LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

植竹希望選手は、注目の黄金世代の1人として、2022年の「KKT杯バンテリンレディスオープン」でJLPGAツアー初優勝を果たしている89期生の女子プロゴルファーです。

なお、高身長スタイル抜群なので、多くのゴルフファンからかわいいと反響がありますが、妹の愛海なるみさんも美人と言われています。

そんな植竹希望選手と妹の愛海さんについて、妹の愛海さんが美人【画像】Wikiプロフィールまとめ・という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

植竹希望選手の妹の愛海さんが美人【画像】

植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生,妹,植竹愛海植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生,妹,植竹愛海植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生,妹,植竹愛海

上記の画像より、姉妹は可愛らしい雰囲気笑顔が素敵な女性なので、美人と言われる理由に納得です。

ちなみに、姉の希望さんの身長は170cmで、妹の愛海さんの身長は160cmで身長差はありますが、体型はほとんど同じです。

植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生,妹,植竹愛海なお、姉の植竹希望選手のインスタグラムnozoooomi_nonsuke)や妹の植竹愛海さんのインスタグラムnaru_8221)には、上記以外の投稿もあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

また、姉の植竹希望選手は古賀紗理那選手、妹の植竹愛海さんはセキユウティン選手などに似ていると言われているので、美人姉妹ということは間違いないと思います。

スポンサーリンク

姉の植竹希望選手と妹の愛海さんのWikiプロフィールまとめ

下記は、姉の植竹希望選手のWikiプロフィールです。

植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生
名前:植竹 希望(うえたけ のぞみ)
生年月日:1998年7月29日
年齢:24歳(2022年時点)
出身地:東京都
血液型:O型
身長:170cm
体重:59kg
特技:水泳
趣味:読書・映画鑑賞
得意クラブ:サンドウェッジ
所属:サーフビレッジ
マネジメント:ホリプロ

参考元:Wikipedia日本女子プロゴルフ協会

下記は、妹の植竹愛海選手のWikiプロフィールです。

植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生,妹,植竹愛海
名前:植竹 愛海(うえたけ なるみ)

生年月日:2000年12月28日
年齢:22歳(2022年時点)
出身地:東京都
血液型:A型
身長:160cm
体重:–kg
特技:不明

趣味:不明
得意クラブ:ドライバー
所属:日本ウェルネススポーツ大学

参考元:ALBA.NET

植竹姉妹の家族構成は、父親・母親・妹の4人家族です。

姉の植竹希望選手は、4歳から父親の影響でゴルフを始めており、妹の愛海さんは姉の影響5歳からゴルフを始めました。

植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生,妹,植竹愛海ちなみに、姉の植竹希望選手は、2010年の「全国小学生ゴルフ大会 女子の部」で3位タイになるなど、小学生時代から多くの大会でトップ10入りを果たしていました。

植竹姉妹は、女子プロゴルファーを目指して、下記のような学歴を辿っています。

姉の植竹希望選手の学歴

葛飾区立奥戸中学校
日出高等学校

妹の植竹愛海さんの学歴

葛飾区立奥戸中学校
日出高等学校
日本ウェルネススポーツ大学

そして、妹の愛海さんは、2014年の「関東ジュニアゴルフ選手権」で優勝、2018年の「東京都ジュニアゴルフ選手権」で2位・「東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権」で4位タイになるなどの成績を残しています。

なお、妹の植竹愛海さんは、2022年度のプロテストに挑戦されているので、姉妹女子プロゴルファーとして、JLPGAツアーで優勝争いをする日も近いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

植竹希望選手の現在までのゴルフ経歴まとめ

植竹希望選手は、4歳でゴルフを始め、2012・16年の「関東ジュニアゴルフ選手権」で優勝、多くの大会で上位入賞を果たしています。

植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生そして、アマチュア時代からJLPGAツアーへ参戦、2016年の「東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権」で優勝、多くの大会でも上位入賞するなど、プロ転向後の活躍も期待されています。

そんな植竹希望選手の現在までのゴルフ経歴について、プロテスト合格はいつアマチュア時代のゴルフ経歴まとめ・プロ転向後のゴルフ経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

植竹希望選手のプロテスト合格はいつ?

植竹希望選手プロテスト合格日2017年7月28日であり、89期生として9位タイという順位で合格を果たしています。

植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生ちなみに、89期生として合格したのは22名であり、 松田鈴英選手がトップ合格一発合格者11名でした。

植竹希望選手は、この年も屈指のメンバーが揃うプロテストでしたが、1回目のプロテストで見事に合格を果たしています。

なお、合格者の中には、JLPGAツアーで優勝を果たしている新垣比菜選手・勝みなみ選手・淺井咲希選手・小祝さくら選手などがいました。

また、ステップ・アップ・ツアーで優勝を果たしている選手も5名ほどいるので、実力のあるメンバーばかりが揃っていたことが分かります。

そして、プロテスト合格後には、下記のスポンサーがサポートしています。

サーフビレッジ:所属選手
ヤマハ:クラブ
タイトリスト:ボール
ジーフォア:ウェア・シューズ
シームレスサービス:スポンサー
ハウスドゥ:スポンサー
ダイナースクラブ:スポンサー
東京ラスク:スポンサー
bright鍼灸院:スポンサー

上記のように、所属選手契約ゴルフ用品のスポンサー契約スポンサー契約をしており、サポート体制は磐石であると思うので、今後の植竹希望選手の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

植竹希望選手のアマチュア時代のゴルフ経歴まとめ

2010年「JJGAロレックスジュニアゴルフチャンピオンシップ2位タイ
2010年「JJGAタイガー魔法瓶カップ決勝大会2位
2011年「関東ジュニアゴルフ選手権2位
2011年「JJGA石川遼カップ決勝大会」2位
2012年「日神カップ2位タイ
2012年「関東ジュニアゴルフ選手権優勝
2013年「関東女子ゴルフ選手権」3位タイ
2013年「スタジオアリス女子オープン」19位タイ
2014年「東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権優勝
2015年「関東女子ゴルフ選手権」3位
2015年「東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権2位タイ
2015年「ポンタレディース」16位
2015年「富士通レディース」17位
2016年「関東ジュニアゴルフ選手権優勝
2016年「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」16位タイ

上記は主な大会での成績ですが、2012・16年の「関東ジュニアゴルフ選手権」で優勝、その他の大会でもトップ10入りを果たす活躍をしていました。

植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生さらに、2014年の「東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権」で優勝、JLPGAツアーにも3試合出場を果たし、同年代のアマチュアの中ではトップクラスの実力を誇っていました。

上記のようなアマチュア時代の活躍からプロ転向後の活躍も期待されています。

スポンサーリンク

植竹希望選手のプロ転向後の経歴まとめ

2017年(1年目)

【LPGAツアー】
出場1戦・予選落ち1試合
予選突破0試合中の最高順位

【ステップ・アップ・ツアー】
出場6戦・予選落ち2試合・棄権1試合・トップ10入り1試合
予選突破3試合中の最高順位
「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」9位タイ

【その他】
「LPGA新人戦 加賀電子カップ」10位タイ

2018年(2年目)

【LPGAツアー】
出場5戦・予選落ち5試合・トップ10入り0試合
予選突破0試合中の最高順位

【ステップ・アップ・ツアー】
出場12戦・予選落ち6試合・棄権1試合・トップ10入り0試合
予選突破5試合中の最高順位
「九州みらい建設グループレディースゴルフトーナメント」30位タイ

2019年(3年目)

【LPGAツアー】
出場2戦・予選落ち2試合・トップ10入り0試合
予選突破0試合中の最高順位

【ステップ・アップ・ツアー】
出場20戦・予選落ち8試合・トップ10入り1試合
予選突破12試合中の最高順位
「京都レディースオープン」2位タイ

2020-21年(4年目)

【LPGAツアー】
出場40戦・予選落ち6試合・棄権1試合・トップ10入り7試合
予選突破33試合中の最高順位
「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」2位タイ

【ステップ・アップ・ツアー】
出場5戦・予選落ち0試合・トップ10入り5試合
予選突破5試合中の最高順位
「rashink×RE SYU RYU/RKBレディース」優勝

2022年(5年目)

【LPGAツアー】
出場25戦・予選落ち4試合・棄権1試合・トップ10入り6試合
予選突破20試合中の最高順位
「KKT杯バンテリンレディスオープン」優勝

植竹希望選手は、プロ転向後3年目に出場したステップ・アップ・ツアー「京都レディースオープン」で2位タイという成績を残しています。

植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生そして、2020年のrashink×RE SYU RYU/RKBレディース」でステップ・アップ・ツアー初優勝、2021年のJLPGAツアー「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」で2位タイに入る活躍を続けています。

植竹希望,ゴルフ,女子プロ,89期生その後、2022年KKT杯バンテリンレディスオープン」にて、2時間(6ホール)に渡るプレーオフを制して、黄金世代10人目のJLPGAツアー初優勝を果たしています。

そんな89期生の中でも活躍を期待されている植竹希望選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク