LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

上野菜々子選手は、注目のミレニアム世代の1人として活躍を続ける93期生の女子プロゴルファーです。

なお、アマチュア時代から「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」で2位、「大王製紙エリエールレディースオープン」で3年連続ベストアマチュアを獲得するほどの活躍をしていました。

そんな上野菜々子選手について、出身中学高校学生時代の画像まとめ現在までのゴルフ経歴まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

上野菜々子選手の出身中学校はどこ?

上野菜々子選手の出身中学校は、枚方市立津田中学校です。

この中学校は、1947年に創設された大阪府枚方市津田北町一丁目にある男女共学の公立中学校です。

上野菜々子,ゴルフ,女子プロ,93期生下記は、上野菜々子選手の中学時代の主なゴルフ経歴の一覧です。

2014年「日本女子オープンゴルフ選手権競技」CUT 116位
2015年「日本ジュニアゴルフ選手権競技」11位タイ

ちなみに、小学生時代から「JJGAカルビージャパンジュニアオールスター」で3位、「スタジオアリス女子オープンジュニアカップ」で優勝を果たす活躍をしていました。

なお、2012〜13年陸上短距離にゴルフだけではなく専念していましたが、2014年の「日本女子オープンゴルフ選手権競技」に出場を果たしています。

スポンサーリンク

上野菜々子選手の出身高校はどこ?

上野菜々子選手の出身高校は、東海大学付属大阪仰星高等学校です。

この高校は、1983年創立の大阪府枚方市にある男女共学の高等学校です。

なお、スポーツ強豪校としても有名であり、ラグビー部・サッカー部・硬式野球部から多くのプロ選手を輩出しています。

上野菜々子,ゴルフ,女子プロ,93期生下記は、高校時代の主なゴルフ経歴の一覧になります。

2017年「関西ジュニアゴルフ選手権」3位タイ
2017年「日本高等学校ゴルフ選手権」4位
2017年「日本ジュニアゴルフ選手権競技」7位タイ
2018年「関西ジュニアゴルフ選手権優勝
2018年「日本ジュニアゴルフ選手権競技」17位タイ

上記のように、高校時代からゴルフ部に所属して素晴らしい成績を残しています。

なお、2017年の「関東高等学校ゴルフ選手権」で4位、2018年の「関西ジュニアゴルフ選手権」で優勝を果たす活躍を続けています。

ちなみに、上野菜々子選手は、仰星高校初のプロゴルファーであり、後輩たちの目標となっています。

スポンサーリンク

上野菜々子選手のWikiプロフィール

下記は、上野菜々子選手のWikiプロフィール情報です。

上野菜々子,ゴルフ,女子プロ,93期生
名前:上野 菜々子(うえの ななこ)
生年月日:2000年7月20日
年齢:22歳(2022年時点)
出身地:大阪府枚方市
血液型:A型
身長:163cm
体重:57kg
特技:陸上
趣味:映画鑑賞・ショッピング・カラオケ
得意クラブ:アイアン全般
所属:コーナン
マネジメント:株式会社MRT

参考元:Wikipedia日本女子プロゴルフ協会

上野菜々子選手の家族構成は、父親の真一さん・母親・姉の4人家族です。

ちなみに、石川遼選手の影響で7歳からゴルフを始めました。

ちなみに、2018年の「大王製紙エリエールレディスオープン」に出場した際は、父親がキャディーを務めており、家族が全力でサポートしているのだと思います。

スポンサーリンク

上野菜々子選手の現在までのゴルフ経歴まとめ

上野菜々子選手は、7歳から石川遼選手の影響でゴルフを始め、小学生時代から「スタジオアリス女子オープンジュニアカップ」で優勝を果たしています。

上野菜々子,ゴルフ,女子プロ,93期生そして、アマチュア時代から、「関西女子アマチュアゴルフ選手権」や「関西ジュニアゴルフ選手権」で優勝、「大王製紙エリエールレディースオープン」で3年連続ベストアマチュアを獲得するなど、プロ転向後の活躍も期待されています。

なお、古江彩佳選手・安田祐香選手・吉田優利選手・西村優菜選手・後藤未有選手・小倉彩愛選手などの黄金世代の2学年下に当たるミレニアム世代1人としても注目されています。

そんな上野菜々子選手の現在までのゴルフ経歴について、プロテスト合格はいつアマチュア時代のゴルフ経歴まとめ・プロ転向後のゴルフ経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

上野菜々子選手のプロテスト合格はいつ?

上野菜々子選手のプロテスト合格日は2021年6月25日であり、16位タイという順位で合格、2021年6月26日から93期生として入会を果たしました。

上野菜々子,ゴルフ,女子プロ,93期生なお、93期生として合格したのは22名であり、佐久間朱莉選手がトップ合格を果たしました。

上野菜々子,ゴルフ,女子プロ,93期生上野菜々子選手は、2021年度も屈指のメンバーが揃うプロテストでしたが、2回目の最終プロテストでの合格を果たしています。

ちなみに、合格者の中には、JLPGAツアーで優勝を果たしている岩井千怜選手がいました。

また、ステップ・アップ・ツアーで優勝を果たしている選手も7名ほどいるので、実力のあるメンバーばかりが揃っていたことが分かります。

そして、プロテスト合格後には、以下のスポンサーがサポートしています。

コーナン:所属選手
PINGクラブ
ダンロップボール
PING APPAREL:ウェア

上記のように、所属選手契約ゴルフ用品・ウェア用品の契約をしており、サポート体制は磐石であると思うので、今後の上野菜々子選手の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

上野菜々子選手のアマチュア時代のゴルフ経歴まとめ

2016年「ヨコハマタイヤPRGRレディース」CUT 96位タイ
2016年「大王製紙エリエールレディースオープン」41位タイベストアマチュア

2017年「関西女子アマチュアゴルフ選手権優勝
2017年「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」14位タイ
2017年「日本女子オープンゴルフ選手権競技」CUT 70位タイ
2017年「大王製紙エリエールレディースオープン」33位タイベストアマチュア
2018年「関西女子アマチュアゴルフ選手権」3位タイ
2018年「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技2位
2018年「大王製紙エリエールレディスオープン」7位タイベストアマチュア
2019年「関西女子アマチュアゴルフ選手権2位
2019年「Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament」4位タイ
2019年「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」23位タイ
2021年「オーガスタナショナル女子アマ」19位タイ

上記は主な大会での成績ですが、「関西女子アマチュアゴルフ選手権」で優勝関西女子アマチュアゴルフ選手権」・「日本女子アマチュアゴルフ選手権」で2位、その他の大会でもトップ10入りを果たす活躍をしていました。

上野菜々子,ゴルフ,女子プロ,93期生さらに、「大王製紙エリエールレディスオープン」では、3年連続ベストアマチュアを獲得、同年代のアマチュアの中でもトップクラスの実力を誇っていました。

上野菜々子,ゴルフ,女子プロ,93期生ちなみに、2個上の渋野日向子選手とは同じ青木翔コーチに習っていたことがあるので、とても仲良しです。

上記のようなアマチュア時代の活躍からプロ転向後の活躍も期待されています。

スポンサーリンク

上野菜々子選手のプロ転向後の経歴まとめ

2020-21年(1年目)

【LPGAツアー】
出場4戦・予選落ち1試合・棄権1試合・トップ10入り0試合
予選突破2試合中の最高順位
「住友生命Vitalityレデイス 東海クラシック」51位タイ

【ステップ・アップ・ツアー】
出場4戦・予選落ち0試合・トップ10入り2試合
予選突破4試合中の最高順位
「カストロールレディース」2位
「日台交流うどん県レディースゴルフトーナメント」2位

【その他】
「JLPGA新人戦 加賀電子カップ」14位タイ

2022年(2年目)

【LPGAツアー】
出場28戦・予選落ち11試合・トップ10入り0試合
予選突破17試合中の最高順位
「ニチレイレディス」13位タイ

上野菜々子選手は、プロ転向後の1年目から、ステップ・アップ・ツアー「カストロールレディース」と「日台交流うどん県レディースゴルフトーナメント」で2位という素晴らしい成績を残しています。

上野菜々子,ゴルフ,女子プロ,93期生そして、まだステップ・アップ・ツアーやJLPGAツアーでの初優勝は果たしていませんが、2022年ニチレイレディス」では13位タイに入る活躍を続けており、プロ初優勝も期待されています。

そんな93期生の中でも活躍を期待されている上野菜々子選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク