ハーフ東谷玲衣奈の中学高校【画像】学生時代のバレー経歴まとめ!

東谷玲衣奈」選手は、「デンソー・エアリービーズ」所属の女子バレーボール選手であり、2019年に「全日本女子代表」に初選出されたウイングスパイカーです。

そんな「東谷玲衣奈」選手は、学生時代から「全日本ジュニア代表」に選出されるほど才能ある選手であり、2017年には、日本代表として、ビーチバレー国際大会にも出場を果たす異例の経歴を持っています。

今回は、オリンピック出場を期待されている「東谷玲衣奈」選手について、出身中学高校学生時代のバレー経歴まとめWikiプロフィールというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ!


スポンサーリンク

ハーフ東谷玲衣奈選手の出身中学高校はどこ?

東谷玲衣奈選手の出身中学高校はどこ?」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、東谷玲衣奈選手の出身中学高校の一覧となります。

八王子実践中学校
八王子実践高等学校

ちなみに、東谷玲衣奈選手は、小学校時代は、「SAMURAI Legendタイガース」に所属し、総監督を務める元日本代表の「熊田康則」さんの指導を受けていました。

東谷玲衣奈,バレーボール,全日本女子,東谷玲衣奈,バレーボール,全日本女子,熊田康則

なお、「熊田康則」さんは、ビーチバレー選手としても「ビーチバレージャパン」で優勝2回、「国体」で優勝1回を果たしており、指導者になる前の現役時代には、下記のような素晴らしい成績を残しています。

【全日本男子代表】
「ソウルオリンピック」(1988年)
「世界選手権」(1986年)
「ワールドカップ」(1985年)

【獲得タイトル】
「第13回ユニバーシアード」優勝
「日本リーグ」優勝3回
「黒鷲旗全日本選手権」優勝2回

【個人賞】
「敢闘賞」1回
「黒鷲賞」1回
「ベスト6」6回

参考元:Wikipedia

そんな優秀な監督のチームで指導を受け、中高一貫教育の「八王子実践中学校・高等学校」に進学しました。

東谷玲衣奈,バレーボール,全日本女子,中学,高校,八王子実践

この学校は、1926年創立の東京都八王子市台町一丁目にある男女共学私立学校です。

そして、部活動が盛んな学校ではありますが、女子バレーボール部は、史上初3冠を達成、「関東大会」に56年連続出場を果たしており、「春高バレー」の強豪校として有名です。

そんな女子バレーボール部が、今までに獲得した全国タイトルは、合計16回春高バレー5回・国体6回・インターハイ5回)となります。

なお、卒業生には、「全日本女子代表」として活躍した下記の選手の他にも15名以上選手を輩出しています。

大林素子」さん、「高橋有紀子」さん、「多治見麻子」さん、「狩野舞子」さん

参考元:Wikipedia

そんな強豪校の中で、東谷玲衣奈選手は、中学時代からエースとして活躍す、高校時代には、「全日本ジュニア代表」に選出されています。

スポンサーリンク

ハーフ東谷玲衣奈選手の学生時代のバレー経歴まとめ

東谷玲衣奈選手の学生時代のバレー経歴まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

東谷玲衣奈選手は、小学2年生からバレーボールを始めていますが、2012年の「全国スポーツ少年団バレーボール交流大会」にて、キャプテンとして、準優勝に貢献しました。

なお、所属していた「SAMURAI Legendタイガース」は、創立2年目でしたが、全国大会2位になるほどの実力があり、東谷玲衣奈選手が小学生時代から才能溢れる選手であったことが分かります。

東谷玲衣奈,バレーボール,全日本女子,学生時代,経歴

その後、「八王子実践」に在籍していた中学高校時代には、下記のような成績を残しています。

【中学時代】
2014年「全国都道府県対抗中学バレーボール大会」ベスト4・優秀選手賞

【高校時代】
2016年「春高バレー」準優勝優秀選手賞

【国際大会】全日本ジュニア代表
2016年「アジアジュニア選手権」準優勝ベストアウトサイドスパイカー賞

上記のように、東谷玲衣奈選手は、強豪校の中で中学時代からエースとして活躍をしており、素晴らしい成績を残しています。

東谷玲衣奈,バレーボール,全日本女子,学生時代,経歴

また、2016年の「春高バレー」では、「下北沢成徳高等学校」に破れ、準優勝でしたが、「黒後愛」選手と共に「優秀選手賞」を受賞し、「全日本ジュニア代表」としても一緒に国際大会で活躍しています。

もっと詳しく知りたい人へ!

そして、高校2年生の時に、「菊地実結」選手とペアを組み、ビーチバレー国際大会となった「アジアU-21女子ビーチバレーボール選手権」に出場を果たしています。

なお、出場19チーム中11位悔しい想いをしていますが、インタビューで下記のように語っています。

ビーチバレーボールはとても奥の深いスポーツで、試合を重ねていくにつれてどんどん楽しくなっていった。結果は決していいものではなかったが、このような機会を与えて頂きとても嬉しく思う。インドアのバレーボールに戻っても、この貴重な経験を生かして頑張っていきたい。

参考元:公益財団法人日本バレーボール協会

東谷玲衣奈,バレーボール,全日本女子,学生時代,経歴

その後、2017年12月に、Vプレミアリーグの「デンソー・エアリービーズ」に、「佐野 伶奈(さの れいな)」選手と共に入団内定選手となり、2018年11月10日に、途中出場でしたが、2得点をあげてVプレミアデビューを果たしました。

合わせて世みたい!


ハーフ東谷玲衣奈選手のWikiプロフィール

東谷玲衣奈選手のWikiプロフィール」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、東谷玲衣奈選手の簡単なWikiプロフィール情報となります。

東谷玲衣奈,バレーボール,全日本女子

名前:東谷 玲衣奈(とうこく れいな)
愛称:レイナ
生年月日:1999年4月28日
国籍:ガーナ/日本
出身地:神奈川県座間市
血液型:B型
身長:178cm
体重:77kg
趣味:買い物、お笑い番組を観ること
特技:ぬり絵
ポジション:ウイングスパイカー
所属:デンソー・エアリービーズ

参考元:WikipediaバレーボールVリーグオフィシャルサイト

東谷玲衣奈選手の家族構成は、ガーナ人父親日本人母親2歳下の弟4人家族であり、ハーフとなります。

なお、家族に関する詳しく情報はあまりませんでしたが、母親職業看護師であり、東谷玲衣奈選手の1つ看護師があったようで、母親尊敬しているのではないかと思います。

そんな東谷玲衣奈選手は、「家族・友人・人脈」を宝物と語っており、下記のインスタグラムでは、友人チームメイトと楽しそうにしている投稿が多く、とても明るい性格であることが分かります。

2019年に「全日本女子代表」に初選出され、同じハーフの「宮部愛芽世」選手や「宮部藍梨」選手たちと「東京オリンピック」、もしくは、2024年の「パリオリンピック」への出場が期待されているので、今後の活躍が楽しみだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「東谷玲衣奈」選手について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

東谷玲衣奈選手は、ガーナ人父親日本人母親を持つハーフとなります。

そんな東谷玲衣奈選手は、小学2年生からバレーボールを始め、出身中学高校は下記となります。

八王子実践中学校
八王子実践高等学校

なお、学生時代には、下記のような成績を残しています。

【小学校時代】
2012年「全国スポーツ少年団バレーボール交流大会」準優勝

【中学時代】
2014年「全国都道府県対抗中学バレーボール大会」ベスト4・優秀選手賞

【高校時代】
2016年「春高バレー」準優勝優秀選手賞

【国際大会】全日本ジュニア代表
2016年「アジアジュニア選手権」準優勝ベストアウトサイドスパイカー賞

上記のように、強豪校の中で中学時代からエースとして活躍をしていました。

また、高校2年生の時に、ビーチバレー国際大会となった「アジアU-21女子ビーチバレーボール選手権」に出場を果たしています。

その後、2017年12月に、Vプレミアリーグの「デンソー・エアリービーズ」に、入団内定選手となりました。

そして、2019年に「全日本女子代表」に初選出され、「東京オリンピック」、もしくは、2024年の「パリオリンピック」への出場が期待されているので、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク