きました。

なお、「木村政雄」さんは、「横山やすし」さん、「西川きよし」さんのマネージャー8年半務め、東京支社所長をしていました。

さらに、大崎洋会長は、吉本興業の企業としての近代化を進めると共に、新たな劇場の建設若手育成に力を注いできました。

しかし、会社の方針に従わない芸人やタレントを大胆にリストラし、不祥事・モラルに反する行為を起こしたタレントに対し、厳格な措置を取るという厳しい一面があります。

スポンサーリンク

吉本興業大崎洋会長の仰天エピソードまとめ

吉本興業大崎洋会長の仰天エピソードまとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、大崎洋会長の主な仰天エピソードの一覧となります。

エピソード1

吉本興業に入社した理由は、当時サーファーだったために、私服で通勤が可能な会社だったからである。

参考元:Wikipedia

エピソード2

入社当初は仕事に対して特別やる気もなく適当に仕事をしていたが、ある日、会社の同僚と徹夜でマージャンをした時に、終始一人負け続けたことがあり、夜が空けた明け方近くまでずっと負け続け、はおもむろに立ち上がり、カーテンと窓を開けて外に向かって大きな声で「絶対に出世する!」と怒鳴り声を上げた。その日以来、仕事に対する姿勢は一変し、最終的に社長職に就くという出世を果たしました。

参考元:Wikipedia

エピソード3

「東野幸治」さんは、かねてより大崎洋会長の能力を崇拝しており、自分の子供の名前をつける際、姓名判断の占い師に相談したついでに大崎洋会長の名前も鑑定してもらったところ、「掃除夫から社長になる男」との診断を受けた。

参考元:Wikipedia

エピソード4

「ダウンタウンのごっつええ感じ」にて、ダウンタウンの2人が打ち合わせ中に大喧嘩するというドッキリの仕掛け役としてテレビ出演し、そのリアルな演出にすっかり騙された「今田耕司」さんが本気で泣いてしまった。

参考元:Wikipedia

上記のように、大崎洋会長は、周りのタレント業界関係者一目置く存在であり、プロデューサーとしての才能もあることが分かります。

吉本興業大崎洋会長とダウンタウンの関係は?

吉本興業大崎洋会長とダウンタウンの関係は?」ということについて、下記にご紹介していきます。

大崎洋会長は、多くの吉本所属タレントの中でも、特に「ダウンタウン」と強い関わりがあります。

大崎洋,吉本興業,会長,ダウンタウン,関係

1982年に、「吉本総合芸能学院NSC」の開校時の担当社員となり、無名時代の「ダウンタウン」の兄貴分・マネージャー的存在として業界に関する様々なこと指導しました。

さらに、1980年代、まだ「松本人志」さんが20歳頃、仕事が無く暇を持て余していたため2人映画館銭湯などによく行っていました。

大崎洋,吉本興業,会長,ダウンタウン,関係

その後、「ダウンタウン」は、下記のを含め、多くの漫才コンテストで活躍し、大阪での確かな地位を確立していきました。

1984年
「第14回NHK上方漫才コンテスト」優秀賞
「第5回ABC漫才・落語新人コンクール」最優秀新人賞

参考元:Wikipedia

大崎洋,吉本興業,会長,ダウンタウン,関係

そして、大阪人気の頂点に立った「ダウンタウン」を東京に進出させ、「ダウンタウン」がメインの番組には、プロデューサー・オーガナイザーなどとして参加していました。

合わせて読みたい!

なお、「松本人志」さんは、「大阪で満足していたが、遠くて近い外国・TOKYOに無理やり移住させられた。」とネタにしています。

また、大崎洋会長が、当時通っていた広いスポーツジムの25メートルプールで「松本人志」さんと下記のようなやり取りをしました。

大崎洋会長:「俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ。」

松本人志さん:「いいですけど。」

参考元:Wikipedia

なお、「この業界で成功しそうにない」とお互い思っていたから上記ように答えましたが、大崎洋会長は、本当に潜水してみせました。

そして、その20年後、本当に売れた「松本人志」さんは、「1つだけって、なに言われるんやろ?断ったろ思ってんねんけど。」とネタにしていました。

しかし、「松本人志」さんが、なかなか折れないある出来事があった時に「あのときのプールの約束、今使うわ。」と大崎洋会長が言うと、「こんなときにですか。」と言いつつ、「わかりました。」と苦笑しながら了承したそうです。

上記のように、「ダウンタウン」の現在活躍には、大崎洋会長の面倒見の良さプロデュース力が大きく影響しているのではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回、「吉本興業大崎洋会長」について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

大崎洋会長は、1978年に、「関西大学社会学部」を卒業後、吉本興業入社しました。

そして、入社以降、色々な要職を務め、約10年間に渡り、吉本興業社長を務めました。

そんな大崎洋会長は、いくつもの仰天エピソードがあり、周りのタレント業界関係者一目置く存在であり、プロデューサーとしての才能もあることが分かりました。

さらに、「吉本総合芸能学院NSC」の開校時の担当社員として、無名時代の「ダウンタウン」の兄貴分・マネージャー的存在として業界に関する様々なこと指導しました。

ダウンタウン」の現在活躍には、大崎洋会長の面倒見の良さプロデュース力が大きく影響していることが分かりました。

スポンサーリンク