芥川愛加が美人で可愛い【画像】高校時代のバレー経歴が凄すぎる!

芥川愛加」選手は、「JTマーヴェラス」所属の女子バレーボール選手であり、2010年から「全日本女子代表」のミドルブロッカーとして活躍しています。

そんな「芥川愛加」選手は、高校時代から高校3大大会で素晴らしい活躍をしており、多くのバレーファンから「美人」、「可愛い」などと反響があります。

今回は、全日本女子代表として注目されている「芥川愛加」選手について、美人で可愛い高校時代のバレー経歴が凄すぎるWikiプロフィールというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ!


スポンサーリンク

芥川愛加選手が美人で可愛い

芥川愛加選手が美人で可愛い」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、芥川愛加選手が、多くのバレーファンから「美人」、「可愛い」と言われている画像の一覧となります。

芥川愛加,バレーボール,全日本女子,可愛い,美人

芥川愛加,バレーボール,全日本女子,可愛い,美人

芥川愛加,バレーボール,全日本女子,可愛い,美人

芥川愛加,バレーボール,全日本女子,可愛い,美人

上記の画像より、ユニフォーム姿芥川愛加選手は、可愛らしい女性だと思いますが、私服姿綺麗という言葉似合う女性であり、多くのバレーファンから「可愛い」、「美人」と言われる理由が分かります。

なお、下記は、芥川愛加選手のインスタグラムであり、まだ投稿数は少ないですが、プライベートなどの投稿があるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

また、芥川愛加選手以外にも2019年の「全日本女子代表」のメンバーに選ばれている「佐藤美弥」選手、「古賀紗理那」選手、「石井優希」選手など多くの選手が「可愛い」、「美人」と言われているので、美人揃いの代表メンバーであることが分かります。

スポンサーリンク

芥川愛加選手の高校時代のバレー経歴が凄すぎる

芥川愛加選手の高校時代のバレー経歴が凄すぎる」ということについて、下記にご紹介していきます。

芥川愛加選手は、小学生の時に、テレビで日本代表の試合を観て、「バレーボールってすごく面白そうだな」と思い、中学1年生からバレーボール部に入部しました。

そんな芥川愛加選手の主な学歴は下記となります。

宇士市立鶴城中学校
東九州龍谷高等学校

中学時代は、1年生の頃からレギュラーを務め、2年生の時に、熊本県の選抜チームメンバーに選ばれています。

そして、中学3年生の時に、「日韓交流戦」の日本代表メンバーに選ばれ、「長岡望悠」選手や「栄絵里香」選手と出会いました。

芥川愛加,バレーボール,全日本女子,高校時代,長岡望悠

もっと詳しく知りたい人へ!

なお、中学時代に、「いつかはトップになりたい」、「自分たちも日本一になりたい。もっともっと強くなりたい。」という気持ちが強くなり、「東九州龍谷高校に行きたい。」と思ったそうです。

芥川愛加,バレーボール,全日本女子,高校時代

その後、芥川愛加選手は、高校時代から強豪校の中でレギュラーを務め、下記のような偉大な成績を残しています。

【高校3大大会】
2008・09年「春高バレー」優勝
2008・09年「インターハイ」優勝

【国際大会】
2007年「アジアユース選手権」優勝
2008年「アジアジュニア選手権」優勝

参考元:Wikipedia

さらに、2009年の「皇后杯全日本バレーボール選手権」では、Vプレミアリーグの「NECレッドロケッツ」と「パイオニアレッドウィングス」を破り、ベスト4になる史上初の快挙を達成しています。

そして、2010年に、「JTマーヴェラス」に入部、「全日本女子代表メンバー」にも登録され、2011年2月6日の久光製薬戦においてプレミアデビューを果たしました。

芥川愛加,バレーボール,全日本女子

合わせて読みたい!


芥川愛加選手のWikiプロフィール

芥川愛加選手のWikiプロフィール」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、芥川愛加選手の簡単なWikiプロフィール情報となります。

芥川愛加,バレーボール,全日本女子

名前:芥川 愛加(あくたがわ あいか)
愛称:アイカ
生年月日:1991年4月3日
出身地:熊本県宇士市
血液型:A型
身長:179cm
体重:60kg
趣味:映画鑑賞、旅行、ショッピング
ポジション:ミドルブロッカー
所属:JTマーヴェラス

参考元:WikipediaバレーボールVリーグオフィシャルサイト

芥川愛加選手の家族に関する情報はほとんどありませんが、父親に関しては下記のような情報があり、中学時代には娘の練習を手伝うなど仲良しであることが分かります。

「オーバーパスですごく苦戦しました。私は下手な方で。パスも全然できなくて、身長だけは高いみたいな。だから、家に帰ってから、お父さんとパスの練習をしていました。

参考元:芥川愛加選手のインタビュー JTウェブサイト

また、「JTマーヴェラス」へ入団していますが、高校の先輩がいたり、体育館を借りて合宿をしたり環境や雰囲気がいいと思っていたため、もともと入りたいと思っていました。

芥川愛加,バレーボール,全日本女子

そんな芥川愛加選手の憧れの選手1人として、元チームメイトである「大友愛(おおともあい)」さんをあげており、インタビューで下記のように語っています。

「やっぱりユウさんは、すごくお手本になるミドルブロッカーです。いろいろなことを目で見て、肌で感じて、勉強になることはたくさんあります。ユウさんには、今まで積み上げてきたものがあるわけで、そういうのを聞いていく中で、自分も『それを参考にしてみたいな』と思うことがたくさんあります。やはり、お手本になる選手がいるってすごくうれしいです。」

参考元:芥川愛加選手のインタビュー JTウェブサイト

しかし、芥川愛加選手は、2010年に、「日本女子代表」のメンバーに選ばれた後、疲労骨折が見つかってしまい、半年間くらいプレーができない時期がありました。

その後、Vチャレンジリーグ優勝2回Vプレミアリーグ準優勝黒鷲旗大会優勝2回など、JTの切り込み隊長として活躍を続けています。

怪我を乗り越え、2010年以来の「全日本女子代表」に選ばれた芥川愛加選手の今後の活躍を楽しみだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「芥川愛加」選手について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

芥川愛加選手は、小学生の時に、テレビで日本代表の試合を観て、「バレーボールってすごく面白そうだな」と思い、中学1年生からバレーボール部に入部しました。

そんな芥川愛加選手の主な学歴は下記となります。

宇士市立鶴城中学校
東九州龍谷高等学校

高校時代には、強豪校の中でレギュラーを務め、下記のような偉大な成績を残しています。

【高校3大大会】
2008・09年「春高バレー」優勝
2008・09年「インターハイ」優勝

【国際大会】
2007年「アジアユース選手権」優勝
2008年「アジアジュニア選手権」優勝

そして、2010年に、「JTマーヴェラス」に入部、「全日本女子代表メンバー」にも登録され、2011年2月6日の久光製薬戦においてプレミアデビューを果たしました。

なお、多くのバレーファンから「可愛い」、「美人」と言われており、画像より、ユニフォーム姿は、可愛らしい女性で、私服姿綺麗という言葉似合う女性であることが分かりました。

疲労骨折を乗り越え、JTの切り込み隊長として活躍し、2010年以来の「全日本女子代表」に選ばれた芥川愛加選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク