吉本興業の藤原寛副社長の経歴!おもろいエピソードまとめ【画像】

藤原寛」さんは、「吉本興業」の副社長であり、以前はダウンタウンマネージャーを務め、「ガキの使い」にも出演することから認知度が高い社員となっています。

そんな「藤原寛」さんは、数々のおもろいエピソードの持ち主であり、そのイジられキャラとは相反して「吉本興業」の社員としては、とても優秀な一面があります。

今回は、「藤原寛」さんついて、Wikiプロフィール経歴まとめおもろいエピソードまとめというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

吉本興業の藤原寛副社長のWikiプロフィール

吉本興業の藤原寛副社長のWikiプロフィールということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、藤原寛副社長の簡単なWikiプロフィールとなります。

藤原寛,吉本興業,副社長

名前:藤原 寛(ふじわら ひろし)
生年月日:1968年12月10日
出身地:大阪府和泉市
最終学歴:関西学院大学社会学部
特技:スキー
職業:会社役員、テレビプロデューサー
所属:吉本興業

参考元:Wikipedia

藤原寛副社長特技は、スキーですが、大学時代はスキー場でアルバイトをした経験があり、全日本スキー連盟2級を取得するほどの腕前を持っています。

なお、その実力から、「ガキの使い」のスキーツアーロケで、ダウンタウンなどのメンバーの講師を務めましたが、「松本人志」さんが怪我をした責任を負わされ、「浜田雅功」さんに激怒され、ビンタ頭突きを食らわされるドッキリにはめられてしまいました。

そして、5歳下の「純子」さんというがおり、以前は、「月亭方正(山崎邦正)」さんのマネージャーをしていました。

スポンサーリンク

吉本興業の藤原寛副社長の経歴まとめ

吉本興業の藤原寛副社長の経歴まとめということについて、下記にご紹介していきます。

藤原寛副社長は、関西大学卒業後、「吉本興業」に入社しました。

藤原寛,吉本興業,副社長,経歴

その後、「ダウンタウン」の5代目チーフマネージャーを務め、主に「松本人志」さんを担当し、長年コンビを支えてきました

もっと詳しく知りたい人へ

そして、プロデューサーとしても、下記のような映画バラエティ番組製作を担当しました。

【映画】
2016年「fuji_jukai.mov」:製作
2019年「多十郎殉愛記」:製作
2019年「Bの戦場」:製作

【バラエティ】
「恋のから騒ぎ」:プロデューサー
「お笑い芸人親子で漫才王座決定戦スペシャル」:プロデューサー
「キングオブコント」

参考元:Wikipedia

さらに、下記を歴任するなど、多くの「吉本興業」の社員の中でも優秀な人材でした。

「東京マネジメントセンターセンター長」
「ルミネtheよしもとプロデューサー」
「よしもとファンダンゴチーフプロデューサー」
「番組・ソフトウェア関連のプロデューサー」

参考元:Wikipedia

現在藤原寛副社長は、下記のような役員を務めていますが、「ダウンタウン元マネージャー」という肩書きのままで、準レギュラーとして「ガキの使い」に出演しています。

「吉本興業株式会社」代表取締役副社長
「株式会社よしもとスポーツ」取締役
「株式会社よしもとアクターズ」取締役

参考元:役員 吉本興業ホールディングス

上記のように、素晴らしい経歴の持ち主ですが、「笑ってはいけないシリーズ」の進行役として、たどたどしい司会進行・台詞の間違えや忘れ・棒読み・台詞を噛むなどでメンバーを爆笑させることが多く、愛されキャラとして多くの視聴者に知られています。

藤原寛,吉本興業,副社長,経歴

藤原寛副社長のおろもいエピソードまとめ

藤原寛副社長のおもろいエピソードまとめということについて、下記にご紹介していきます。

藤原寛副社長は、「絶対に笑ってはいけないシリーズ」で笑った時に警告する「○○アウトー」の声の主であり、下記のようなおろもいエピソード持ち主でもあります。

エピソード1

松本さんが、夜中の工事で寝られなかった事を普通の会話として「いや〜、藤原。そんな訳で全然寝れんかったんよ。」と話したら、今にも泣きそうな顔でなぜか「大変申し訳ございません。」と謝った。

参考元:Wikipedia

エピソード2

松本さんの家に来ては頼みもしないのに、洗濯物を取り込みそれをたたむ

参考元:Wikipedia

エピソード3

海外ロケに行った際、松本さんが、そば殻の枕でなければ寝られない事を知っていた藤原さんは、それを携帯し、松本さんに渡す。ぐっすり寝られた松本さんは、感謝してそれを藤原さんに返すが、藤原さんはその枕を終始脇にかかえ、松本さんの周りをウロウロ。「お前は夢遊病者か?恥ずかしいからしまえ!」と突っ込まれた。

参考元:Wikipedia

エピソード4

松本さんとスケジュールを詰めようとしていた時、ちょうど松本さんは尿意を催しており「まず小便をさせてくれ」と言われているのに、トイレまでついて来て話そうとする。その際、藤原さんは心なしか松本さんの股間に話した

参考元:Wikipedia

エピソード5

松本さんが、便意を催した際、何故か藤原さんは、松本さんをトイレまで手招きをしながら誘導し、挙句には便器を確認して「どうぞ!」と言った。

参考元:Wikipedia

エピソード6

松本さんが喫煙していた頃、空タバコをゴミ箱に捨てようとギュッと握りつぶした途端、後ろから藤原さんの手が伸びてきて、新品のタバコが目の前にポンと置かれた

参考元:Wikipedia

上記のエピソードは、「松本人志」さんがバラエティ番組などで暴露した主なエピソードであり、異常なまでの気遣い根回しから「過激マネージャー」と呼ばれています。

しかし、マネージャーとしては、超一流だと言えますし、とても真面目優しい性格なのだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回、吉本興業の藤原寛副社長について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

藤原寛さんは、「吉本興業」の副社長取締役あり、以前はダウンタウン5代目チーフマネージャーを務め、「ガキの使い」にも出演することから認知度が高い社員です。

なお、5歳下の「純子」さんというがおり、以前は、「月亭方正(山崎邦正)」さんのマネージャーをしていました。

そして、役員になる前は、東京マネジメントセンターセンター長ルミネtheよしもとプロデューサーよしもとファンダンゴチーフプロデューサー番組・ソフトウェア関連のプロデューサー歴任する優秀な人材でした。

さらに、「絶対に笑ってはいけないシリーズ」で笑った時に警告する「○○アウトー」の声の主であり、多くのおろもいエピソード持ち主でもあります。

なお、異常なまでの気遣い根回しをするエピソードが多いため、「過激マネージャー」と呼ばれています。

しかし、マネージャーとしては、超一流だと言えますし、とても真面目優しい性格なのだと思われます。

スポンサーリンク