大谷翔平の通訳は水原一平【画像】経歴と仲良しエピソードまとめ!
LINEで送る
Pocket

大谷翔平選手は、2018年からMLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属、日本人選手として史上4人目となるア・リーグ最優秀新人選手賞新人王を獲得する活躍をしています。

そして、公私共にサポートする通訳の水原一平さんは、大谷翔平選手と共に大リーグファンから人気があります。

そんな大谷翔平選手と通訳として公私共に支える水原一平さんについて、通訳の水原一平さんはどんな人経歴まとめ仲良しエピソードまとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

大谷翔平選手の通訳の水原一平さんはどんな人?

水原一平さんは、大谷翔平選手の2018年のMLB移籍以降の専属通訳です。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー,通訳,水沢一平水原一平さんは、北海道苫小牧市の出身ですが、6歳の時に父親がロサンゼルスで和食レストランの板前を始めたことがきっかけで渡米しました。

なお、父親は水原英政さんといい、2018年の北海道日本ハムファイターズのアリゾナ春季キャンプでは、大谷翔平選手栗山監督・清宮幸太郎選手に料理を振舞ったそうです。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー,清宮幸太郎そして、水原一平さん年齢は、現在(2020年7月28日時点)は35歳であり、大谷翔平選手とは10歳差です。

ちなみに、渡米後は現地の学校に通っていましたが、日本人メジャーリーガーの草分け的存在である野茂英雄さんの活躍を見て「スポーツの仕事をしたい。」と決意しました。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー,通訳,水沢一平なお、通訳は、基本的に球団との契約が必要となるので、水原一平さんの場合は、ロサンゼルス・エンゼルスと契約を結んでいます。

その理由としては、移動の際のチャーター機に乗れなかったり、ビザが取れなかったり、色々と制限事項があるからのようです。

そして、気になる給料は、あくまでも一般的な金額ですが、月収40万円程度です。

ただし、プレーオフの分配金やチップなどのプラスの収入もあるようですが、オフシーズンの収入は0円になります。

しかし、水原一平さんは、大谷翔平選手専属通訳なので、契約選手からオフシーズンも給料が支払われている可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

大谷翔平選手の通訳の水原一平さんの経歴まとめ

水原一平さんは、成人後に知人の紹介により、ボストン・レッドソックスに所属していた岡島秀樹選手の専属通訳となりました。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー,通訳,水沢一平,経歴その後、2012年から北海道日本ハムファイターズ球団通訳となり、レアード選手やマーティン選手など、助っ人外国人の通訳日常生活のサポートをしました。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー,通訳,水沢一平,経歴そして、2017年に大谷翔平選手がメジャー移籍を表明した後、専属通訳として、ロサンゼルス・エンゼルスに所属しました。

なお、大谷翔平選手の専属通訳になってからの仕事は、インタビュー監督チームメイトとの会話などの単なる通訳だけではなく、下記のようなサポートも含まれています。

キャッチボール相手
メディアの窓口
無免許の大谷翔平選手のドライバー
球場への送迎

なお、プライベートの海外生活でもサポートをしており、練習や試合の時には、約12時間くらい一緒に過ごすことも多く、カップルや夫婦よりも長い時間を共に過ごしています。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー,通訳,水沢一平また、大谷翔平選手の活躍により、通訳の水原一平さんにも注目が集まり、アメリカのFOXスポーツウェストのインタビューを受けることになり、大谷翔平選手への信頼やユーモアたっぷりなエピソードを下記のように語っています。

彼のことはファイターズで5年ほど見ていたので、才能は分かっていました。(中略)やがては適応できると思っていました。実は自分はエンゼルスのファン、というわけではなかったんです。マリナーズのファンでした、イチローがいたので。その頃のエンゼルスはとても強かったです。

参考元:Full-count フルカウント

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


大谷翔平選手と水原一平さんの仲良しエピソードまとめ

大谷翔平選手と専属通訳の水原一平さんは、多くの大リーグファンから「ショウヘイは英語がかなり上手くなったと聞くから、通訳は彼のベストフレンドだね。」などと言われるなど、名コンビと反響があります。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー,通訳,水沢一平,仲良し,エピソードなお、球団クラブハウス管理人のエンゼルさんは「一平が、翔平をすごく助けてくれている。だから精神的にも良い状態だったと思う。」と語っており、通訳以上の縁の下の力持ち的存在であることが分かります。

また、水原一平さんは、大谷翔平選手との日々を下記のように語っており、自然体で居られる相手の存在が大谷翔平選手のメジャー1年目からの大活躍を支えたのだと思います。

第一は、翔平が野球に集中してもらえるような環境を整える。まずはそこですね。普段の時は、ゲームも一緒にしますし、友達感覚というか、そんな感じ

参考元:日刊スポーツ

そして、大谷翔平選手も「とても信頼しており、そういう方にやってもらえるのは僕にとっては心強い。」と語っています。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー,通訳,水沢一平,仲良し,エピソードそんな大谷翔平選手は、2018年2月にロサンゼルスに向かう飛行機の機内アナウンスで下記のような内容を流したそうです。

僕のマネージャーがこの飛行機に乗っています。彼は僕の夢のために日々サポートをしてくれました。急にアメリカに来ることになったため、婚約者の方にプロポーズをする時間もありませんでした。彼女も今、機内にいます。

また、大谷翔平選手は、メジャー1年目のシーズン終了後の食事の席で、水原一平さん新婚旅行用の旅行券プレゼントしたそうです。

上記のことから、大谷翔平選手は、公私共にサポートをしてくれている水原一平さんに対して、深い感謝の気持ちがあるということが分かります。

そんな通訳以上の縁の下の力持ち的存在である水原一平さんと大谷翔平選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク