ダリアビロディドの父親がイケメンで母親も柔道家!元モデル【画像】
LINEで送る
Pocket

ダリア・ビロディド選手は、谷亮子さんの最年少優勝記録を塗り替えた期待の柔道選手です。

さらに、モデルのような抜群のスタイル美貌で多くの柔道ファンから美人綺麗と言われています。

今回は、そんなダリア・ビロディド選手について、Wikiプロフィール父親はイケメンで母親も柔道家元モデルという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ダリア・ビロディド選手のWikiプロフィール

ダリア・ビロディド選手のWikiプロフィールについて、ご紹介していきます。

ダリア・ビロディド選手の父親は、最初は娘を新体操の選手にさせたかったらしく、新体操を習わしていました。

しかし、両親の道場に顔を出すようになった頃から、柔道に興味を持ち始め6歳から柔道を始めました。

ダリア・ビロディド,女子柔道

名前:ダリア・ビロディド(Daria Bilodid)
生年月日:2000年10月10日
年齢:20歳(2020年時点)
出身地:ウクライナ・キエフ
身長:172cm
体重:48kg
職業:柔道家
階級:48キロ級
得意技:内股・大内刈・三角締からの棚上四方固

参考元:WikipediaJudoInside.com

ダリアビロディド選手は、2015年ヨーロッパカデの44kg級で優勝しました。

この時から柔道女子家として、注目を浴びる存在となっており、下記のように記録に残る試合をしています。

2015年「世界カデ」優勝史上2番目14歳299日
2017年「ヨーロッパ選手権」優勝史上2番目(16歳192日
2018年「世界選手権」優勝史上最年少(17歳345日

「国際大会」:8連続優勝38連勝
旧ソ連の選手で初めての世界チャンピオン

参考元:WikipediaJudoInside.com

ダリア・ビロディド選手は、「常に一番でいたい。一番以外はビリだと考えている。」とコメントしており、かなりの負けず嫌い・勝ちへのこだわりが強い選手なんだと思います。

IJF世界ランキングは、現時点(2020年5月19日時点)で1位です。

これからますます強くなって国際大会でも優勝していくと思うので、今後のダリア・ビロディド選手の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

ダリア・ビロディド選手の父親はイケメンで母親も柔道家?

ダリア・ビロディド選手の父親はイケメンで母親も柔道家?について、ご紹介していきます。

ダリア・ビロディド選手の父親は、ゲンナジー・ビロディドさんです。

父親柔道家であり、2005年の柔道世界選手権の73kg級3位になる実力者です。

2度欧州チャンピオンに輝き、シドニーアテネ北京オリンピックにも出場経験があります。

であるダリア・ビロディド選手がモデル級の美人さんなのですが、父親イケメンです。

ダリア・ビロディド,女子柔道,父親すごく優しそうな父親ですが、幼少期は娘を新体操の選手にさせたかったそうです。

現在では目まぐるしい活躍をする娘のダリア・ビロディド選手を誇りに思っているのではないかと思います。

ダリア・ビロディド,柔道女子,母親ダリア・ビロディド選手の母親は、スヴェトラーナ・クズネツォワさんです。

上記の写真のように母親美人さんであり、父親と同じく元柔道家でした。

現在は現役を引退、後継の指導に専念しているようで、大会では多くの場合、コーチ席に母親がつくそうです。

また、普段の練習場でも母親娘のコーチを務めているようです。

ダリア・プロディド選手は、元柔道家の父親母親の存在があったので柔道を始め、父親と母親の指導や支えがあり、現在の活躍があるのだと思いました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


ダリア・ビロディド選手は元モデル?

ダリア・ビロディド選手は元モデル?について、ご紹介していきます。

ダリア・ビロディド,女子柔道

ダリア・ビロディド,女子柔道上記より、身長172cm、体重は48kgであり、モデルをも超越するようなスタイルの持ち主だということが分かります。

下記は、28万人以上フォロワー数を誇るインスタグラムであり、プライベートなどの投稿があるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

そんなダリア・ビロディド選手は、元モデルという情報がありました。

どうやら「母国ウクライナの複数のモデルエージェントからモデルへの勧誘があった」という事実だけで、実際にモデルをしていたわけではないようです。

ダリア・ビロディド選手は、柔道に専念するためにモデルエージェントからの勧誘を全て断っているようです。

モデルという道、もしくは、モデルをやりながら柔道家という道もありましたが、その道に興味が向かないほど柔道が好きで柔道に打ち込んでいるということですね。

さらに、柔道家を引退した後は、スポーツジャーナリストへの転身を考えており、柔道の練習をしながら、キエフ大学で学んでいました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!

最後に【父親がイケメンで母親も柔道家!元モデル?】

ダリア・ビロディド選手について、調べた内容のまとめをご紹介していきます。

ダリア・ビロディド選手は、両親の道場に顔を出すようになった頃から、柔道に興味を持ち始め6歳から柔道を始めました。

2015年ヨーロッパカデの44kg級で優勝して以来、下記のような素晴らしい成績を残しています。

「ヨーロッパ選手権」優勝:史上2番目(16歳192日
「世界選手権」優勝:史上最年少(17歳345日
「国際大会」:8連続優勝38連勝中

イケメンの父親は、ゲンナジー・ビロディドさんといい、元柔道家オリンピック出場経験もあります。

美人の母親は、スヴェトラーナ・クズネツォワさんといい、父親と同じく元柔道家でした。

ダリア・ビロディド選手は、身長172cm、体重は48kgであり、モデルをも超越するようなスタイルの持ち主です。

そんなダリア・ビロディド選手は、「母国ウクライナの複数のモデルエージェントからモデルへの勧誘があった」そうですが、、柔道に専念するためにモデルエージェントからの勧誘を全て断っているようです。

そんな柔道愛に満ち溢れたダリア・ビロディド選手の今後の活躍を楽しみに引き続き応援していきます。

スポンサーリンク