ベリンダベンチッチが可愛い【画像】Wikiプロフと経歴まとめ!
LINEで送る
Pocket

スイス出身女子プロテニスプレイヤーであるベリンダ・ベンチッチ選手は、2014年WTAアワード年間最優秀新人賞を受賞した実力のある選手です。

なお、テニス実力だけでなく、多くのテニスファンから可愛いとその美貌にも注目が集まっています。

そんなベリンダ・ベンチッチ選手について、可愛い画像Wikiプロフィール現在までの経歴まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ベリンダ・ベンチッチ選手が可愛い【画像】

ベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイス,可愛いベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイス,可愛いベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイス,可愛いベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイス,可愛い上記の画像より、モデルのような抜群のスタイル大人の色気がある美貌なので、多くのテニスファンから可愛いと言われる理由が分かります。

下記は、インスタグラムですが、スイスでは栄養ドリンクCM雑誌モデルなどでも活動しているようです。

また、世界90カ国商品を販売、100年以上歴史を持つスイス老舗企業であるカランダッシュCARN D’ACHE)とメインスポンサー契約を結んでいるようです。

上記のように、女子プロテニスプレイヤーでありながら、CM雑誌にも出演、スイスでも人気があるベリンダ・ベンチッチ選手の今後の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

ベリンダ・ベンチッチ選手のWikiプロフィール

ベリンダ・ベンチッチ選手は、4歳テニスを始めました。

そして、マルチナ・ヒンギス選手の母親であるメラニー・モリターさんの指導を受けています。

ベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイス,幼少期その後、テニス才能はすぐに開花、2012年よりフェドカップスイス代表として出場を果たしています。

ベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイス

名前:ベリンダ・ベンチッチ
英語名:Belinda Bencic
生年月日:1997年3月10日
年齢:23歳(2020年時点)
国籍:スイス
出身地:スイス・フラウィル
身長:175cm
体重:63cm
趣味:愛猫キノと友達と過ごすこと・読書
利き手:右
バックハンド:両手打ち

参考元:Wikipedia国際テニス連盟

ベリンダ・ベンチッチ選手は、ジュニア時代からITF世界ランキング最高位2位、その当時からすでに一般のツアーにも参戦していました。

ベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイス,ジュニア時代そして、2013年全仏オープンウィンブルドンジュニア女子シングルス優勝を果たしています。

ベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイスなお、全仏オープンでは、姉弟子マルチナ・ヒンギス選手譲りなのか、自由な発想に溢れており、リターンのポジショニングで長身の選手に揺さぶりをかけたりストロークでも自分からどんどんコースを変えていくプレーを見せるなど、圧巻優勝だったようです。

さらに、東レ・パンパシフィック・オープンでは、主催者推薦で出場、2回戦優勝したペトラ・クビトバ選手に敗れましたが、存在感を示しています。

上記のように、ベリンダ・ベンチッチ選手は、ジュニア時代からすでに将来活躍を期待されていた女子テニスプレイヤーだったことが分かります。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


ベリンダ・ベンチッチ選手の現在までの経歴まとめ

2014年「天津オープン」準優勝
2015年「ロスマーレン・グラスコート選手権」準優勝
2015年「イーストボーン国際」優勝
2015年「東レ パン パシフィック・オープン・テニストーナメント」準優勝
ベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイス,経歴
2016年「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」準優勝
2018年「BGLルクセンブルク・オープン」準優勝
2019年「ドバイ・テニス選手権」優勝
ベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイス,経歴
2019年「マヨルカ・オープン」準優勝

参考元:Wikipedia国際テニス連盟

ベリンダ・ベンチッチ選手は、優勝回数は少ないように見えますが、準優勝回数が多く、常に上位で戦い続けている実力のある選手であることが分かります。

なお、2016年2009年キャロライン・ウォズニアッキ選手以来となる10代でのトップ10入りを果たしました。

しかし、怪我で調子が上がらず、最終的世界ランキング42位となってしまい、2017年4月左手首手術を受けています。

その後、2018年1月ホップマンカップにて、ロジャー・フェデラーダブルスを組み、優勝を果たしています。

ベリンダ・ベンチッチ,テニス,女子プロ,スイス,経歴下記は、現在までの優勝回数最高位です。

「WTAシングルス」4勝
「WTAダブルス」2勝
「シングルス最高位」7位
「ダブルス最高位」59位

参考元:Wikipedia国際テニス連盟

下記は、現在までの4大大会での最高成績です。

「全豪オープン」4回戦
「全仏オープン」3回戦
「ウィンブルドン」4回戦
「全米オープン」ベスト4

参考元:Wikipedia国際テニス連盟

上記のように、それほど優勝回数が多い訳ではなく、4大大会での優勝もまだありません。

しかし、怪我を乗り越え2019年ドバイ・テニス選手権では、強敵であるぺトラ・クビトバ選手を破っての優勝を果たしているので、今後の活躍が楽しみだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!