ホラン千秋の若い頃がかわいい【画像】昔と現在の出演作品まとめ!
LINEで送る
Pocket

ホラン千秋さんは、14歳から女優として芸能界デビューを果たしました。

現在ではNスタキャスターバイキングコメンテーターとして活躍しています。

なお、抜群のスタイル美貌で人気がありますが、多くのファンや視聴者から若い頃がかわいいと反響があります。

そんなホラン千秋さんについて、若い頃がかわいい【画像】Wikiプロフィールまとめ昔と現在の出演作品まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ホラン千秋さんの若い頃がかわいい【画像】

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,若い頃,かわいいホラン千秋,女優,タレント,キャスター,若い頃,かわいいホラン千秋,女優,タレント,キャスター,若い頃,かわいいホラン千秋,女優,タレント,キャスター,若い頃,かわいい上記の画像より、若い頃はロングヘアーであり、現在のショートカットも似合っていると思いますが、多くのファンや視聴者から若い頃がかわいいと言われている理由が分かります。

下記は、公式インスタグラムであり、プライベート撮影のオフショットなどの投稿があるので、若い頃との比較のため、チェックしてみてはいかがでしょうか?

さらに、東レキャンペーンガールに選ばれた鈴木ちなみさんにも似ていると言われているので、若い頃も現在もかわいいということは間違いないと思います。

もっと詳しく知りたい人へ!

ちなみに、ホラン千秋さんは、アイルランド人の父親と日本人の母親のハーフということもあり、ラブリさんやウエンツ瑛士さんに似ていると言われています。

スポンサーリンク

ホラン千秋さんのWikiプロフィールまとめ

ホラン千秋さんは、10代から始めた女優活動を経て、大学卒業後の2012年にNEWS ZEROキャスターに抜擢されました。

そして、気取らない性格とはっきりとした発言でバラエティ番組に引っ張りだことなり、女優よりもキャスターコメンテーターとしての活躍が目立っています。

そんなホラン千秋さんについて、どのような女優でキャスターなのかを知ってもらうため、Wikiプロフィールデビューのきっかけという流れで、ご紹介していきます。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター

ホラン千秋さんのWikiプロフィール

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター
名前:ホラン千秋(ほらんちあき)
生年月日:1988年9月28日
年齢:32歳(2020年時点)
出身地:東京都多摩市
血液型:A型
身長:160cm
趣味:写真を撮ること・歌うこと
特技:英語・料理
職業:女優・タレント・キャスター
事務所:アミューズ

参考元:Wikipediaアミューズ オフィシャル ウェブサイト

ホラン千秋さん家族構成は、アイルランド人の父親、日本人の母親、2歳年下の弟の4人家族であり、ハーフです。

なお、千秋という名前は、秋生まれ千という言葉の意味に巡り巡るという意味があることから名付けられました。

また、ハーフのため、周りからは社交的と思われがちですが、かなりの人見知りインドア派であり、仕事が休みの日は誘いがない限り、ほとんどど家から出ないそうです。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスターさらに、実家ではノーメイクメガネ、部屋着は高校時代のジャージといった姿で食事やテレビを見る時以外は自分の部屋から出ない一日を過ごすと語っています。

スポンサーリンク

ホラン千秋さんのデビューのきっかけは?

ホラン千秋さんデビューのきっかけは、中学生の13歳の時に母親から「記念に応募してみたら?」と提案されたことから、14歳の時に現在の事務所であるアミューズに応募したことでした。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,デビュー,きっかけなお、5歳の時に母親の友人から「記念にやってみたら?」とキッズモデルを始めたことが、芸能界に興味を持つきっかけとなりました。

その後、2005年のスーパー戦隊シリーズである魔法戦隊マジレンジャーにて、テレビドラマ初出演女優デビューとなりました。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,デビュー,きっかけしかし、高校時代はオーディションに落ち続け、仕事がない日々が続いたことや同じ事務所の同級生である吉高由里子さんに出会ったことで芸能一本で生きることを諦め、大学進学を決意しています。

ホラン千秋さんは、当時の心境について、インタビューで下記のように語っています。

圧倒的にオーラが違った。お芝居のレッスンでも、彼女が生み出すものには太刀打ちできない。こんなに才能を持った人がいるなら無理だなと思った。

参考元:女性自身

もっと詳しく知りたい人へ!

そして、大学時代に、2009〜10年にかけて1年間オレゴン州立大学に留学、舞台を専攻していますが、その理由を下記のように語っています。

同世代の子がどんどんドラマや映画で活躍しているのを見て、悶々とした日々が続いていました。「このままでいても、私に彼女たちみたいなチャンスは来ない。自分でどうにかしなきゃ」と気づき、演劇を学ぶため留学を決意しました。これを機に、芝居に限らず何かを「伝える」こと自体に興味を持ったんです。

参考元:NIKKEI STYLE

留学から帰国後テレビ局で何かを伝える仕事がしたい。」と思い、全ての民放キー局のアナウンサー試験を受けるも不合格となり、スーパーでレジ打ちのアルバイトをしていました。

しかし、デビューから10年間ずっとロングヘアでしたが、2011年にドラマ「陽はまた昇る」の役作りのために、髪をバッサリ切ってショートカットにしたことがきっかけで、キャスターバラエティ番組の仕事が次々と入るようになりました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


ホラン千秋さんの昔と現在の出演作品まとめ

ホラン千秋さんは、若い頃は「歌手になりたい」とか「女優になりたい」などのがありましたが、なかなか芽が出ない時期を経て「何かを伝える』という仕事なら形は何でもいい」と思うようになりました。

なお、それほど出演作品数は多くありませんが、女優として、ドラマ・映画・CMへの出演を果たしています。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスター

ホラン千秋さんの昔と現在のドラマや映画作品まとめ

【ドラマ】
2005年「魔法戦隊マジレンジャー」:ナイ 役
2006年「マイ★ボス マイ★ヒーロー」:天堂由加里 役
ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,昔,現在,ドラマ
2007年「プロポーズ大作戦」
2009年「メイちゃんの執事」:水沢聡美 役
ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,昔,現在,ドラマ
2011年「陽はまた昇る」:小宮山チカ 役
ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,昔,現在,ドラマ
2014年「リーガルハイ・スペシャル」:野々宮看護師 役
2015年「大使閣下の料理人」:マリー 役
ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,昔,現在,ドラマ
2016年「砂の塔~知りすぎた隣人」:尾野綾香 役
ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,昔,現在,ドラマ
2019年「ノーサイド・ゲーム」

【映画】
2005年「魔法戦隊マジレンジャー」:ナイ 役
ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,昔,現在,映画
2014年「黒執事」:幻蜂絵利香 役
2014年「クローバー」:伊集院比瑳子 役
2018年「若おかみは小学生!」グローリー・水領 役

参考元:Wikipediaアミューズ オフィシャル ウェブサイト

ホラン千秋さんは、2005年の魔法戦隊マジレンジャーのドラマと映画で女優デビューをしました。

女優としての出演作品は多くありませんが、マイ★ボス マイ★ヒーロープロポーズ大作戦メイちゃんの執事黒執事など話題作品への出演をしています。

また、2018年の映画「若おかみは小学生!」にて、声優初挑戦しており「自分の声を使って表現の幅を広げられる余地があるのであれば今後もチャレンジしてみたいです。」と語っています。

ホラン千秋,女優,タレント,キャスターなお、ホラン千秋さんは、ベスト海ドラニストのイベントにて、女性としても役者としても素敵だと思うとして、ジェニファー・ロペスさんの名を挙げ「色っぽいのに飾らず、あどけなさもあり、色気もあり変貌自在な女優だと思う。」と語っています。

現在は、キャスターバラエティー番組への出演が目立っていますが、今後の女優としての活動も楽しみだと思います。

スポンサーリンク

ホラン千秋さんの昔と現在のCM作品まとめ

佐藤製薬 「ユンケル黄帝液」
ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,昔,現在,CM
2015年 サントリー「金麦クリアラベル」 
2015年 武田薬品工業 ベンザブロックIPプラス
ホラン千秋,女優,タレント,キャスター,昔,現在,CM
2016年 近畿税理士会
2017年 クラシエ「肌美精」
ホラン千秋,女優,タレント,キャスター
2017年 グラクソ・スミスクライン「シュミテクト」
ホラン千秋,女優,タレント,キャスター

参考元:Wikipediaアミューズ オフィシャル ウェブサイト

ホラン千秋さんは、ユンケル黄帝液のCMでイチロー選手共演を果たしています。

なお、ショートカットにしたことで、THE BEAUTY WEEK AWARD 2014ショートヘアスタイル部門を受賞、その授賞式で「まさか髪の毛を切っただけでこんなに変わるなんて。」と語っています。

そして、2018年はタレント番組出演本数ランキングの女性タレント部門3位となるほどの活躍をしており、今後の活動について、インタビューで下記のように語っています。

「これだ!」と的を絞って突き進むよりは、自分が興味を持ってやりたいと思える範囲内の仕事を続けていけば、自ずと理想に近づいているタイプの人間なのかなと思っています。でも強いて言うなら、みんなが知っているイベントや番組、作品に関われる日が来たらいいなとは思います。

たとえ結婚とか出産とか大きな人生の変化のタイミングが来たとしても、仕事が大好きなので続けていられたらいいなと考えています。

参考元:マイナビニュース

そんな「何かを伝える』という仕事なら形は何でもいい」と語るホラン千秋さんの今後のキャスターコメンテーター女優としての活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク