ユヨンがかわいい【画像】Wikiプロフとフィギュア経歴まとめ!

ユ・ヨン」選手は、韓国フィギュア界スターである「キム・ヨナ」選手の国内最高記録を引退後に初めて更新した女子フィギュアスケート選手です。

そんな「ユ・ヨン」選手は、「イム・ウンス」選手たちと「第二のキム・ヨナ」と呼ばれている選手の1人であり、その美貌にも多くのフィギュアスケートファンから「かわいい」と反響があります。

今回は、韓国フィギュア界新星である「ユ・ヨン」選手について、ユヨン選手がかわいいWikiプロフィールフィギュア経歴まとめというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ!


スポンサーリンク

ユ・ヨン選手がかわいい

ユ・ヨン選手がかわいい」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、ユ・ヨン選手が、多くのフィギュアスケートファンから「かわいい」と言われている画像の一覧となります。

ユヨン,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい

ユヨン,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい

ユヨン,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい

ユヨン,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい

上記の画像より、ユ・ヨン選手は、まだ10代ではありますが、抜群のスタイル美貌で、「かわいい」よりも「綺麗」という言葉が似合う女性だと思うので、多くのフィギュアスケートファンから反響がある理由が分かります。

なお、以前は「young_you_0527」というアカウント名インスタグラムをやっていたようですが、現在では削除されており、プライベート練習のオフショットなどの投稿を見ることができません。

また、「キム・ヨナ」選手も多くのフィギュアスケートファンから「かわいい」と反響がありましたが、ユ・ヨン選手も同じように韓国を代表する美人フィギュアスケート選手と言っても過言ではないと思います。

スポンサーリンク

ユ・ヨン選手のWikiプロフィール

ユ・ヨン選手のWikiプロフィール」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、ユ・ヨン選手の簡単なWikiプロフィール情報となります。

ユヨン,フィギュアスケート,女子,韓国

名前:ユ・ヨン
韓国名:유 영
英語名:You Young
生年月日:2004年5月27日
出身地:韓国・ソウル
血液型:不明
身長:160cm
趣味:ダンス、料理

所属:AT Sports

参考元:Wikipedia(英語版)国際スケート連盟

ユ・ヨン選手の家族構成は、父親の「イルジン」さん、母親の「スクヒ」さん、2人の兄弟5人家族となります。

なお、父親仕事のため、2歳インドネシアに移り、シンガポール幼少期を過ごしていました。

そして、2010年の「バンクーバーオリンピック」での「キム・ヨナ」選手の活躍を観て、フィギュアスケートを始めました。

ユヨン,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい,キム・ヨナ

ユ・ヨン選手は、韓国国籍を維持しながら、シンガポール色々なコーチの元で指導を受け、2011年2013年までは、シンガポール国内大会に出場していました。

なお、シンガポール半年間近く指導をした「チャンウェイ」コーチは、ユ・ヨン選手について、下記のように評価しており、幼少期から才能溢れる選手であったことが分かります。

「私が今まで指導した選手の中で最も才能のある選手ではありませんでした。しかし、彼女のジャンプ力、柔軟性、順応力などは、その年代のアスリートの中では、非常に素晴らしかったです。」

参考元:Wikipedia(英語版)

ユヨン,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい

そして、2013年3月に、母親と一緒に韓国に戻り、さらにフィギュアスケート選手としての技術を高めて行きました。

合わせて読みたい!


ユ・ヨン選手のフィギュア経歴まとめ

ユ・ヨン選手のフィギュア経歴まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、ユ・ヨン選手の現在(2019年10月30日時点)までの主なフィギュア経歴の一覧となります。

ジュニア時代

2015-16「韓国選手権」優勝
2015-16「チロルカップ」優勝

2016-17「アジアオープン杯」優勝
2016-17「タリン杯」優勝

2017-18「韓国選手権」優勝
2017-18「世界ジュニア選手権」9位

2018-19「タリン杯」優勝
2018-19「韓国選手権」優勝
2018-19「バイエルンオープン」優勝
2018-19「世界ジュニア選手権」6位

参考元:Wikipedia(英語版)国際スケート連盟

シニア時代

2019-20「フィラデルフィアサマーインターナショナル」優勝
2019-20「ロンバルディア杯」3位
2019-20「CS USクラシック」2位

2019-20「スケートカナダ」3位

参考元:Wikipedia(英語版)国際スケート連盟

上記が、ユ・ヨン選手の主なフィギュア経歴の一覧となりますが、2016年の「韓国選手権」での初優勝以降2018年2019年での連覇を含め、3回優勝を果たしています。

ユヨン,フィギュアスケート,女子,韓国,経歴

なお、2016年の「韓国選手権」では、2003年の「キム・ヨナ」選手の12歳を上回る11歳史上最年少での優勝でした。

そんなユ・ヨン選手は、練習中ではありますが、「3アクセル」、「3アクセル-3トゥループ」、「4ルッツ」を着氷しており、高い技術力を持っています。

ユヨン,フィギュアスケート,女子,韓国,経歴

そのため、韓国では、「イム・ウンス」選手、「キム・イェリム」選手と共に、韓国フィギュア界未来を託された「三銃士」と称されています。

上記のように、レベルの高い韓国フィギュア界なので、女王の「アリーナ・ザギトワ」選手や「紀平梨花」選手たちのライバルになっていくことは間違いないと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「ユ・ヨン」選手について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

ユ・ヨン選手は、韓国フィギュア界スターである「キム・ヨナ」選手の国内最高記録を引退後に初めて更新した女子フィギュアスケート選手です。

そんなユ・ヨン選手は、2010年の「バンクーバーオリンピック」での「キム・ヨナ」選手の活躍を観て、フィギュアスケートを始めました。

そして、その美貌にも多くのフィギュアスケートファンから「かわいい」と反響があり、画像から、まだ10代ではありますが、抜群のスタイル美貌であることが分かりました。

ユ・ヨン選手は、2016年の「韓国選手権」での初優勝以降2018年2019年での連覇を含め、3回優勝を果たしています。

そのため、韓国では、「イム・ウンス」選手、「キム・イェリム」選手と共に、韓国フィギュア界未来を託された「三銃士」と称されています。

第二のキム・ヨナ」と呼ばれている選手の1人であるユ・ヨン選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク