小泉孝太郎の若い頃がイケメン【画像】昔と現在の出演作品まとめ!

小泉孝太郎」さんは、父親元内閣総理大臣の「小泉純一郎」さん、衆議院議員の「小泉進次郎」さんであり、俳優として特殊家族構成です。

そんな「小泉孝太郎」さんは、笑顔が素敵で爽やかな印象がありますが、多くのファン視聴者から「若い頃がイケメン」と言われています。

今回は、俳優タレントとして活躍を続ける「小泉孝太郎」さんについて、若い頃がイケメンWikiプロフィールまとめ昔と現在の出演作品まとめというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ!
スポンサーリンク

小泉孝太郎さんの若い頃がイケメン

小泉孝太郎さんの若い頃がイケメン」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、小泉孝太郎さんの若い頃現在比較画像の一覧となります。

【若い頃の小泉孝太郎さん】

小泉孝太郎,俳優,タレント,若い頃,イケメン

小泉孝太郎,俳優,タレント,若い頃,イケメン

小泉孝太郎,俳優,タレント,若い頃,イケメン

【現在の小泉孝太郎さん】

小泉孝太郎,俳優,タレント,現在,イケメン

上記の画像より、若い頃小泉孝太郎さんは、現在と比べると少しチャラい印象はありますが、「イケメン」と言われる理由が分かります。

なお、多くのファン視聴者から、「平岡祐太」さんや「町田啓太」さんなどに似ていると言われており、2人とも爽やかなイケメンなので、小泉孝太郎さんは、若い頃現在も「イケメン」だということは間違いないと思います。

そして、小泉孝太郎さんは、「20代後半に着ていたスーツを60歳まで着続けたい」と語っており、体重計に毎日乗ったり体形維持を心がけているそうです。

スポンサーリンク

小泉孝太郎さんのWikiプロフィールまとめ

小泉孝太郎さんのWikiプロフィールまとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、小泉孝太郎さんの簡単なWikiプロフィール情報となります。

小泉孝太郎,俳優,タレント

名前:小泉 孝太郎(こいずみ こうたろう)
生年月日:1978年7月10日
出身地:神奈川県横須賀市
血液型:AB型
身長:177cm
趣味:ゴルフ、スポーツ全般
特技:野球
職業:俳優、タレント、司会者
事務所:イザワオフィス

参考元:WikipediaIZAWA OFFICE 小泉孝太郎

小泉孝太郎さんの家族構成は、父親の「小泉純一郎」さん、の「小泉進次郎」さんの3人家族となります。

なお、母親の「佳代子」さんは、1982年離婚しており、小泉孝太郎さんと小泉進次郎さんは、叔母の「信子」さんに育てられました。

また、小泉進次郎さんは、2019年8月に、フリーアナウンサーの「滝川クリステル」さんとの結婚を発表、小泉孝太郎さんが2人のためにインタビューに応じた時に、着ていた上記のトマト柄のシャツが話題となりました。

もっと詳しく知りたい人へ!

小泉孝太郎さんのデビューのきっかけは?

小泉孝太郎さんのデビューのきっかけは?」ということについて、下記にご紹介していきます。

小泉孝太郎さんは、父親政治家への道反対され、「ほかに夢中になれることを探せ」という一言がきっかけで、「自分は『首相の息子』ではなく、『小泉孝太郎』として別の世界で身を立てたい。」と俳優を目指すことを決意しました。

小泉孝太郎,俳優,タレント,デビュー,きっかけ

なお、「関東学院六浦高等学校」に在学中は、野球部に所属し、甲子園を目指していましたが、3年生の地方大会のときにを痛め、ベンチに入れず応援する側に回り、野球の道断念しています。

そして、2000年の「21世紀の石原裕次郎を捜せ」オーディションに応募しましたが、身長180cmに満たなかったため、二次審査落選しました。

しかし、2001年に、父親内閣総理大臣になったことで、数十社芸能事務所から声がかかり、「イザワオフィス」にて、芸能界デビューを果たしました。

小泉孝太郎,俳優,タレント,デビュー,きっかけ

なお、「イザワオフィス」には、「ザ・ドリフターズ」も所属しており、「いかりや長介」さんにデビュー前から役者のイロハを教えられ、可愛がられていました。

小泉孝太郎,俳優,タレント,デビュー,きっかけ

そして、2002年のドラマ「初体験」で俳優デビュー2002年だけで5作品ドラマに出演を果たし、2003年の「踊る大捜査線シリーズ」で映画デビューも果たしています。

上記のように、順調俳優人生に思えますが、「総理の息子」としての重圧葛藤に悩まされており、「20代の頃は今よりも父の存在が大きかったです。」と語っています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


小泉孝太郎さんの昔と現在の出演作品まとめ

小泉孝太郎さんの昔と現在の出演作品まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

小泉孝太郎さんは、2002年俳優デビュー以降、多くのドラマ映画に出演、大手企業CMメインキャスターとしてスポーツ番組などに出演したりしています。

そんな小泉孝太郎さんの昔と現在の出演作品まとめについて、昔の出演作品現在までの出演作品、という流れで、下記に詳しくご紹介していきます。

小泉孝太郎,俳優,タレント,現在,イケメン

小泉孝太郎さんの昔の出演作品は?

小泉孝太郎さんの昔の出演作品は?」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、小泉孝太郎さんの主な出演作品の一覧となります。

【ドラマ】
2002年「初体験」:高梨歩 役
2002年「ナースマン」:浅野比呂志 役
2005年「義経」:平資盛 役
2006年「波の塔」:主演・小野木喬夫 役
小泉孝太郎,俳優,タレント,昔,出演作品

2007年「ハケンの品格」:里中賢介 役
小泉孝太郎,俳優,タレント,昔,出演作品

2008年「ごくせん」:夏目誠一 役
2009年「コールセンターの恋人」:主演・都倉渉 役
小泉孝太郎,俳優,タレント,昔,出演作品

2009年「天地人」:大国実頼 役
2011年「カーネーション」:中村春太郎 役
2012年「小京都連続殺人事件シリーズ」:牧野忍 役(~2019年
小泉孝太郎,俳優,タレント,昔,出演作品

【映画】
2003年「踊る大捜線シリーズ」:小池茂 役(~2012年
小泉孝太郎,俳優,タレント,昔,出演作品

2005年「仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」:猛士 役
2006年「UDON」:うどん屋の客 役

参考元:WikipediaIZAWA OFFICE 小泉孝太郎

上記が、小泉孝太郎さんの(2011年頃まで)の主な出演作品となりますが、ドラマ40作品以上映画6作品に出演、ドラマでは3作品主演を務めています。

なお、小泉孝太郎さんは、2002年の「狂った果実」で初主演2005年の「義経」で大河デビューを果たしています。

さらに、2005年の「波の塔」でも主演、「ハケンの品格」や「ごくせん」など話題作品に出演、2011年の「カーネーション」でNHK連続テレビ小説デビューも果たしています。

また、俳優以外にも「おもいっきりイイ!!テレビ」で水曜日パートナー、「熱闘甲子園」でメインキャスターを務めるなどの活躍をしています。

小泉孝太郎さんの現在までの出演作品は?

小泉孝太郎さんの現在までの出演作品は?」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、小泉孝太郎さんの現在(2019年11月10日時点)までの主な出演作品の一覧となります。

【ドラマ】
2013年「八重の桜」:徳川慶喜 役
小泉孝太郎,俳優,タレント,現在,出演作品

2013年「十津川捜査班シリーズ」:西本明 役
2013年「森崎慎平シリーズ」:主演・森崎慎平 役(~2019年
小泉孝太郎,俳優,タレント,現在,出演作品

2013年「杉村三郎シリーズ」:主演・杉村三郎 役(~2016年
2015年「下町ロケット」:椎名直之 役
小泉孝太郎,俳優,タレント,現在,出演作品

2016年「警視庁ゼロ係シリーズ」:主演・小早川冬彦 役(~2019年
2016年「受験のシンデレラ」:主演・五十嵐透 役
2016年「ミステリー作家・朝比奈耕作シリーズ」:主演・朝比奈耕作 役
2018年「ブラックペアン」:高階権太 役
小泉孝太郎,俳優,タレント,現在,出演作品

2019年「グッドワイフ」:多田征大 役
小泉孝太郎,俳優,タレント,現在,出演作品

【映画】
2014年「瀬戸内海賊物語」:宇治原清秀 役

参考元:WikipediaIZAWA OFFICE 小泉孝太郎

上記が、小泉孝太郎さんの現在(2012年以降)の主な出演作品となりますが、ドラマ50作品以上映画1作品に出演、ドラマでは10作品以上主演を務めています。

なお、小泉孝太郎さんは、刑事モノの「山村美紗サスペンス」や「西村京太郎サスペンス」などへの出演が多く、長年シリーズ化されています。

さらに、「下町ロケット」、「ブラックペアン」、「グッドワイフ」などの話題作品へ出演するなど、人気作品常連となっており、2014年には、「ベイマックス」で声優デビューも果たしています。

また、「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」のレギュラー、「リオデジャネイロオリンピック」のメインキャスター大手企業CM13社以上に出演するなど、俳優デビュー以降幅広い分野で活躍を続けています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「小泉孝太郎」さんについて、調べたい内容のまとめを下記にご紹介していきます。

小泉孝太郎さんは、父親政治家への道反対され、「ほかに夢中になれることを探せ」という一言がきっかけで、「自分は『首相の息子』ではなく、『小泉孝太郎』として別の世界で身を立てたい。」と俳優を目指すことを決意しました。

その後、2001年に、父親内閣総理大臣になったことで、数十社芸能事務所から声がかかり、「イザワオフィス」にて、芸能界デビューを果たしました。

そんな小泉孝太郎さんは、笑顔が素敵で爽やかな印象がありますが、画像より、多くのファン視聴者から「若い頃がイケメン」と言われている理由が分かりました。

そして、2002年のドラマ「初体験」で俳優デビュー2003年の「踊る大捜査線シリーズ」で映画デビューも果たしています。

さらに、ドラマ映画100作品以上に出演、俳優以外にも声優メインキャスターなどで幅広い分野マルチな活躍を続けています。

総理の息子」ではなく、「俳優の小泉孝太郎」の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク