メリー喜多川の若い頃は美人【画像】夫は資産家でジャニーズを援助?

メリー喜多川」さんは、ジャニーズ帝国女帝であり、ジャニーズ事務所元社長である「ジャニー喜多川」さんのです。

そんな「メリー喜多川」さんは、若い頃からと共にジャニーズ事務所を支えてきましたが、資産家である草創期ジャニーズ事務所バックアップしていました。

今回は、「メリー喜多川」さんについて、若い頃が美人夫は資産家でジャニーズを援助生い立ちや経歴というキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ
スポンサーリンク

メリー喜多川さんの若い頃は美人?

メリー喜多川さんの若い頃は美人?」ということについて、下記にご紹介していきます。

メリー喜多川さんは、実業家芸能プロモーターとして、ジャニーズ事務所副社長、レコード会社「ジャニーズ・エンタテイメント」の社長も務めていました。

メリー喜多川,ジャニーズ,副社長,若い頃,美人

上記の画像より、メリー喜多川さんの若い頃は、現在と変わらずショートカットボーイッシュであり、バリバリキャリアウーマンという印象があります。

下記は、である「ジャニー喜多川」さんの若い頃画像ですが、似ていると思います。

メリー喜多川,ジャニーズ,副社長,若い頃,美人,弟,ジャニー喜多川

もっと詳しく知りたい人へ

メリー喜多川,ジャニーズ,副社長,若い頃,美人,父親,喜多川諦道

上記は、父親である「喜多川諦道」さんの画像であり、母親画像を見つけることができませんでしたが、メリー喜多川さんもジャニー喜多川さんも全体的に父親似ていると思います。

スポンサーリンク

メリー喜多川さんの夫は資産家でジャニーズを援助?

メリー喜多川さんの夫は資産家でジャニーズを援助?」ということについて、下記にご紹介していきます。

メリー喜多川さんは、1950年代後半に、カウンターバー「スポット」を開業しています。

メリー喜多川,ジャニーズ,副社長,若い頃,美人

そして、バーの客だった既婚の「藤島泰輔」さんと内縁関係になり、離婚成立後1972年に2人は結婚しました。

そんな略奪愛とも言える2人ではありますが、作家仲間の間では、おしどり夫婦として知られていました。

なお、である「藤島泰輔」さんは、東京新聞社に勤務し、退社後は、小説家評論家として活躍していました。

藤島ジュリー景子,ジャニーズ,社長,父親,藤島泰輔

また、父親は、日本銀行監事を務めており、「上皇明仁」と共に大学まで「学習院」で学ぶなど裕福な家庭で育っています。

さらに、都内の高級マンション海外の別宅を所有、競走馬の馬主を務めるなどの資産家であり、長者番付常連でした。

そして、ジャニー喜多川さんが、1962年に芸能事務所「ジャニーズ事務所」を創業すると、メリー喜多川さんもバーを閉店し、経理を担当するようになりました。

メリー喜多川,ジャニーズ,副社長

なお、メリー喜多川さんのである「藤島泰輔」さんは、資産家として、草創期ジャニーズ事務所経済的バックアップしていたと言われています。

また、マスコミ政財界関係者など自身の知り合いを紹介し、ジャニー喜多川さんの業界関係者への人脈拡大手助けしたとも言われています。

上記のように、メリー喜多川さんのである「藤島泰輔」さんが、現在ジャニーズ帝国の礎を築いたと言っても過言ではないと思います。

メリー喜多川さんの生い立ちや経歴まとめ

メリー喜多川さんの生い立ちや経歴まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

メリー喜多川さんは、1926年12月26日に、アメリカ・ロサンゼルスで生まれ、4人兄妹長女でした。

なお、本名は、「藤島メリー泰子」といい、ハーフではなく日本人です。

メリー喜多川,ジャニーズ,副社長

そして、1933年日本に戻ましたが、第二次世界大戦の影響で、子供たちだけで和歌山疎開するなど、戦争経験しています。

その後、1947年再渡米し、「ロサンゼルス・シティー・カレッジ」を卒業し、1957年日本に戻りました。

上記のように、アメリカでの生活が長いため、英語流暢なことで知られており、通訳などもこなします。

プライベートでは、1966年長女の「ジュリー景子」さんを出産、1972年に「藤島泰輔」さんと結婚しました。

もっと詳しく知りたい人へ

1962年6月に「ジャニーズ事務所」が創業されると、経理など会社経営全般を担当し、フォーリーブススタイリストも務めていました。

ジャニー喜多川さんは、「将来のアイドルを見つけ、育て、スターの基礎作りをする」という制作担当タレントのしつけ会社経営など管理面での実務担当メリー喜多川さんが担当しています。

藤島ジュリー景子,ジャニーズ,社長,叔父,ジャニー喜多川

なお、メリー喜多川さんの経営手腕のほど業界でも有名であり、「事務所の低迷期を乗り越えられたのも彼女がいたから」と言われています。

また、事務所の方針・決定に従わない所属タレント不祥事を起こした所属タレント厳罰にするなど、芸能プロモーターとして厳しい側面もあることで有名です。

上記より、それぞれの分野カリスマ的な手腕を持つバランスの良さが、現在ジャニーズ事務所繁栄を支えていることが分かりました。

今後は、長女の「藤島ジュリー景子」さんが社長を務めることになりますが、メリー喜多川さんの手腕がこれからも生き続けるのではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回、「メリー喜多川」さんについて、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

メリー喜多川」さんは、ジャニーズ帝国女帝であり、ジャニーズ事務所元社長である「ジャニー喜多川」さんのです。

画像より、メリー喜多川さんもジャニー喜多川さんも全体的に父親似ていることが分かりました。

メリー喜多川さんのである「藤島泰輔」さんは、資産家として、草創期ジャニーズ事務所経済的バックアップしていたと言われています。

また、マスコミ政財界関係者など自身の知り合いを紹介し、ジャニー喜多川さんの業界関係者への人脈拡大手助けしたとも言われています。

草創期の「藤島泰輔」さんのバックアップとそれぞれの分野カリスマ的な手腕を持つバランスの良さが、現在ジャニーズ事務所繁栄を支えていることが分かりました。

そして、今後、長女の「藤島ジュリー景子」さんが、メリー喜多川さん譲り手腕を発揮していくことを楽しみにしています。

スポンサーリンク