LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

西川有喜選手は、JTマーヴェラスに所属する女子バレーボール選手であり、2022年から全日本女子代表アウトサイドヒッターとして期待の選手です。

なお、中学高校大学時代からエースとして活躍、「春高バレー」で2連覇、「アジアユース選手権」でも優勝MVPに輝く活躍を続けていました。

そんな西川有喜選手について、出身中学高校でのバレー経歴まとめWikiプロフィール妹の西川吉野さんもバレー選手で可愛い【画像】という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

西川有喜選手の出身高校大学でのバレー経歴まとめ

西川有喜選手は、小学2年生の時に友達から誘われたことがきっかけでバレーボールを始めました。

下記は、出身中学校高校学歴の一覧です。

徳島市昭和小学校(昭和ブライターズ)
徳島市富田中学校

金蘭会高等学校

西川有喜選手の出身中学校の徳島市富田中学校は、1945年創立の徳島県徳島市中昭和町三丁目にある男女共学の公立中学校です。

ちなみに、西川有喜選手は、妹の西川吉野選手と共に同校出身の唯一の女子プロバレーボール選手のようです。

なお、中学時代には「徳島県中学校総合体育大会」で準優勝を果たす活躍をしています。

西川有喜,バレーボール,日本女子代表そして、出身高校の金蘭会高等学校は、1905年創立の大阪府大阪市北区大淀南三丁目にある男女共学の中高一貫校でバレーボール強豪校でもあります。

ちなみに、この中学高校の卒業生には、下記のように多くのプロバレーボール選手がいます。

堀込奈央選手・宮部藍梨選手(ヴィクトリーナ姫路)・小池杏菜選手(日立リヴァーレ)・島田美紅選手(KUROBEアクアフェアリーズ)・水杉玲奈選手・西川吉野選手(東レアローズ)・林琴奈選手・西川有喜選手(JTマーヴェラス)など

参考元:Wikipedia

上記のように多くのプロバレーボール選手を輩出している金蘭会高等学校は、2014年にインターハイ・国体・春高バレー初優勝3冠を達成、秋の国体の大阪選抜で2016年・2017年度で2連覇も果たしています。

さらに、春高バレーでは初優勝以降、6年連続最低ベスト4以上の実績を残し、その内2018年度の大会は2連覇を達成するほどの強豪校として、多くの高校バレーファンから人気があります。

西川有喜,バレーボール,日本女子代表そんな強豪校の中で西川有喜選手は、パワフルなスパイクと堅実な守備が持ち味のオールラウンダーとして、「春高バレー」で2連覇を果たし、「アジアユース選手権」でも優勝MVPに選ばれています。

西川有喜,バレーボール,日本女子代表そんな学生時代の活躍より、2019年1月に神田さくら選手・籾井あき選手と一緒にJTマーヴェラス入団内定を果たしています。

西川有喜,バレーボール,日本女子代表なお、2019-20シーズンは26試合・2020-21シーズンは23試合・2021-22シーズンは33試合に出場を果たしています。

その後、2022年の日本代表登録メンバー初選出2022年の「AVCカップ」で大会初優勝を果たす活躍を続けています。

スポンサーリンク

西川有喜選手のWikiプロフィールまとめ

西川有喜,バレーボール,日本女子代表
名前:西川 有喜(にしかわ ゆき

愛称:ユキ
生年月日:2000年9月4日
年齢:22歳(2022年時点)
出身地:愛知県豊田市
血液型:A型
身長:180cm
体重:63kg
趣味:食べること
特技:テニス
足のサイズ:26.5cm
最高到達点:300cm

ポジション:アウトサイドヒッター
所属チーム:JTマーヴェラス

参考元:Wikipedia西川有喜選手|JTマーヴェラス

西川有喜選手の家族構成は、父親・母親・2人の妹の5人家族であり、3人姉妹の長女です。

なお、小学2年生の時に友達から誘われたことがきっかけでバレーボールを始めていますが、両親が元バレーボール選手とか?ママさんバレーをしているなどの情報は見つかりませんでした。

そして、2歳下の妹の西川吉野さんは、小学1年生の時に姉の西川有喜選手の影響を受けてバレーボールを始め、姉と同じく小学2年生で地元チームの昭和ブライターズに入団しています。

スポンサーリンク

西川有喜選手の妹の西川吉野さんもバレー選手で可愛い【画像】

西川有喜,バレーボール,日本女子代表
名前:西川 吉野(にしかわ よしの

愛称:ヨシノ
生年月日:2002年9月10日
年齢:20歳(2022年時点)
出身地:徳島県徳島市
血液型:不明
身長:179cm
体重:68kg
趣味:韓国ドラマを観ること
特技:なし
足のサイズ:-cm
最高到達点:300cm

ポジション:アウトサイドヒッター
所属チーム:東レアローズ

参考元:Wikipedia西川吉野|東レアローズ女子バレーボール部

なお、下記の画像より、多くのバレーボールファンから美人姉妹と言われることに納得だと思います。

西川有喜,バレーボール,日本女子代表西川有喜,バレーボール,日本女子代表ちなみに、妹の西川吉野選手は、姉と違う東レアローズ入団していますが、学歴は下記のように姉と同じです。

徳島市昭和小学校(昭和ブライターズ)
徳島市富田中学校

金蘭会高等学校

そんな妹の西川吉野選手は、中学3年生の時にキャプテンとして、「徳島総体」で優勝に貢献し、JOCジュニアオリンピックカップ」で最優秀選手賞にあたるJOCJVAカップに選ばれています。

西川有喜,バレーボール,日本女子代表さらに、「春高バレー」でベスト16、「アジアユース選手権大会」で7連覇に貢献してMVPベストアウトサイドスパイカー、「コルナッキアワールドカップ」で初優勝を果たすなど輝かしい活躍を続けていました。

西川有喜,バレーボール,日本女子代表そして、姉と同じような学生時代の活躍より、2021年1月に樫村まどか選手と一緒に東レアローズ入団内定を果たしています。

そんな西川有喜選手と妹の西川吉野選手の今後の全日本女子代表としての姉妹での活躍も楽しみだと思います。

スポンサーリンク