ブレイディテネルが可愛い【画像】怪我を乗り越えた経歴がすごい!
LINEで送る
Pocket

ブレイディ・テネル選手は、アメリカ出身の女子フィギュアスケート選手であり、平昌オリンピックにアメリカ代表として出場するなど実力のある選手です。

なお、フィギュアスケート実力だけではなく、モデルのような美貌にも多くのファンから可愛いと反響があります。

現在までの輝かしい経歴の裏では「2度の怪我を乗り越えた」というシンデレラストーリーが隠されています。

そんなブレイディ・テネル選手について、可愛い画像まとめWikiプロフィールまとめ怪我を乗り越えた経歴がすごいという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ブレイディ・テネル選手が可愛い【画像】

プレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ,可愛いプレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ,可愛いプレウディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ,可愛いプレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ,可愛い上記の画像より、身長が168cmという高身長でモデルのような抜群のスタイルなので、可愛いというか綺麗という言葉が似合う女性だと思います。

下記は、インスタグラムであり、プライベート練習のオフショッなどの投稿があるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

そして、アメリカ出身のフィギュアスケート選手の中で、グレイシー・ゴールド選手に負けないくらいの美貌の持ち主だと思います。

なお、その美貌だけではなく、フィギュアスケートの実力にも注目が集まっているので、今後の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

ブレイディ・テネル選手のWikiプロフィールまとめ

ブレイディ・テネル選手は、2歳からフィギュアスケートを始めました。

そして、全米選手権初優勝平昌オリンピックにも出場したアメリカを代表する女子フィギュアスケート選手となりました。

そんなブレイディ・テネル選手について、どのようなフィギュアスケート選手なのかを知ってもらうため、Wikiプロフィール家族構成まとめという流れで、ご紹介していきます。

プレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ

ブレイディ・テネル選手のWikiプロフィール

プレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ

名前:ブレイディ・テネル
英語名:Bradie TENNELL
生年月日:1998年1月31日
年齢:22歳(2020年時点)
出身地:アメリカ・イリノイ州ケアリー
身長:168cm
趣味:読書・料理
所属:Wagon Wheel FSC
コーチ:デニスマイヤーズ/ジェレミーアレン
振付師:ブノワ・リショー/スコット・ブラウン

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

ブレイディ・テネル選手は、2歳からフィギュアスケートを始め、エフゲニー・マルティノフコーチに指導を受けていました。

その後、デニス・マイヤーズコーチ・ジェレミー・アレンコーチの指導を受け、2013-14シーズンからデビューを果たしました。

なお、フリーの演技で、ディズニー映画「シンデレラ」の曲を用いたことで、その美貌演技力からリアルシンデレラと多くの反響がありました。

プレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ

ブレイディ・テネル選手の家族構成まとめ

ブレイディ・テネル選手の家族構成は、母親・2人の弟の4人家族であり、シングルマザーなので父親がいません。

下記は、平昌オリンピック家族みんなでのインタビュー内容です。

母親の名前は、ジーン・テネルJean TENNELL)さんといい、看護師をしています。

プレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ,母親なお、過去の試合の解説時にテネル家の血筋の話が出ており、母親が「日本人の血筋がある」と言われていました。

そのため、母親が日米ハーフの可能性がありますが、上記の写真からは、ほとんど日本人要素がないので、間違った情報である可能性が高いと思います。

そして、2人の弟は、オースティン・テネルAustin TENNELL)さん、シェーン・テネルShane TENNELL)さんといい、アイスホッケー選手をしています。

プレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ,弟プレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ,弟なお、2人の弟たちは姉の1番のファンと公言しており、クラウドファウンディングで資金を募り、姉の出場する平昌オリンピックの応援に駆けつけています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


ブレイディ・テネル選手の怪我を乗り越えた経歴がすごい

ブレイディ・テネル選手は、初出場したJGPシリーズで8位全米ジュニア選手権優勝を果たすなど若い時から活躍が期待されていました。

2度の怪我を経験していますが、その怪我を乗り越えて、アメリカ国内では圧巻の強さを誇り、国際大会での優勝を期待されている選手です。

そんなブレイディ・テネル選手について、現在までの経歴まとめ乗り越えた怪我という流れで、ご紹介していきます。

ブレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ

ブレイディ・テネル選手の現在までの経歴まとめ

ジュニア時代

2015年「全米ジュニア選手権」優勝
2016年「世界ジュニア選手権」11位
2016年「全米選手権」6位
2017年「世界ジュニア選手権」7位
2017年「全米選手権」9位

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

シニア時代

2018年「全米選手権」優勝
2018年「世界選手権」6位
2018年「平昌オリンピック」9位
2019年「全米選手権」2位
2019年「四大陸選手権」5位
2019年「世界選手権」7位
2019年「スケートアメリカ」2位
2019年「スケートカナダ」4位
2019年「CSワルシャワ杯」2位
2019年「GPファイナル」 5位
2020年「全米選手権」3位
2020年「四大陸選手権」3位

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

ブレイディ・テネル選手は、上記以外にも上位入賞を果たしている大会がいくつもあります。

ブレイディ・テネル選手は、アメリカ女子スケート選手の中で、2015-16シーズン以降に200点を超えた初めての選手です。

プレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカ,経歴なお、アメリカ女子シングル選手で200点を超えたスコアを出したのは、アシュリー・ワグナー選手とグレイシー・ゴールド選手が最後となっていました。

また、平昌オリンピックでは、団体戦のSPで自己ベストの68.96点をマークし5位、アメリカチームとして、銅メダルを獲得しました。

さらに、個人戦では9位、これは今大会の女子シングルにおけるアメリカ人選手の最高位でした。

なお、初出場の世界選手権では6位、ロシア勢が強い女子フィギュア界において、表彰台に上がることができる実力があると思います。

スポンサーリンク

ブレイディ・テネル選手が乗り越えた怪我とは?

ブレイディ・テネル選手の怪我は、腰椎の疲労骨折です。

1度目の怪我は、2015年5月であり、夏の間は練習することもままならない状態でした。

その後、2015年のJGPオーストリア杯で怪我から復帰、11位という成績を残しています。

2016年の全米選手権6位世界ジュニア選手権11位となりました。

プレイディ・テネル,フィギュア,スケート,女子,アメリカしかし、シニアとジュニアの試合を掛け持ちしていたこともあり、2016年6月に2度目腰椎の疲労骨折が見つかってしまいました。

ちなみに、宮原知子選手も疲労骨折を経験しており、約1年ほど治療に費やしています。

宮原知子選手の場合は、食生活の見直し体重の増量に取り組んだそうです。

もっと詳しく知りたい人へ!

上記のように、フィギュアスケート選手にとって、疲労骨折というのは非常に身近な怪我であり、長期の療養を要する選手生命に関わることなのだと思いました。

そして、ブレイディ・テネル選手は、2016年9月からピラティスのトレーニングを始めました。

なお、ピラティスとは腹式呼吸をしながらゆったりとした動きで、体の奥の筋肉を鍛え丈夫にする運動であり、体に負担をかけないで、筋肉を鍛えられるため、老若男女問わず人気があります。

また、ピラティス怪我の治療をしていく中でリハビリとしても使用されています。

そして、2017年のロンバルディア杯では、表彰台には届きませんでしたが、自己ベストを大幅に更新する196.70点を叩き出しました。

さらに、2017年のスケートアメリカでは自身初の200点越え宮原知子選手・坂本花織選手に次ぐ3位となり、見事に2度の怪我からの復活を遂げています。

そんなアメリカ国内では圧巻の強さを誇るブレイディ・テネル選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!