三上博史の若い頃がイケメン【画像】昔のドラマや映画作品まとめ!

三上博史」さんは、1989年に「エランドール賞新人賞」を受賞し、多くの映画ドラマ主演を務める実力派俳優です!

そんな「三上博史」さんは、50代とは思えないルックスですが、多くのファン視聴者から「若い頃がイケメン」と言われているようです!

今回は、実力派俳優である「三上博史」さんについて、若い頃がイケメンWikiプロフィールまとめ昔のドラマや映画作品まとめというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

三上博史さんの若い頃がイケメン

三上博史さんの若い頃がイケメンということについて、下記にご紹介していきます!

下記は、三上博史さんの若い頃画像の一覧となります!

三上博史,俳優,歌手,若い頃,イケメン

三上博史,俳優,歌手,若い頃,イケメン

三上博史,俳優,歌手,若い頃,イケメン

三上博史,俳優,歌手,若い頃,イケメン

上記の画像から、三上博史さんの若い頃は、1990年代には多くのドラマ映画主演を務め、CMにも出演しており、多くのファン視聴者から「若い頃がイケメン」と言われる理由が分かります!

なお、三上博史さんは、多くのファン視聴者から、下記の芸能人似ていると言われています!

真田広之」さん、「ナスD」さん、「窪塚洋介」さん

上記のように、三上博史さんは、若い頃からイケメンですが、現在でも50代とは思えないルックス大人の魅力溢れるセクシーな男性だと思うので、今後の映画ドラマでの活躍が楽しみだと思います!

スポンサーリンク

三上博史さんのWikiプロフィールまとめ

三上博史さんのWikiプロフィールまとめということについて、下記にご紹介していきます!

三上博史さんは、俳優生活40年以上であり、多くの映画ドラマ舞台主演を務めるベテランという立ち位置です!

しかし、自己評価について、下記のようにインタビューで語っています!

謙虚ぶるわけではないけれど、自分ではまだまだ中堅だと思っているから。年齢的にはベテランの領域だけれど、何もやっていない分、経験値も少ないし、まだやり残していることがあるから。

参考元:AbemaTIMES

そんな三上博史さんについて、どのような俳優さんなのかを知ってもらうため、Wikiプロフィールデビューのきっかけ、という流れで、下記に詳しくご紹介していきます!

三上博史,俳優,歌手

三上博史さんのWikiプロフィール

三上博史さんのWikiプロフィールということについて、下記にご紹介していきます!

下記は、三上博史さんの簡単なWikiプロフィール情報となります!

三上博史,俳優,歌手

名前:三上 博史(みかみ ひろし)
生年月日:1962年7月23日
出生地:東京都(横浜育ち)
血液型:O型
身長:171cm
体重:55kg
趣味:読書、映画鑑賞、パソコン、旅行、テニス
特技:英語、中国語、ギター、キーボード
職業:俳優、歌手
事務所:有限会社三上事務所、モノポライズ(業務提携)

引用元:Wikipedia
参考元:モノポライズ オフィシャルサイト

三上博史さんの家族構成は、父親母親4家族であり、母親叔母は、女優をしていました!

そして、三上博史さんの最終学歴は、神奈川県立多摩高等学校となります!

また、父親厳格な人であり、中学生の頃から新聞配達をしており、部活動の道具などの購入自分でしていたそうです!

三上博史,俳優,歌手

三上博史さんのデビューのきっかけは?

三上博史さんのデビューのきっかけは?ということについて、下記にご紹介していきます!

三上博史さんのデビューのきっかけは、高校2年生の時に、友人に誘われてついていったオーディションで、劇作家であり劇団を主宰していた「寺山修司」さんに見出されたことでした!

そして、「寺山修司」さんが監督・脚本を手がけたフランス映画「草迷宮」で、主演として、俳優デビューを果たしました!

三上博史,俳優,歌手,デビュー,きっかけ

なお、三上博史さんは、「寺山修司」さんについて、インタビューで下記のように語っています!

彼は僕が20歳の時に亡くなったので、晩年の5年間しか知らないし、2人で親しく話したこともないけれど、『どんな鳥も想像力より高く飛べる鳥はいない』という彼の遺した言葉は印象的です。

手法やテクニック、既成の考え方はまず捨てなさい。なんでもありというところから始めなさい。そういうことを教わった気がしますね。

参考元:新刊JP

そして、1984年のドラマ「無邪気な関係」でドラマ初出演を果たし、1987年の映画「私をスキーに連れてって」で注目を集めました!

その後、1998年のドラマ「君の瞳をタイホする!」に出演後は、数多くのドラマ主演を果たし、「トレンディドラマのエース」と呼ばれ、多くのトレンディドラマに出演しました!

なお、三上博史さんは、トレンディドラマ時代について、「自分の名前が広く認知されなければ好きなことはできないと思って、とにかく本気で名前を売ってやろうとガムシャラでやっていた。」と語っています!

スポンサーリンク

三上博史さんの昔のドラマや映画作品まとめ

三上博史さんの昔のドラマや映画作品まとめということについて、下記にご紹介していきます!

三上博史さんは、15歳から俳優デビュー俳優生活40年以上となりますが、多くのドラマ映画主演を果たし、「エランドール賞新人賞」などのを受賞するなど、演技力高い評価があります!

そんな三上博史さんの昔のドラマや映画作品まとめについて、昔のドラマ作品昔の映画作品、という流れで、下記に詳しくご紹介していきます!

三上博史,俳優,歌手

三上博史さんの昔のドラマ作品は?

三上博史さんの昔のドラマ作品は?ということについて、下記にご紹介していきます!

下記は、三上博史さんの主なドラマ作品の一覧となります!

1984年「無邪気な関係」:洋介 役
1988年「君の瞳をタイホする!」:田島鋭次 役
三上博史,俳優,歌手,昔,ドラマ

1988年「君が嘘をついた」:主演・日高涼 役
1990年「世界で一番君が好き!」:主演・山村公次 役
三上博史,俳優,歌手,昔,ドラマ

1992年「あなただけ見えない」:主演・高野淳平 / 青田和馬 / 明美 役
三上博史,俳優,歌手,昔,ドラマ

1999年「リップスティック」:主演・有明悠 役
三上博史,俳優,歌手,昔,ドラマ

2000年「ストレートニュース」:主演・矢島俊介 役
三上博史,俳優,歌手,昔,ドラマ

2002年「薔薇の十字架」:主演・工藤桐吾 役
2007年「プロポーズ大作戦」:妖精 役
三上博史,俳優,歌手,昔,ドラマ

2011年「下町ロケット」:主演・佃航平 役
2012年「平清盛」:鳥羽上皇 役
三上博史,俳優,歌手,昔,ドラマ

2016年「遺産相続弁護士 柿崎真一」:主演・柿崎真一 役
三上博史,俳優,歌手,昔,ドラマ

2019年「集団左遷!!」:横山輝生 役

参考元:Wikipediaモノポライズ オフィシャルサイト

上記が、三上博史さんの主なドラマ作品となりますが、60作品以上に出演し、30作品以上主演を務めています!

なお、「トレンディドラマのエース」と呼ばれた時期には、毎年のように話題作品主演を務めています!

そして、2003年ストレートニュース」で、「放送文化基金賞 男優演技賞」、2008年の「パンドラ」では、「国際ドラマフェスティバル グランプリ」、2016年の「遺産相続弁護士 柿崎真一」では、「コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演男優賞」を受賞しています!

三上博史さんの昔の映画作品は?

三上博史さんの昔の映画作品は?ということについて、下記にご紹介していきます!

下記は、三上博史さんの主な映画作品の一覧となります!

1979年「草迷宮」:主演・明(少年時代) 役
1984年「瀬戸内少年野球団」」波多野啓介(武女の兄) 役
1986年「ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け」:主演・ビリィ・ザ・キッド 役
1987年「私をスキーに連れてって」:主演・矢野文男 役
三上博史,俳優,歌手,昔,映画

1988年「孔雀王」:主演・孔雀 役
1992年「遠き落日」:主演・野口英世 役
三上博史,俳優,歌手,昔,映画

1994年「屋根裏の散歩者」:主演・郷田三郎 役
1996年「スワロウテイル」:主演・ヒオ・フェイホン 役
三上博史,俳優,歌手,昔,映画

1996年「宮澤賢治 その愛」:主演・宮澤賢治 役
1997年「パラサイト・イヴ」:主演・永島利明 役
2003年「月の砂漠」:主演・永井恭二 役
三上博史,俳優,歌手,昔,映画

2004年「予言」:主演・里見英樹 役
2019年「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」:主演・間宮 役
三上博史,俳優,歌手,昔,映画

参考元:Wikipediaモノポライズ オフィシャルサイト

上記が、三上博史さんの主な映画作品となりますが、30作品近くに出演し、10作品以上主演を務めています!

なお、2003年公開の主演を務めた「月の砂漠」が、2001年の「カンヌ国際映画祭」の招待作品となっています!

また、舞台でも、2003年の「青ひげ公の城」で主演を務め、2004年の「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」は、2005年再演されるほどの反響がありました!

さらに、2006年の「あわれ彼女は娼婦」では、有名な演出家である「蜷川幸雄」さんと初めて組んでいます!

上記のように、三上博史さんは、ドラマ映画だけでなく、舞台でも主演を務めるなどの活躍をしています!

スポンサーリンク

まとめ

今回、三上博史さんについて、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます!

三上博史さんのデビューのきっかけは、高校2年生の時に、友人に誘われてついていったオーディションで、劇作家であり劇団を主宰していた「寺山修司」さんに見出されたことでした!

そして、「寺山修司」さんが監督・脚本を手がけたフランス映画「草迷宮」で、主演として、俳優デビューを果たしました!

その後、1984年のドラマ「無邪気な関係」でドラマ初出演を果たし、1987年の映画「私をスキーに連れてって」で注目を集めました!

その後、1998年のドラマ「君の瞳をタイホする!」に出演後は、数多くのドラマ主演を果たし、「トレンディドラマのエース」と呼ばれ、画像からも「若い頃がイケメン」と多くの反響がある理由が分かりました!

そんな三上博史さんは、15歳から俳優デビュー俳優生活40年以上となります!

そして、多くの60作品以上のドラマ30作品近い映画に出演し、多くの作品で主演を果たし、「エランドール賞新人賞」などのを受賞するなど、演技力高い評価があります!

ドラマ映画だけでなく、舞台でも主演を務める三上博史さんの今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます!

スポンサーリンク