山下真瑚の出身中学高校!敏腕コーチが経歴とジャンプが凄い理由?
LINEで送る
Pocket

山下真瑚選手は、紀平梨花選手・坂本花織選手などの同世代の中でも女子フィギュア界の新星として注目されています。

また、浅田真央選手に似ている可愛らしいルックス高くて綺麗なジャンプ表現力にもフィギュアスケートファンの方などから高い評価があります。

そんな山下真瑚選手について、出身中学高校経歴とジャンプが凄い敏腕コーチが経歴とジャンプが凄い理由という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

山下真瑚選手の出身中学高校はどこ?

山下真瑚選手の出身中学は、名古屋市立御幸山(みきやま)中学校です。

山下真瑚,女子フィギュア,スケート,中学時代この中学校は、1974年創立の愛知県名古屋市天白区にある公立中学校です。

なお、天白区の御幸山・表山地区・音聞山あたりは、名古屋市内だと高級住宅地になります。

そのため、フィギュアスケート自体すごくお金がかかるスポーツなので、詳しい情報はありませんが、両親はしっかり収入がある職業であり、経済的には困らない家庭環境で育ってきたのではないかと思います。

出身高校は、中京大学附属中京高等学校です。

山下真瑚,女子フィギュア,スケート,高校時代この高校は、1923年創立の愛知県名古屋市昭和区川名山町にある私立高等学校であり、通称は中京大中京です。

スポーツがとても盛んな高校であり、硬式/軟式野球部・サッカー部・スケート部・陸上部が全国屈指の強豪校であり、多くのプロスポーツ選手を輩出しています。

山下真瑚,女子フィギュア,スケート,高校時代スケート部は、ナショナルトレーニングセンターに指定されている中京大学アイスリーナを使用し練習しています。

卒業生には、安藤美姫さん・浅田真央さん・村上佳菜子さんなどがおり、オリンピック出場選手を多く排出するフィギュアスケートの名門校です。

スポンサーリンク

山下真瑚選手のWikiプロフィール

山下真瑚,女子フィギュア,スケート

名前:山下真瑚(やましたまこ)
生年月日:2002年12月31日
年齢:18歳(2020年時点)
出身地:愛知県名古屋市
血液型:O型
身長:152cm
趣味:料理
所属:中京大学附属中京高校

参考元:Wikipedia日本スケート連盟

山下真瑚選手の家族構成ですが、はっきりした情報はありませんが、父親・母親・姉の4人家族のようです。

そして、山下真瑚選手をインターネットで検索すると、斜視というワードが出てきますが、本人から正式なコメントがあった訳ではないため、正確には斜視かどうかは分かりませんでした。

もしも斜視だとしたら、内斜視と呼ばれる目が内側によってしまうタイプだと思われます。

今までの成績からフィギュアスケートの演技をする上では特に影響はないようです。

山下真瑚,女子フィギュア,スケート

山下真瑚選手のスケートを始めたきっかけは?

山下真瑚選手がスケートを始めたきっかけは、荒川静香選手のイナバウアーを見て「自分もやってみたい。」と思ったことであり、7歳からフィギュアスケートを始めました。

白岩優奈,女子フィギュア,スケート,憧れの選手,荒川静香そんな山下真瑚選手の憧れの選手である荒川静香選手は、トリノオリンピック金メダルを獲得しました。

さらに、世界選手権優勝全日本選手権2連覇など数々の快挙を達成した歴代日本女子フィギュアスケート選手の中でも非常に有名な選手です。

現在は、プロフィギュアスケーターとして、アイスショーなどで活躍されています。

ちなみに、本田真凜選手・青木祐奈選手・白岩優奈選手も憧れの選手として、荒川静香選手を挙げています。

もっと詳しく知りたい人へ!

そんな山下真瑚選手は、2018年秋にシニアデビューをしたばかりですが、優勝こそ逃しているものの、アジアンオープントロフィーロンバルディアトロフィー3位スケートカナダでは2位と素晴らしい成績を残しています。

スポンサーリンク

山下真瑚選手の経歴とジャンプが凄い

山下真瑚選手は、身長が151cmと小柄な選手ではありますが、顔が小さく頭身が長い浅田真央選手を彷彿させるダイナミックなスケーティングジャンプ魅力の1つです。

そして、日本スケート連盟の特別強化選手にも選ばれており、目標として「全ての試合で悔いのない演技をすること」を掲げており、多くのフィギュアスケートファンに感動を与えています。

そんな山下真瑚選手について、凄い経歴まとめジャンプが凄いという流れで、ご紹介していきます。

山下真瑚,女子フィギュア,スケート

山下真瑚選手の凄い経歴まとめ

ノービス時代

2015年「全日本ノービス選手権A」2位
2016年「クープドプランタン」2位

参考元:Wikipedia日本スケート連盟

ジュニア時代

2016年「JGP横浜大会」3位
2016年「JGPエストニア大会」3位

2017年「JGPクロアチア大会」2位
2017年「全日本ジュニア選手権」2位

2018年「世界ジュニア選手権」3位
2018年「アジアンオープントロフィー」3位
2018年「ロンバルディアトロフィー」3位

参考元:Wikipedia日本スケート連盟

シニア時代

2018年「スケートカナダ」2位
2018年「全日本選手権」6位

2019年「CSネペラ記念」6位
2019年「スケートアメリカ」12位
2019年「NHK杯」5位
2019年「全日本選手権」11位

参考元:Wikipedia日本スケート連盟

現在のところ、優勝した大会は、第38回全国中学校スケート大会だけですが、ジュニア時代のほとんどの大会で3位2位と表彰台に上がっています。

山下真瑚,女子フィギュア,スケートそして、初出場となった世界ジュニア選手権では、ショート・フリーともに自己ベストを更新する素晴らしい演技で銅メダルを獲得しました。

さらに、シニアデビュー戦となったスケートカナダでは2位となり、技術力の高さを証明しています。

スポンサーリンク

山下真瑚選手のジャンプが凄い

山下真瑚選手は、アクセルを除く5種類トリプルジャンプを跳ぶことができます。

コンビネーションでは、3回転ルッツ-3回転トゥーループ-2回転トゥループ2回転半アクセル-3回転トゥーループをプログラムに取り入れています。

さらに、4回転サルコウの習得を目指しています。

下記のように、山下真瑚選手のジャンプには高い評価があります。

山下真瑚選手は、ジュニア女子の中では、ジャンプの高さはナンバーワンと言われていました。

さらに、すごくスピードがあるのにがしっかりしていて、助走が少ないのにフワっと浮き上がるようなジャンプをしています。

また、多くの反響の中には、キム・ヨナ選手・荒川静香選手・浅田真央選手を彷彿させるようなジャンプという意見が多く、今後の大会での演技が楽しみです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


山下真瑚選手の敏腕コーチが経歴とジャンプが凄い理由?

山下真瑚選手は、15歳にして日本人初のグランプリ戦デビューでの初優勝は逃しましたが、浅田真央選手と並ぶ日本人としての初戦2位という好成績を残しました。

さらに、高くて綺麗なジャンプ表現力の高さなど技術的にも非常に評価が高い選手です。

そんな山下真瑚選手を指導する敏腕コーチはどのような人なのか、気になったので、敏腕コーチは誰敏腕コーチの教え子は誰という流れで、ご紹介していきます。

山下真瑚,女子フィギュア,スケート

山下真瑚選手の敏腕コーチは誰?

山下真瑚選手のコーチは、山田満知子さんと樋口美穂子さんです。

山田満知子コーチはどんな人?

山田満知子コーチ

山下真瑚,女子フィギュア,スケート,コーチ,山田満知子

1943年6月26日生まれの愛知県名古屋市出身の元フィギュアスケート選手ペアです。7歳からスケートを始め、国体少年の部インターハイで優勝全日本選手権やインカレで入賞するなど日本国内で活躍していました。大学卒業後愛知県スケート連盟の手伝いに駆り出されているうちに、コーチの道へ進みました。コーチを始めた頃から、スケートの普及に力を入れ、名古屋スポーツセンターをホームリンクとするグランプリ東海フィギュアスケーティングクラブのコーチとして子どもたちを初心者から指導しています。

上記の功績が認められ、以下のような賞を受賞しています。

文部省スポーツ功労者賞受賞
文部科学省国際大会最優秀賞者受賞

参考元:Wikipedia

なお、フィギュアスケートの技術面における指導はもちろん「人に好かれる選手」を目指し、選手の人間性についての指導にも力を入れており、一般的なコーチと違い、下記のような特徴があります。

選手の親を積極的に練習に参加させ協力させる。
年長の選手の用具(エッジや衣装)を年少の選手に再活用させる。

参考元:Wikipedia

スポンサーリンク

樋口美穂子コーチはどんな人?

樋口美穂子コーチ

山下真瑚,女子フィギュア,スケート,コーチ,樋口美穂子

山田満知子コーチの右腕と言われており、1969年5月13日生まれ愛知県出身の元フィギュアスケート選手でした。現役時代は、全日本ジュニア選手権で2位全日本選手権に出場するなどの成績を残しました。20歳で引退後、名古屋スポーツセンターをホームリンクとするグランプリ東海フィギュアスケーティングクラブで山田満知子コーチのアシスタントコーチを務めました。現在は、日本フィギュアスケーティングインストラクター協会のディレクターズスタッフに就任山田満知子コーチと共にコーチ兼振付師として、多くの名選手を指導しています。

なお、選手に対して愛情深く指導することで、選手の持つ本来の力をうまく引き出すことに長けているコーチと定評があります。

山下真瑚,女子フィギュア,スケート,コーチ

山下真瑚選手の敏腕コーチの教え子は誰?

山田満智子コーチと言えば、トリプルアクセルを世界で初めて成功させた伊藤みどりさん、幼少期の浅田真央さんのコーチとして大変有名です。

ちなみに、樋口美穂子コーチは、山田満智子コーチ教え子でした。

下記は、山下真瑚選手以外の教え子たちの一覧です。

伊藤みどりさん・中野友加里さん・浅田舞さん・浅田真央さん・村上佳菜子さん・宇野昌磨選手

現在は、山下真瑚選手と同時に下記の選手のコーチを務めています。

松田悠良選手

参考元:Wikipedia

なお、山下真瑚選手が、尊敬していて目標とするのが宇野昌磨選手だそうです。

山下真瑚,女子フィギュア,スケート,兄弟子,宇野昌磨もちろん、山下真瑚選手の元々の素質や普段の努力の賜物だとは思います。

しかし、2人の敏腕コーチの指導宇野昌磨選手のスケーティングや圧倒的な表現力を間近で見てきたことが、現在の高くて綺麗なジャンプ表現力の高さの秘密なのかもしれません。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!