貴景勝の嫁の有希奈が綺麗【画像】結婚の馴れ初めやモデル時代も紹介
LINEで送る
Pocket

千賀ノ浦部屋所属の貴景勝は、2018年11月場所にて、21世紀では史上初小結での幕内初優勝、2020年11月場所でも2度目幕内優勝を果たしています。

さらに、11月場所前に元モデルの千葉有希奈さんと結婚していたことも発表し、多くの相撲ファンから祝福されていました。

そんな貴景勝について、嫁の有希奈さんが綺麗【画像】嫁の有希奈さんの母親も綺麗【画像】・結婚の馴れ初め・嫁の有希奈さんのモデル時代という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

貴景勝の嫁の有希奈さんが綺麗【画像】

貴景勝の嫁は、千葉有希奈さんといい、元オスカープロモーション所属のモデルでした。

貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈,綺麗貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈,綺麗貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈,綺麗上記の画像より、端正な顔立ちかわいいよりも綺麗という言葉が似合いますし、元モデルということだけあって、スラリとした抜群のプロポーションだと思います。

そんな千葉有希奈さんは、知念里奈さん・橋本マナミさん・山崎紘菜さんなどに似ていると言われており、綺麗な女性であることは間違いないと思います。

スポンサーリンク

貴景勝の嫁の有希奈さんの母親も綺麗【画像】

嫁の千葉有希奈さんの家族構成は、父親の千葉勝彦さん・母親の清田栄美さん・6歳上の姉4人家族です。

父親は、元大関の北天佑であり、その端整なマスクから女性から人気があるアイドル力士でした。

貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈,綺麗,母親,清田栄美母親は、北天佑の初恋の女性であり、出会いから10年もの初恋を実らせ、1986年に結婚を発表しています。

貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈,綺麗,母親,清田栄美上記の結婚発表時の画像より、母親も端正な顔立ちで笑顔が素敵な美人であることが分かります。

なお、力士仲間の若嶋津の妻である高田みづえさんが、初めて北天佑に会いに行った時に、栄美さんを見て「すごくきれいな女性」とその美貌に驚いたというエピソードもあります。

ちなみに、夫の貴景勝の母親である佐藤純子さんも相撲界で注目される美人女性です。

もっと詳しく知りたい人へ!

貴景勝と嫁の有希奈さんの結婚の馴れ初めは?

貴景勝と千葉有希奈さんは、2020830日に婚約を発表、202011月場所前に入籍していたことを発表し話題となりました。

そんな2人の馴れ初めは、20202月の「ジャンクスポーツ」での共演だと言われています。

貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈,綺麗,馴れ初めなお、201711月発売の「相撲ファン」で表紙を千葉有希奈さんが担当、貴景勝がロングインタビューを担当しているので、この時なのではないかとも言われています。

貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈,綺麗,馴れ初めちなみに、千葉有希奈さんは、お酒が強くて誰とでもうまく接することができるタイプであり、相撲関連の仕事をしていたので、お互い昔から面識はあったのかもしれません。

そして、入籍を決めた理由は「純粋に一緒に頑張っていきたいと思ったから」と語っており、プロポーズの言葉については明かしていません。

相撲の話しは基本しない。自分が一番分かっているので。食事の面とかそういうものでいろいろやってくれてます。

参考元:スポニチ Sponichi Annex

なお、上記のように、嫁の有希奈さんは、モデルの仕事を辞め、夫のサポートに専念しているようなので、今後の横綱への昇進も期待しています。

スポンサーリンク

貴景勝の嫁の有希奈さんのモデル時代は?

貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈
名前:千葉有希奈(ちばゆきな)

本名:佐藤有希奈(さとうゆきな)
生年月日:1992年8月13日
年齢:29歳(2021年時点)
出身地:北海道室蘭市
血液型:O型
身長:165cm(推定)
趣味:-
元所属:オスカープロモーション

参考元:Wikipedia

千葉有希奈さんは、2019年頃に退社するまでオスカープロモーションに所属し、ウェディングドレスや企業のモデルを中心に活動していました。

貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈,綺麗,モデル時代貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈,綺麗,モデル時代貴景勝,相撲,力士,嫁,千葉有希奈,綺麗,モデル時代なお、上記の画像にも一緒に写っている父親の力士仲間だった若嶋津の娘のアイリさんとは仲良しであり、雑誌の相撲ファンジャンクスポーツ相撲関連のイベントなどで共演を果たしています。

ちなみに、夫の貴景勝は嫁の有希奈さんのことを下記のように語っており、とても大切な存在であることが分かります。

勝負の世界にいる私にとって常に相撲に集中できるよう、いつも私のことを第一に考えてくれ、どんな時も変わらず明るく接してくれるその存在に何度も救われました。そして、この人とともにずっと人生を歩んでいきたいと思いました。

参考元:デイリー

スポンサーリンク