竜電の嫁が綺麗【画像】結婚の馴れ初めとプロポーズの言葉を紹介!
LINEで送る
Pocket

高田川部屋所属の竜電は、2006年3月場所初土俵を踏み、2018年1月場所から入幕を果たした注目の日本人力士1人です。

そして、2019年1月1日婚約発表を行い、多くの相撲ファンから祝福を浴びている一方、嫁が綺麗という多くの反響がありました。

そんな竜電について、嫁が綺麗【画像】結婚の馴れ初めとプロポーズの言葉Wikiプロフィールまとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

竜電の嫁が綺麗【画像】

竜電,相撲,力士,嫁,綺麗竜電,相撲,力士,嫁,綺麗竜電,相撲,力士,嫁,綺麗上記の画像の一覧から、確かに噂通りで、竜電綺麗な女性だと思います。

竜電は、女優の竹内結子さんや元モーニング娘の石川梨華さんに似ていると言われています。

もっと詳しく知りたい人へ!

そして、竜電出会った当時から綺麗だな好印象を持っていました。

さらに、上記の画像の一覧からも分かりますが、婚約発表の会見で、竜電始終にこやかで幸せそうな表情だったようです。

なお、相撲界では美人金星と表現するそうですが、竜電は「大金星を獲得した」ということになると思います。

また、会見で「結婚して運気が上がれば」と語り、土俵でも未経験の「横綱からの金星を上げたい」と今後の目標を掲げていました。

スポンサーリンク

竜電と嫁の結婚の馴れ初めとプロポーズの言葉は?

竜電は、福丸 麻惟ふくまる ゆい)さんといい、鹿児島県出身です。

竜電よりも5歳年上姉さん女房であり、看護師をしています。

そんな2人出会いのきっかけは、2015年4月知人の紹介でした。

第一印象は、きれいだな好印象を抱いていました。

竜電,相撲,力士,嫁,綺麗,結婚そして、出会いから1~2ヶ月後交際を開始しています。

交際当時は、十両から序ノ口まで番付を落とした時期でした。

しかし、竜電は「近くで支えてもらえた。」と苦しい時期二人三脚で乗り越えたてきたと語っています。

さらに、下記のように、内面にも惹かれていったことを語っています。

気が利くし頭がいい。自分には持っていないものを持っている。

参考元:日刊スポーツ

気になるプロポーズの言葉ですが、明確な言葉はなかったようです。

竜電は、結婚の経緯を下記のように語っています。

再び、関取に上がって2年近くたって、そろそろかなという感じで自然と。

参考元:日刊スポーツ

なお、婚約指輪は、懸賞を含む給料2~3か月分1カラットダイヤモンドの指輪のようです。

そして、2人はお互いを「麻惟ちゃんではなく、麻惟ちゃ」、「竜電関なので、おでんくん」と呼び合っているそうです。

ちなみに、できちゃった婚ではないようであり、「子どもは1人は欲しい。」と仲良く声をそろえてインタビューに応えていました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


竜電のWikiプロフィールまとめ

竜電は、2006年3月場所初土俵から2018年1月場所入幕までに、なかなか番付を上げることができない苦しい時期がありました。

しかし、入幕後初場所敢闘賞を受賞し、新入幕での二桁勝利、および、三賞受賞山梨県出身力士として、初めての快挙を達成しています。

そんな竜電について、どのような力士なのかを知ってもらうため、Wikiプロフィール現在までの経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

竜電,相撲,力士

竜電のWikiプロフィール

竜電,相撲,力士

名前:竜電 剛至(りゅうでん ごうし)
本名:渡邊 裕樹(わたなべ ゆうき)
愛称:ナベ・ワタ
生年月日:1990年11月10日
年齢:30歳(2020年時点)
出身地:山梨県甲府市
血液型:AB型
身長:190cm
体重:152cm
好物:信玄餅
得意技:モロ差し・寄り
所属:高田川部屋

参考元:Wikipedia日本相撲協会公式サイト

竜電家族構成は、父親母親2人の兄5人家族です。

なお、雷電という四股名は、出身校竜王中雷電爲右エ門から取ったものです。

また、高田川部屋親方の「男の中の男になれ。」という言葉に胸を打たれ、中学3年生の夏に、相撲界への入門決意しているため、高校には通っていません。

スポンサーリンク

竜電の現在までの経歴まとめ

竜電は、2人の兄の影響小学1年生から柔道を始めました。

竜電,相撲,力士,柔道小学校卒業後は、柔道の強豪であった甲斐市の竜王中学校に進学し、柔道に取り組んでいます。

中学2年生の時に、柔道部の同級生をスカウトするために、やってきた当時の千田川親方に出会い、勧誘されました。

竜電,相撲,力士,親方竜電は、中学3年生県大会優勝するほどの柔道の実力がありました。

そんな竜電相撲界を選んだ理由を下記のように語っています。

兄は結構強い選手で有名だったから、自分は「相撲で有名になろう」という気持ちがあった。中学の時は、柔道で伸び悩んでいる感じもあったので。

参考元:Wikipedia

そして、初土俵から2年後2008年3月場所新幕下に昇進を果たしています。

さらに、2012年9月場所に、7戦全勝幕下優勝を決め、新十両への昇進を果たしました。

竜電,相撲,力士,柔道,優勝これは、山梨県出身の関取としては、22年ぶりであり、高田川部屋が、現師匠に代わってからは、関取誕生でした。

その後、怪我に苦しみ、序ノ口まで番付を落とした時期もありましたが、着々と勝ち越しを続けました。

そして、2018年初場所で、山梨県出身力士としては29年10ヶ月ぶり入幕地元の新聞社号外を発行しています。

竜電,相撲,力士,号外下記は、竜電現在までの優勝の一覧です。

【優勝】
「幕下」1回
「三段目」1回
「序二段」1回
「序ノ口」1回

【賞】
「敢闘賞」1回
「技能賞」1回

参考元:Wikipedia日本相撲協会公式サイト

上記のように、順風満帆力士生活ではないですが、コツコツ努力を続け、入幕を果たしたことが分かりました。

そして、生涯のパートナーを手に入れた竜電の今後の初金星幕内での初優勝を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!