ホラン千秋の出身高校大学は?学生時代の悲しいエピソードまとめ!
LINEで送る
Pocket

ホラン千秋さんは、Nスタキャスターバイキングコメンテーターとして活躍していますが、デビュー当初は女優として活動をしていました。

その美貌知的なコメントで、多くの視聴者から本職のアナウンサーを脅かすほどの人気がありますが、学生時代はイメージとは違い、華やかな生活ではなかったようです。

そんなホラン千秋さんについて、出身高校出身大学Wikiプロフィール学生時代の悲しいエピソードまとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ホラン千秋さんの出身高校はどこ?

ホラン千秋さんの出身高校は、東京都立国際高等学校です。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,高校時代この高校は、1989年創立の東京都目黒区駒場にある男女共学の都立高等学校です。

なお、この高校は第二希望であり、母親の勧めで決めていますが「みんなで何かを作り上げたいので、そういった活動が活発な学校」という理由で選びました。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,高校時代

また、卒業生には、KREVAさん・ヒロイズムさん・小川紗良さんなどがいます。

もっと詳しく知りたい人へ!

ちなみに、出身中学は多摩市立豊ヶ丘中学校であり、中学時代は吹奏楽部に所属し、クラリネットを担当していました。

さらに、中学生の13歳の時に、母親から「記念に応募してみたら?」と提案されたことから、現在の事務所であるアミューズに応募して、14歳から芸能界入りを果たしています。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,高校時代中学高校時代から、芸能活動をしており、2005年のスーパー戦隊シリーズ「魔法戦隊マジレンジャー」でテレビドラマ初出演を果たしました。

なお、その他にもマイ★ボス マイ★ヒーロープロポーズ大作戦などにも出演しています。

高校時代は学業との両立を果たしており、事務所のレッスンに通う中、同級生だった吉高由里子さんと出会い、天才だと思ったことやオーラが違っていて衝撃を受けたことを語っています。

スポンサーリンク

ホラン千秋さんの出身大学はどこ?

ホラン千秋さんの出身大学は、青山学院大学文学部英米文学科です。

なお、大学時代は、2009年度学業奨励賞を受賞するほどの優秀な生徒でした。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,大学時代また、2009〜10年にかけて1年間ほどオレゴン州立大学に留学、舞台を専攻しています。

大学時代は、意外にもインドア派でメガネにジャージ姿ですっぴん家で過ごすことが多かったと語っています。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,大学時代

さらに、サークルや部活などには入らず、学園祭も4年間一度も顔を出さず、授業以外は近所のスーパーでレジ打ちのバイトをしていました。

なお、スーパーでアルバイトをしていた時に、ホランという名札を付けた状態では目立つため、店長に当て字の名札を依頼したところ、保嵐保乱暴走族のようなものになったため却下したそうです。

そして、留学から帰国後、すべての民放キー局のアナウンサー試験を受けましたが、すべて不合格になっています。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,大学時代しかし、デビューから10年間ずっとロングヘアでしたが、2011年にドラマ「陽はまた昇る」の役作りのために、髪をバッサリ切ってショートカットにしたことで、キャスターバラエティ番組の仕事が次々と入るようになりました。

なお、THE BEAUTY WEEK AWARD 2014の授賞式で「まさか髪の毛を切っただけでこんなに変わるなんて。」と語っています。

スポンサーリンク

ホラン千秋さんのWikiプロフィール

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター
名前:ホラン千秋(ほらんちあき)
生年月日:1988年9月28日
年齢:32歳(2020年時点)
出身地:東京都多摩市
血液型:A型
身長:160cm
趣味:写真を撮ること・歌うこと
特技:英語・料理
職業:女優・タレント・キャスター
事務所:アミューズ

参考元:Wikipediaアミューズ オフィシャル ウェブサイト

ホラン千秋さん家族構成は、アイルランド人の父親、日本人の母親、2歳年下の弟の4人家族であり、ハーフです。

なお、ミドルネームがない理由は、生まれた時に日本人に近い顔立ちから、ミドルネームを付けない方が良いと父親が判断したそうです。

また、千秋という名前は、秋生まれ千という言葉の意味に巡り巡るという意味があることから名付けられました。

そして、ホラン千秋さんは、5歳の時に母親の友人からキッズモデルを「記念にやってみたら?」と言われ、始めたことがきっかけ芸能界に興味を持つようになったそうです。

スポンサーリンク

もっと詳しく知りたい人へ!

ホラン千秋さんの学生時代の悲しいエピソードまとめ

ホラン千秋さんは、14歳から芸能活動をしていますが、高校時代には女優として、オーディションに落ち続け、仕事がほとんど無くなり、芸能一本で生きることを諦めていました。

その理由は、同じ事務所の吉高由里子との出会いであり「圧倒的にオーラが違った。お芝居のレッスンでも、彼女が生み出すものには太刀打ちできない。こんなに才能を持った人がいるなら無理だなと思った。」と語っています。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,学生時代,エピソードなお、高校時代の友人ホラン千秋さん印象について、インタビューで下記のように語っています。

彼女はすごく自分がこうしたいっていうのも強いし、とにかく自分にも厳しいけど他人にも厳しい子だった。強気で勝気なんだけど、意外とセンシティブ。

参考元:ザテレビジョン

また、ホラン千秋さんは、高校時代の友人に言われた下記のような言葉が現在でもモットーになっています。

自分がこうやりたいって思ってることだけが正解じゃない。自分がイメージしていることだけが完璧じゃないから、みんなの意見も取り入れてやった方がいい。

参考元:ザテレビジョン

大学時代は「もともと自分のライフプランでは来るはずがなかった場所に、毎日行かなきゃいけない。」と苦痛を味わい「私の人生どうなっていくんだろう。なんで私はこんなんになっちゃったんだろう。」と不安な日々を送っていたそうです。

なお、サークルや部活に所属せず、学園祭や合コンにも参加せず、授業も最前列の席で受けており、「髪の毛もすごく長いし、眼鏡もかけて地味に地味に生きてました。『暗黒のホラン』だったんです。」と夢を叶えられず悶々とした気持ちを抱えていました。

また、彼氏が居なかったということもありますが、大学4年間だけクリスマスが嫌いであり、彼氏のいない女子同士で集まって、友人が家族で経営している御徒町の韓国料理屋で女子会をしていたそうです。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,学生時代,エピソード大学卒業が近づくにつれ「テレビで何かを伝える仕事がしたい。」と思い、アナウンサーやテレビ番組の制作の仕事も並行して目指したものの、就職活動は全滅しています。

大学卒業後は、朝から晩までスーパーのレジ打ちおすし屋さんのお茶出しスーパー銭湯の受付などのアルバイトを掛け持ちしており「土日絶対にいなきゃいけない。」と言われても「大丈夫です。私、何の予定もないですから。」と自虐的な返答をするほど暗黒時代だったようです。

上記のように、現在の華々しい活躍からは想像もつかないエピソードではありますが、学生時代の苦労があったからこそ、キャスターバラエティ番組で活躍する人気者になったのではないかと思います。

そんな美貌知的なコメントで、多くの視聴者から本職のアナウンサーを脅かすほどの人気があるホラン千秋さんの今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク