キムイェリムがかわいい【画像】Wikiプロフとフィギュア経歴!

キム・イェリム」選手は、韓国では、「イム・ウンス」選手、「ユ・ヨン」選手と共に、韓国フィギュア界未来を託された「三銃士」と称されています。

そんな「キム・イェリム」選手は、フィギュアスケート技術力と同じく美貌にも注目が集まっており、多くのフィギュアスケートファンから「かわいい」と言われています。

今回は、「第二のキム・ヨナ」と称される「キム・イェリム」選手について、キム・イェリム選手がかわいいWikiプロフィールフィギュア経歴まとめというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ!


スポンサーリンク

キム・イェリム選手がかわいい

キム・イェリム選手がかわいい」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、キム・イェリム選手が、多くのフィギュアスケートファンから「かわいい」と言われている画像の一覧となります。

キム・イェリム,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい

キム・イェリム,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい

キム・イェリム,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい

キム・イェリム,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい

上記の画像より、キム・イェリム選手は、手足が長く細すぎるとも言えるスタイルの良さ可愛らしい笑顔の持ち主であることが分かるので、多くのフィギュアスケートファンから反響がある理由が分かります。

なお、下記は、キム・イェリム選手のインスタグラムであり、プライベート練習のオフショットなどの投稿があるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

また、「三銃士」の中の「イム・ウンス」選手、「ユ・ヨン」選手も多くのフィギュアスケートファンから「かわいい」と言われているので、活躍すればするほど韓国女子フィギュア選手の人気はどんどん上がっていくのではないでしょうか?

スポンサーリンク

キム・イェリム選手のWikiプロフィール

キム・イェリム選手のWikiプロフィール」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、キム・イェリム選手の簡単なWikiプロフィール情報となります。

キム・イェリム,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい

名前:キム・イェリム
韓国名:김예림
英語名:Kim Ye-lim
愛称:イェリム、リムキム
生年月日:2003年1月23日
出身地:韓国京畿道軍浦
血液型:不明
身長:165cm
趣味:料理
所属:旧学院

参考元:Wikipedia(英語版)国際スケート連盟

キム・イェリム選手は、2010年の「バンクーバーオリンピック」の金メダリストである「キム・ヨナ」選手の演技を観て、オリンピック後フィギュアスケートを始めました。

キム・イェリム,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい,キム・ヨナ

なお、「三銃士」と呼ばれている「イム・ウンス」選手や「ユ・ヨン」選手も「キム・ヨナ」選手の影響フィギュアスケートを始めているので、「ヨナ・キッズ」と呼ばれています。

そして、韓国メディアは、「女子は紀平梨花を筆頭にした日本選手とメダルを争うことになる。」と期待を寄せています。

そんなキム・イェリム選手は、「イ・キュヒョン」コーチの指導を受けています。

キム・イェリム,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい,コーチ

なお、コーチは「韓国選手権」で8連覇、「長野オリンピック」と「ソルトレークオリンピック」に出場を果たした元フィギュアスケート選手です。

ちなみに、「ヴィンセント・ゾウ」選手のコーチをしている「タミー・ガンビル」コーチの元で、アメリカコロラド州コロラドスプリングス指導を受けていた時期もありました。

キム・イェリム,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい,コーチ

合わせて読みたい!


キム・イェリム選手のフィギュア経歴まとめ

キム・イェリム選手のフィギュア経歴まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、キム・イェリム選手の現在(2019年9月25日時点)までの主なフィギュア経歴の一覧となります。

ジュニア時代

2014-15「韓国選手権」4位

2015-16「アジアオープン杯」優勝
2015-16「韓国選手権」4位

2016-17「アジアオープン杯」2位
2016-17「JGPフランス」4位
2016-17「韓国選手権」2位

2017-18「アジアオープン杯」3位
2017-18「JGPベラルーシ」4位
2017-18「韓国選手権」6位

2018-19「JGPリトアニア」2位
2018-19「JGPチェコ」2位
2018-19「JGPファイナル」6位

参考元:Wikipedia(英語版)国際スケート連盟

シニア時代

2018-19「CS USインターナショナルクラシック」3位
2018-19「韓国選手権」5位
2018-19「四大陸選手権」8位

2019-20「CSロンバルディア杯」4位

参考元:Wikipedia(英語版)国際スケート連盟

上記が、キム・イェリム選手の主なフィギュア経歴の一覧となりますが、2016–17シーズンの「JGPフランス杯」でJGPシリーズデビューを果たし、4位という好成績を残しています。

なお、2017年の「世界ジュニア選手権」に参加する資格がありましたが、足の怪我のため、出場できませんでした。

キム・イェリム,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい,経歴

そして、2018-19シーズンの「JGPリトアニア」にて、銀メダルを獲得し、JGPシリーズでのメダルとなりました。

さらに、2018-19シーズンの「JGPチェコ」にて、韓国ジュニア女子シングルショートプログラム歴代最高得点となる「69.45点」を叩き出しています。

また、「キム・ヨナ」選手以来13年ぶりに「JGPファイナル」に出場を果たしました。

キム・イェリム,フィギュアスケート,女子,韓国,かわいい,経歴

そして、シニアデビュー戦となった2018年の「USインターナショナルクラシック」では銅メダルを獲得しました。

上記のように、韓国フィギュア界の中では、素晴らしい成績記録を出しているので、今後の活躍が楽しみだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「キム・イェリム」選手について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

キム・イェリム選手は、2010年の「バンクーバーオリンピック」の金メダリストである「キム・ヨナ」選手の演技を観て、オリンピック後フィギュアスケートを始めました。

そんなキム・イェリム選手は、フィギュアスケート技術力と同じく美貌にも注目が集まっており、画像から、手足が長く細すぎるとも言えるスタイルの良さ可愛らしい笑顔の持ち主であることが分かりました。

なお、キム・イェリム選手は、「イム・ウンス」選手、「ユ・ヨン」選手と共に、韓国フィギュア界未来を託された「三銃士」と称され、「ヨナ・キッズ」と言われています。

そして、韓国ジュニア女子シングルショートプログラム歴代最高得点を叩き出し、「キム・ヨナ」選手以来13年ぶりに「JGPファイナル」に出場しています。

シニアデビュー戦銅メダルを獲得しているキム・イェリム選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク