山田裕貴の父親はプロ野球選手!母の職業は?中学高校から野球上手い?
LINEで送る
Pocket

山田裕貴さんは、「あの頃 君を追いかけた」や2019年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」への出演で注目を集めていました。

さらに、ダウンタウンDXに出演し、ガンダムのアムロ・レイのモノマネをするなど何かと話題となっています。

そんな山田裕貴さんについて、父親はプロ野球選手母親の職業中学高校から野球が上手いという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

山田裕貴さんの父親はプロ野球選手?

山田裕貴さんの父親はプロ野球選手?について、ご紹介していきます。

山田裕貴さんの父親は、山田和利さんといいます。

1984年ドラフト4位中日ドラゴンズやに入団しました。

その後、7年間在籍し、広島東洋カープ5年間、そして最後の現役時代を中日ドラゴンズで過ごしました。

山田裕貴,父親,山田和利,元プロ野球選手山田和利さんの現在は、広島東洋カープ二軍守備・走塁コーチをしています。

なお、選手時代通算成績は、「出場366試合、打率262、打点102、出塁率341」です。

山田和利さんは、俊足を活かした出塁率の高さと打撃力に定評があった選手でしたが、故障が原因で1996年31歳現役引退しました。

1984年入団から1996年引退まで、実に12年間もの間、生き残りが厳しいとされるプロ野球の世界で活躍しています。

スポンサーリンク

山田裕貴さんの母親の職業は?

山田裕貴さんの母親の職業は?について、ご紹介していきます。

山田裕貴さんの母親について、調べてみましたが、父親の元プロ野球選手である山田和利さんとは違い、一般人の方となるので、情報がほとんどありませんでした。

しかし、わずかな情報から、母親が俳優をされている息子さんのことを全力で応援しているというエピソードを見つけました。

2014年、映画初主演となった「ライブ」を鑑賞し、約3年で映画の主演を務めたことを褒め称えていた。
地元の愛知で開催されたイベントには必ず足を運ぶ。

また、山田裕貴さんには、がいますが、ツイッターにて、何かメッセージ性のある絵を兄に送ったり妹が上京した時には一緒に食事をするなど、とも仲が良いようです。

さらに、2014年の「ホットロード」は、父親母親と家族みんなで観たようであり、家族みんなが山田裕貴さんのお仕事を理解し、家族みんなで応援してくれているのだと思います。

山田裕貴さんが、ドラマ映画バラエティ番組など多方面で活躍している背景には、自身の才能や努力の結果ということはもちろんですが、一番身近な家族の応援が大きな力になっているのかもしれませんね。

合わせて読みたい!


山田裕貴さんは中学高校から野球が上手い?

山田裕貴さんは中学高校から野球が上手い?について、ご紹介していきます。

上記の投稿は、山田裕貴さんが中日ドラゴンズ東京ヤクルトスワローズ始球式に、父親である山田和利さんの背番号であった30を背負って参加した時のニュースです。

山田裕貴さんは、野球のユニフォームがとても似合いますが、元プロ野球選手の父親に憧れて、小学校時代中学校時代に野球をしていました。

しかし、中学生の時に「プロ野球選手である父親のレベルから比べて、自分のレベルではプロ野球選手にはなれない」と痛感してしまい、プロ野球選手への道野球を続けること断念してしまいました。

ちなみに、出身高校は、東邦高校という野球の名門であるため、そのまま野球を続けていたら、イケメン高校球児イケメンプロ野球選手として、野球の道で有名になっていたかもしれませんね。

野球の道を断念した後、芸能界への道を選び、突き進んでいくのですが、以下のことが山田裕貴さんの芸能活動をする上で心の支えとなっているそうです。

道は違うけれど、父親が自分のことをプロとして認めてくれている。それが俳優としての原動力となっていると思います。

参考元:LINE NEWS

山田裕貴さんに関して、色々と調べてみましたが、山田裕貴さんが家族想いであり、家族も山田裕貴さんの突き進んでいる道を陰ながら支えているということが分かり、さらにファンになりました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


最後に【父親はプロ野球選手!母の職業は?中学高校から野球上手い?】

山田裕貴さんについて、調べた内容のまとめをご紹介していきます。

山田裕貴さんの父親は、山田和利さんといいます。

1984年ドラフト4位中日ドラゴンズ入団1984年の入団から1996年の引退まで、実に12年間もの間、生き残りが厳しいとされるプロ野球の世界で活躍していました。

山田裕貴さんの母親について、調べてみましたが、一般人なので、情報がほとんどありませんでしたが、息子の映画やイベントには必ず足を運ぶそうです。

また、山田裕貴さんのツイッターにて、何かメッセージ性のある絵を兄に送ったり妹が上京した時には一緒に食事をするなど、とも仲が良いことが分かりました。

そして、2014年の「ホットロード」は、父親母親と家族みんなで観たようであり、家族みんなが山田裕貴さんのお仕事を理解し、家族みんなで応援してくれているのだと思います。

山田裕貴さんは、元プロ野球選手の父親に憧れて、小学校時代中学校時代に野球をしていました。

中学生の時に「プロ野球選手である父親のレベルから比べて、自分のレベルではプロ野球選手にはなれない」と痛感してしまい、プロ野球選手への道野球を続けること断念してしまいました。

今回色々と調べ、山田裕貴さんが家族想いであり、家族も山田裕貴さんの突き進んでいる道を陰ながら支えているという素晴らしい間柄であることが分かりました。

スポンサーリンク