谷口真由美の出身高校大学の学歴まとめ!若い頃の可愛い画像も調査!
LINEで送る
Pocket

谷口真由美さんは、2019年3月まで大阪国際大学准教授を務めていた法学者であり、サンデーモーニングなどのコメンテーターとしても活躍しています。

なお、全日本おばちゃん党代表を務めたり、マルチな活躍をしていますが、出身高校大学などの学歴についても注目されています。

そんな谷口真由美さんについて、出身高校大学の学歴まとめ若い頃の可愛い画像まとめWikiプロフィールまとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

谷口真由美さんの出身高校大学の学歴まとめ

下記は、谷口真由美さんの出身高校大学などの学歴の一覧です。

大阪府立清水谷高等学校
大阪国際大学政経学部
和歌山大学大学院経済学科研究科:修士
大阪大学大学院国際公共政策研究科:博士

上記の学歴より、谷口真由美さんが優秀な人物であることが分かります。

さらに、客員研究員・非常勤講師・専任講師・准教授など、様々な役職を経験しており、法学のエキスパートであることも分かります。

そんな谷口真由美さんの出身高校大学について、どのような学校なのかを知ってもらうため、ご紹介していきます。

谷口真由美,法学者,コメンテーター

谷口真由美さんの出身高校はどんな高校?

大阪府立清水谷高等学校は、1901年創立の大阪府大阪市天王寺区にある男女共学の公立高等学校です。

この高校の特徴として、50分授業で7時限目があり、他校と比べて授業時間が長く確保されています。

そして、毎年約300名の生徒のうち20名ほどが国公立大学に進学、200名ほどが関西を中心とした難関私立大学に進学しており、偏差値62もある進学校となります。

なお、この高校の卒業生には、政治家社長弁護士大学教授医師など様々な分野で活躍している人物がたくさんいます。

ちなみに、俳優の豊川悦司さんもこの高校の卒業生です。

谷口真由美,法学者,コメンテーター,出身高校,同じ,豊川悦司

谷口真由美さんの出身大学はどんな大学?

大阪国際大学は、1988年に設置された大阪府守口市藤田町にある私立大学です。

なお、谷口真由美さんは、2011年4月から母校のグローバルビジネス学部准教授に就任、2019年3月に退職するまで講義を担当していました。

ちなみに、卒業生には、元女子プロバレーボール選手の木村沙織さんがいます。

谷口真由美,法学者,コメンテーター,出身大学,同じ,木村沙織そして、大学卒業後は、1999年3月に和歌山大学大学院経済学研究科修士課程、2004年3月に大阪大学大学院国際公共政策研究科博士課程を修了しました。

スポンサーリンク

谷口真由美さんの若い頃のかわいい画像まとめ

谷口真由美,法学者,コメンテーター,若い頃,かわいい谷口真由美,法学者,コメンテーター,若い頃,かわいい谷口真由美,法学者,コメンテーター,若い頃,かわいい

上記の画像より、学生時代などの画像がなかったため、比較はできませんが、どちらかというとキレイ系の顔立ちをしていると思います。

なお、大阪府大阪市出身ということで、特技ヒョウ柄のモノを探すことと答えており、3枚ともヒョウ柄の洋服を着ていることが分かります。

そして、大阪出身ならではだと思いますが、2012年9月には、全日本おばちゃん党(インターネット上で活動する女性グループ)を創設、Facebookにて党員5,000人代表代行を務めています。

なお、この団体は、おばちゃん目線イコール生活者目線で社会の弱いものの立場から世の中をみることを心がけており、下記のようなポリシーの元、講演なども開催しています。

全ての男性がオッサンという事ではない。オッサンとは、上から目線で独善的な男性、自分の意見を押し付けて、人の話を聞かない。そんな、オッサン中心になってしまっている、今の政治や社会のおかしいところに「おばちゃん目線」で愛のあるツッコミを入れます。

参考元:株式会社三桂

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


谷口真由美さんのWikiプロフィールまとめ

谷口真由美,法学者,コメンテーター
名前:谷口真由美(たにぐちまゆみ)
生年月日:1975年3月6日
年齢:45歳(2020年時点)
出身地:大阪府大阪市
血液型:A型
身長:不明
趣味:子供の匂いを嗅ぎながら寝ること
特技:ヒョウ柄のモノを探すこと
職業:法学者、講師、コメンテーター
所属:三桂

参考元:Wikipedia株式会社三桂

谷口真由美さんの家族構成は、父親・母親・兄の4人家族です。

谷口真由美,法学者,コメンテーター,家族そして、父親は元ラグビー選手であり、引退後から近鉄ラグビー部コーチに就任したため、6歳16歳まで寮内で家族ラグビー部の選手と一緒に生活していました。

なお、谷口真由美さんは、当時のことについて、インタビューで下記のように語っています。

父は元・近鉄の選手で、引退後にコーチを引き受けてくれないかと言われて、受けました。私が小学校の時でした。ただ近鉄の寮は当時、花園ラグビー場の敷地内にあったんです。それで父がコーチ、母が寮母。そこで、大きいお兄ちゃんたちと、毎日、過ごしていました。1981年から1991年までのことです。

参考元:J-CASTニュース

上記の経験より、ラグビーへの想いが深く、2018年には、ラグビーのラジオレギュラー出演したり、ラグビー関連のトークショーシンポジウムにも参加しています。

谷口真由美,法学者,コメンテーター,若い頃,かわいいさらに、2019年1月からは、アザレア・セブン(女子7人制ラグビーチーム)の理事に就任、2019年6月からは、日本ラグビーフットボール協会理事も務めています。

そのため、谷口真由美さんは、法学者・非常勤講師・コメンテーター・ラグビー協会の理事という似ても似つかないジャンルマルチに活躍しています。

スポンサーリンク