青木祐奈のコーチと振付師がすごい【画像】現在までの経歴まとめ!
LINEで送る
Pocket

青木祐奈選手は、シニアデビュー戦となったババリアンオープン宮原知子選手に次ぐ2位となり、今後の活躍に注目が集まっています。

なお、コーチ振付師がすごい人物であり、元々の才能もあると思いますが、現在の強さの要因であると思われます。

そんな青木祐奈選手について、コーチと振付師がすごい【画像】Wikiプロフィールまとめ現在までの経歴まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

青木祐奈選手のコーチと振付師がすごい【画像】

青木祐奈選手のコーチ都築章一郎さんと都築奈加子さんであり、振付師ステファン・ランビエールさんです。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子,コーチなお、都築章一郎さんと都築奈加子さんは親子であり、2人とも全日本ジュニア選手権全日本選手権優勝を果たした経歴の持ち主です。

さらに、ステファン・ランビエールさんは、2006年のトリノオリンピック銀メダルを獲得するなどの輝かしい経歴の持ち主です。

そんな青木祐奈選手のコーチ振付師について、コーチのWikiプロフィール振付師のWikiプロフィールという流れで、ご紹介していきます。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子,コーチ

青木祐奈選手のコーチのWikiプロフィール

都築章一郎コーチは、愛知県名古屋市出身の1938年1月5日生まれであり、元フィギュアスケート選手です。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子,コーチ1958-59年シーズンの全日本ジュニア選手権3位、1959-60年シーズンの全日本ジュニア選手権優勝を果たました。

その後、日本大学の卒業と共に現役引退、コーチとして指導者の道へ進んでいます。

なお、1964年に日本フィギュアスケーティングインストラクター協会を設立、日本オリンピック委員会の指定コーチやプリンスホテルの専任コーチも務めています。

また、主な教え子には、佐野稔さん・羽生結弦選手などがいます。

そして、都築奈加子コーチはです。

都築奈加子コーチは、1975年10月3日生まれの元フィギュアスケートアイスダンス選手です。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子,コーチ2006年に現役を引退していますが、下記のような経歴の持ち主です。

全日本ジュニア選手権:優勝3回
全日本選手権:優勝6回・2位3回

現在はコーチをやりながら、アイスダンスの国際テクニカル・スペシャリストとして、技術審判員も務めています。

スポンサーリンク

青木祐奈選手の振付師のWikiプロフィール

ステファン・ランビエールさんは、1985年4月2日生まれのスイス出身の元フィギュアスケート選手です。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子,振付師そして、現役時代の主な経歴は下記です。

ヨーロッパ選手権:2位3回
GPファイナル:優勝2回
世界選手権:優勝2回3位1回
トリノオリンピック銀メダル
バンクーバーオリンピック4位

引用元:Wikipedia

なお、怪我の影響で2008年10月に引退を表明しましたが、バンクーバーオリンピックへの出場のため、現役に復帰しました。

その後、2010年3月に現役を引退、アイスショーなどに出演したり、振付師としても活躍の場を広げています。

振付師としては、2010-11シーズンの高橋大輔選手のエキシビションのアメリ振り付けを担当したことでも有名です。

また、2016年からラトビア代表のデニス・ヴァシリエフス選手のコーチに就任、コーチ・振付師・アイスショーと色々な分野で活躍しています。

スポンサーリンク

青木祐奈選手のWikiプロフィールまとめ

青木祐奈選手は、スピン・ステップ・スケーティング・表現力といった全ての要素において、シニアデビュー前から、すでに高い完成度を誇っており、注目されていました。

そんな青木祐奈選手について、どのようなフィギュアスケート選手なのかを知ってもらうため、Wikiプロフィールスケートを始めたきっかけという流れで、ご紹介していきます。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子

青木祐奈選手のWikiプロフィール

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子
名前:青木祐奈(あおきゆな)
生年月日:2002年1月10日
年齢:18歳(2020年時点)
出身地:神奈川県横浜市
血液型:A型
身長:155cm
趣味:音楽を聴くこと
所属:神奈川FSC

参考元:Wikipedia日本スケート連盟

青木祐奈選手の所属は神奈川FSCですが、2011年の東日本大震災後、羽生結弦選手が同じリンクで練習をしていた時期がありました。

そのため、当時9歳だった青木祐奈選手は、羽生結弦選手から体の使い方陸上でのジャンプの跳び方を教えてもらい、練習後は遊んでもらっていたそうです。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子そんな青木祐奈選手は、ループジャンプ以外の全てのジャンプの理想形羽生結弦選手だと語っています。

さらに、理想のジャンプは羽生結弦選手の高さがあり、がきれいな4回転だと語っていました。

もっと詳しく知りたい人へ!

青木祐奈選手がスケートを始めたきっかけは?

青木祐奈選手がスケートを始めたきっかけは、5歳の時にトリノオリンピック荒川静香さんの演技を観たことでした。

本気でスケート選手を目指すことを決めたのは、幼児教室から選手になるコースに移った時の小学校に入る頃だったようです。

なお、憧れの選手はフィギュアスケートを始めるきっかけとなった荒川静香さんです。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子,憧れの選手,荒川静香下記は、荒川静香さんに憧れてフィギュアスケートを始めた選手たちです。

本郷理華選手・白岩優奈選手・山下真湖選手・本田真凛選手

そして、青木祐奈選手は、荒川静選手のスケートの魅力優雅さだと語り、その表現力に少しでも近づこうと、指先や爪先まで意識することを常に心掛けているそうです。

また、同じアイスショーに参加した時に、憧れの荒川静香さんに「頑張ってね。」と言ってもらえ、それが励みになっていると語っていました。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子現在では、アクセルを除く5種類トリプルジャンプを跳ぶことができる選手へと成長を遂げています。

2015-16シーズンには、3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションジャンプをISU公認の競技会にて成功させています。

これは、史上4人目快挙であり、その後、3人の選手が成功させているので、史上7人中1人です。

また、その他にも下記のコンビネーションジャンプをプログラムに取り入れるなど、今後の活躍が期待されています。

3回転サルコウ-3回転ループ
2回転半アクセル-3回転トゥーループ
3回転ルッツ-3回転トゥーループ

スポンサーリンク

青木祐奈選手の現在までの経歴まとめ

ノービス時代

2012-13「全日本ノービス選手権A」2位
2013-14「プランタン杯」優勝
2013-14「アジアンオープントロフィー」優勝
2013-14「全日本ノービス選手権A」優勝
2014-15「全日本ジュニア選手権」5位
2014-15「チャレンジカップ」優勝

参考元:Wikipedia日本スケート連盟

ジュニア時代

2014-15「アジアンオープントロフィー」優勝
2015-16「全日本ジュニア選手権」7位
2015-16「ババリアンオープン」2位
2016-17「JGPチェコ」4位
2016-17「JGPPドイツ」5位
2016-17「全日本ジュニア選手権」9位

2017-18「JGPカナダ」7位
2018-19「全日本ジュニア選手権」5位

参考元:Wikipedia日本スケート連盟

シニア時代

2018-19「ババリアンオープン」2位

参考元:Wikipedia日本スケート連盟

青木祐奈選手は、ノービス時代から全日本ノービス選手権A優勝するなど実力のある若手選手だったことが分かります。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子,経歴なお、2015-16シーズンより、日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手に選ばれています。

そして、ジュニア移行後の初戦であるアジアフィギュア杯では優勝を果たしました。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子,経歴しかし、体型変化の影響で今まで飛べていたジャンプが飛べなくなった時期があり、アメリカで基礎からジャンプの練習丸々2週間するなど、苦しい時期がありました。

青木祐奈,フィギュア,スケート,女子,経歴そんな苦しい時期を乗り越え、徐々に調子を戻していき、2018-19シーズンのシニアデビュー戦となったババリアンオープンにて、得点は公認されませんが、自己ベストの得点で2位となりました。

青木祐奈選手は、シニアデビュー前から高い技術力表現力で注目されていた選手なので、今後のシニア時代の活躍を楽しみにしていきたいと思います。

スポンサーリンク