長岡望悠の髪型は母親と姉妹に似てる【画像】現在の怪我の状態は?
LINEで送る
Pocket

長岡望悠選手は、元久光製薬スプリングス所属の女子バレーボール選手であり、現在はイタリアセリエA1imoco volleyにて、ウィングスパイカーとして活躍しています。

なお、家族にも注目が集まっており、髪型など全体的に母親と姉妹と似ていると噂になっています。

また、2017年の試合でアタック後の着地時に足首を痛め、長期休養をしており、多くの女子バレーファンから心配されています。

そんな長岡望悠選手について、Wikiプロフィール髪型は母親と姉妹に似てる現在の怪我の状態という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

長岡望悠選手のWikiプロフィール

長岡望悠,女子日本代表,バレーボール

名前:長岡望悠(ながおかみゆ)
愛称:ミユ
生年月日:1991年7月25日
年齢:29歳(2020年時点)
出身地:福岡県みやま市
血液型:A型
身長:179cm
体重:64kg
特技:ピアノ
所属:久光製薬スプリングス・imoco volley

参考元:Wikipedia久光製薬スプリングス

長岡望悠選手は、3姉妹の末っ子で実姉の影響で小学2年生からバレーボールを始めました。

気のせいかもしれませんが、有名なバレーボール選手は、みんな小学低学年からバレーボールを始めている方が多いような気がします。

長岡望悠選手の望悠という名前は、みゆと読みますが、珍しい名前だと思いました。

この望悠という名前の由来は「望みを高く持って、悠(はる)か大きく成長してほしい」という両親の願いから名づけられました。

怪我で悩まされた時期もありますが、名前の由来のように、高校時代は3連覇春高バレーインターハイ国体を達成しています。

そして、ユース代表ジュニア代表日本代表として、数々のタイトルも獲得、大きく成長していると思います。

今後は、イタリアセリエA1imoco volleyでのさらなる成長が楽しみだと思います。

スポンサーリンク

長岡望悠選手の髪型は母親と姉妹に似てる?

長岡望悠選手の母親と姉妹について、調べてみましたが、残念ながら、ほとんど情報がありませんでした。

ただし、長岡望悠選手と大変仲が良い石井優希選手の投稿から母親の写真を発見しましたので、ご紹介します。

長岡望悠,女子日本代表,バレーボール,母親上記は、2012年に久光製薬スプリングスの国体予選で母親が応援に駆けつけた時のものだそうです。

長岡望悠選手の父親や姉妹も一緒に写っていれば、さらに似ているかどうかが分かりましたが、母親と髪型も顔のパーツパーツが似ていると思います。

女の子は基本的に父親いん似るといいますが、母親に似ているようであり、おそらく姉妹も似ているのではないかと思います。

友人の石川優希選手によれば、長岡望悠選手と母親の親子愛を感じたと言っており、2人は友達のように仲が良いそうです。

もっと詳しく知りたい人へ!

ちなみに、下記は、長岡望悠選手の叔母さんの写真です。

長岡望悠,女子日本代表,バレーボール,叔母叔母さんは、福岡でアロマリンパ・痩身エステアロマリンパ・痩身エステを扱う「クレール」を運営しており、福岡のみやま市に戻る時は、長岡望悠選手もお店に行くそうです。

長岡望悠,女子日本代表,バレーボールさらに、長岡望悠選手の特技であるピアノを教えたのは、この叔母さんです。

今回は、長岡望悠選手の母親と姉妹について、あまり詳しい情報を調べることが出来なかったので、情報が分かり次第、追記していきます。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


長岡望悠選手の現在の怪我の状態は?

長岡望悠選手は、世界選手権での日本女子代表メンバーへの復帰時の会見で、以下のようにコメントしています。

怪我は思いがけないことだったけど、自分の体や自分とゆっくり向き合えた。チームが輝く姿を見せられるように、精いっぱい戦い抜きたい。リハビリ中は、気が遠くなることもあったが、リハビリ仲間が活躍する姿をみると頑張ろうと思える。

参考元:デイリースポーツ online

上記のコメントにもあるように「辛いリハビリ期間を同じようなリハビリ仲間と支え合い、乗り越えて来た」と言っています。

長岡望悠選手は、2018年4月30日に約1年2ヶ月ぶりに実戦のコートに復帰、怪我の前と同じような高いテクニックでスパイクを決めていました。

自分の体や自分自身とゆっくり向き合えた」とコメントしていることから、怪我の後遺症や影響はないのではないかと思われます。

そして、リハビリ中に体や運動のメカニズム小脳について、しっかりと勉強しリハビリ期間中に、パフォーマンスを高める知識を身につけたそうです。

長岡望悠選手は、このリハビリ期間中に、色々な知識が増えたり、客観的に外からコートを見れたことで「こういう風に動けたら」・「こういうことができたら」というようなイメージが以前よりも沸くようになり、自分自身がいかにバレーボールが好きで、何事もなくバレーボールが出来ていたことがどんだけ幸せだったのかということを学んだそうです。

そんな辛いリハビリという大変な時期を乗り越えた長岡望悠選手の今後の活躍を楽しみに応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!