山岸あかねがかわいい【顔画像】出身高校大学とバレー経歴まとめ!

山岸あかね」選手は、「埼玉上尾メディックス」所属の女子バレーボール選手であり、2018年から「全日本女子代表」のリベロとして活躍しています。

そんな「山岸あかね」選手は、リベロというポジションであり、バレーボール選手としては、164cm小柄可愛らしいので、多くのバレーファンから「かわいい」と言われています。

今回は、全日本女子代表リベロを務める「山岸あかね」選手について、山岸あかね選手がかわいい出身高校大学まとめバレー経歴まとめというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ!


スポンサーリンク

山岸あかね選手がかわいい

山岸あかね選手がかわいい」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、山岸あかね選手が、多くのバレーファンより、「かわいい」と言われている画像の一覧となります。

山岸あかね,バレーボール,全日本女子,かわいい

山岸あかね,バレーボール,全日本女子,かわいい

山岸あかね,バレーボール,全日本女子,かわいい

山岸あかね,バレーボール,全日本女子,かわいい

上記の画像より、バレーボール選手としては小柄ではありますが、一般女性と比べると大きい方であり、スラッとした抜群のスタイルであることが分かります。

さらに、山岸あかね選手は、どちらかというと童顔であり、可愛らしい笑顔持ち主だと思います。

なお、同じポジションリベロである「佐藤あり紗」選手や「井上琴絵」選手も、多くのバレーファンから「かわいい」と言われており、山岸あかね選手もリベロの中でもトップクラス可愛らしさだと思います。

スポンサーリンク

山岸あかね選手の出身高校大学まとめ

山岸あかね選手の出身高校大学まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、山岸あかね選手の出身高校大学中学校などの学歴の一覧となります。

「長野市立裾花中学校」
東海大学付属諏訪高等学校
東海大学

山岸あかね選手は、中学時代に、「全日本中学バレーボール選手権」で連覇を達成しています。

そして、出身高校である「東海大付属諏訪高等学校」では、同級生である「小平花織」元選手と共に、「春高バレー」や「インターハイ」で活躍しました。

なお、卒業生には下記のような主なバレーボール選手がいます。

帯川きよら」選手(久光製薬スプリングス)、「家高七央子」選手(NECレッドロケッツ)、「小口樹葉」選手(デンソーエアリービーズ)

参考元:Wikipedia

その後、「東海大学」では、2年生の時に「インカレ」で準優勝3年生の時に「インカレ」で優勝を果たしています。

山岸あかね,バレーボール,全日本女子,かわいい,高校,大学

ちなみに、「東海大学」は、男女共バレーボール部強豪であり、下記のような成績を残しています。

「全日本バレーボール大学男女選手権大会」優勝7回
「全日本大学男子バレーボール東西選抜優勝大会」優勝6回

参考元:Wikipedia

山岸あかね,バレーボール,全日本女子,かわいい,高校,大学

そして、山岸あかね選手は、2013年1月に、「埼玉上尾メディックス」の内定選手となり、2013年4月に、「全日本女子代表」の候補メンバーに登録されました。

合わせて読みたい!


山岸あかね選手のバレー経歴まとめ

山岸あかね選手のバレー経歴まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

山岸あかね選手は、バレーボールをやっていたの影響で5歳から「須坂南部バレーボールチーム」でバレーボールを始めました。

下記は、山岸あかね選手の簡単なWikiプロフィール情報となります。

山岸あかね,バレーボール,全日本女子

名前:山岸 あかね(やまぎし あかね)
愛称:キラ
生年月日:1991年1月8日
出身地:長野県須坂市
血液型:O型
身長:164cm
体重:55kg
ポジション:リベロ
所属:埼玉上尾メディックス

参考元:WikipediaバレーボールVリーグオフィシャルサイト

山岸あかね選手は、2013年から「埼玉上尾メディックス」の選手として活躍していましたが、学生時代から下記のように才能あふれる選手でした。

学生時代

「全日本中学バレーボール選手権」連覇
「春高バレー」・「インターハイ」出場
「インカレ」準優勝優勝

参考元:Wikipedia

なお、山岸あかね選手は、下記のような代表経験があります。

「全日本シニア代表」:2013年
「全日本ユニバーシアード代表」:2012~2013年
「全日本代表」:2018年~

参考元:Wikipedia

そして、2013年7月の「エリツィン杯」や「第27回ユニバーシアード競技大会」で5位2013年10月の「第6回東アジア競技大会」で銀メダルを獲得に貢献しています。

山岸あかね,バレーボール,全日本女子,経歴

なお、全日本女子代表監督である「中田久美」さんは、下記のように山岸あかね選手を評価しています。

「山岸はリベロの中でもパスの質などはいちばんいいかもしれないですね。」

参考元:バレーボールマガジン

そんな期待の山岸あかね選手は、全日本女子代表メンバーとして、「FIBAバレーボール・ネイションズリーグ」に出場、「ワールドカップ2019」へも出場しているので、今後の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「山岸あかね」選手について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

山岸あかね選手は、バレーボールをやっていたの影響で5歳からバレーボールを始めました。

下記は、山岸あかね選手の学歴は、下記となります。

「長野市立裾花中学校」
東海大学付属諏訪高等学校
東海大学

なお、山岸あかね選手は、学生時代から下記のような素晴らしい成績を残しています。

学生時代

「全日本中学バレーボール選手権」連覇
「春高バレー」・「インターハイ」出場
「インカレ」準優勝優勝

そして、2013年1月に、「埼玉上尾メディックス」の内定選手となり、2013年4月に、「全日本女子代表」の候補メンバーに登録されました。

そんな山岸あかね選手は、多くのバレーファンから「かわいい」と言われています。

画像より、バレーボール選手としては小柄ではありますが、スラッとした抜群のスタイルであり、どちらかというと童顔可愛らしい笑顔持ち主であることが分かりました。

2018年から「全日本女子代表」のリベロとして活躍している山岸あかね選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク