阿部詩は可愛い柔道女子【画像】父親とイケメン兄一二三と似てる?
LINEで送る
Pocket

柔道女子阿部詩選手は、2018年世界柔道5試合オール一本勝ち優勝を果たしています。

さらに、イケメン柔道男子である阿部一二三選手と揃って兄弟での優勝を果たしました。

今回は、そんな阿部詩選手について、阿部詩選手が可愛い父親に似てるイケメンの兄に似てるという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

阿部詩選手が可愛い

阿部詩選手が可愛いについて、ご紹介していきます。

柔道,女子,阿部詩

名前:阿部詩(あべ うた)
生年月日:2000年7月14日
年齢:20歳(2020年時点)
出身地:兵庫県神戸市
血液型:B型
身長:158cm
高校:夙川学院高校
大学:日本体育大学
階級:52kg級
組み手:右組み
得意技:内股、袖釣込腰
世界ランク:3位(2019年12月15日時点)

【主な戦歴】
2015年「日本全国中学柔道大会」優勝
2016年「全日本カデ」優勝
2017年「グランプリ・デュッセルドルフ」優勝
2017年「全国高校選手権」個人と団体優勝
2017年「インターハイ」個人優勝
2017年「世界ジュニア」個人と団体優勝
2018年「グランドスラム・パリ」優勝
2018年「インターハイ」団体優勝
2018年「世界選手権」優勝
2019年「世界選手権」優勝

引用元:Wikipedia

阿部一二三選手によると、5歳から柔道を始めましたが、「妹は非常に熱心で、妹の方が強くなると、道場の関係者に期待されていた」と過去のエピソードを語っています。

そして、2019年から日本体育大学に入学したばかりの将来有望な選手です。

そんな阿部詩選手の容姿にも注目が集まっており、可愛いとの評判が上記のTwitterのようにあります。

柔道も強くて、容姿も可愛いですし、東京オリンピックも控えているので柔、阿部詩選手の活躍に期待し、応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

阿部詩選手は父親に似てる?

阿部詩選手は父親に似てる?について、ご紹介していきます。

阿部詩選手の父親についてすが、のと同じく父親イケメンだと考えていましたが、一般人の方であるため、画像などの情報はありませんでした。

父親は、消防士としてお仕事をされています。

個人的な見解ですが、柔道選手の家族、父親や祖父は柔道経験者であり、指導者もしているというイメージがありましたが、阿部詩さんの父親に関しては違いました。

阿部詩選手の父親は、特別な柔道の経験はないそうです。

ただし、兄弟練習に付き合って、小学生時代までは一緒に柔道を練習していたようであり、仲の良い親子というのが想像できます。

さらに、父親は、ご自身の消防士仲間と一緒に兄妹のため、体幹を鍛えるトレーニング筋肉を鍛え上げるトレーニングといったトレーニングメニューを考えたこともあるようです。

やはり、柔道経験はありませんが、父親として少しでも子どもたちの役に立ちたいという想いがあったのだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


阿部詩選手はイケメンの兄に似てる?

阿部詩選手はイケメンの兄に似てる?について、ご紹介していきます。

阿部詩選手のである阿部一二三選手は、柔道の実力はもちろんのこと、イケメンという部分でも注目を集めています。

ルックスもさることながら筋肉もすごいということでファンも急増しています。

阿部一二三選手と阿部詩選手は、兄妹ということもありますが、確かに似ていると思います。

上記のTwitterからも分かるように、阿部一二三選手は、イケメンで本当に筋肉がムキムキで男らしいですね。

こんだけのルックスで柔道も強いなんて、同じ男として羨ましい限りです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


最後に【可愛い柔道女子で父親とイケメン兄一二三と似てる?】

阿部詩選手について、調べた内容のまとめをご紹介していきます。

阿部詩選手は、5歳の時から柔道を始めましたが、「妹は非常に熱心で、妹の方が強くなると、道場の関係者に期待されていた」との過去のエピソードがあります。

そんな阿部詩選手の容姿にも注目が集まっており、可愛いとの評判がたくさんあります。

阿部詩選手の父親は、消防士をされており、特別な柔道の経験はないそうです。

父親一般人のため、写真などの詳しい情報はありませんが、消防士仲間と一緒に兄弟のため、体幹を鍛えるトレーニング筋肉を鍛え上げるトレーニングといったトレーニングメニューを考えたこともあるそうです。

阿部詩選手のである阿部一二三選手は、柔道の実力はもちろんのこと、イケメンでさらに筋肉もすごいということでファンも急増しています。

そして、東京オリンピックでも2018年世界選手権と同じように兄弟揃っての金メダルを獲得してもらえるよう、これからも応援していきます。

スポンサーリンク