アリーナ・ザギトワのコーチと振付師がイケメン!経歴がすごい理由は指導力?
LINEで送る
Pocket

女子フィギュアスケートアリーナ・ザギトワ選手は、2018年平昌オリンピック金メダルを獲得した女子シニア界ナンバーワン選手です。

そして、コーチ振付師イケメンであると多くのフィギュアスケートファンから注目されています。

そんなアリーナ・ザギトワ選手について、コーチがイケメン振付師がイケメン経歴が凄い理由は指導力という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

アリーナ・ザギトワ選手のコーチがイケメン?

アリーナ・ザギトワ選手のコーチイケメンという情報がありました。

詳しく調べてみましたが、どうやら振付師イケメンのようです。

そして、その振付師コーチ兼振付師という肩書きのため、コーチがイケメンという噂となったようです。

少し認識の違いがありましたが、アリーナ・ザギトワ選手のコーチについて、コーチは誰コーチの教え子は誰という流れで、ご紹介していきます。

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケート

アリーナ・ザギトワ選手のコーチは誰?

アリーナ・ザギトワ選手のコーチは、エテリ・トゥトベリーゼさん、セルゲイ・デュダコフさんです。

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケート,コーチ

エテリ・トゥトベリーゼコーチとは?

エテリ・トゥトベリーゼコーチ

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケート,コーチ,エテリトゥトベリーゼ

1974年2月24日生まれ、ロシア出身の元女子フィギュアスケート選手です。コーチは5人兄弟の末っ子であり、元々はシングル選手でしたが、後にアイスダンス選手に転向しました。18歳の時にアメリカに移住6年間の間にIce Capadesで3年ほどアダージョペアスケーターとして参加後アメリカでコーチに転身しました。その後ロシアに帰国モスクワのサンボ70セルゲイ・デュダコフさんと共同コーチをしています。

なお、コーチ未婚となりますが、2003年ラスベガスダイアナさんを出産、アイスダンス選手であるコーチも務めています。

セルゲイ・デュダコフコーチとは?

セルゲイ・デュダコフコーチ

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケート,コーチ,セルゲイデュダコフ

1970年1月31日生まれロシア出身の元男子フィギュアスケート選手です。現役時代はシングルスケート選手として活躍1989年と1990年のピルエッテン1989年のゴールデンスピンで優勝を果たしています。そして、2003年からコーチとして活動を開始し、2006~11年まではロシアのユースコーチを務めていました。その後、2012年からエテリ・トゥトベリーゼさんと共に、モスクワのサンボ70共同コーチを務めています。

スポンサーリンク

アリーナ・ザギトワコーチの教え子は誰?

エテリ・トゥトベリーゼコーチセルゲイ・デュダコフコーチは、ジュニアシングル選手ノービス時代から教える事が多いです。

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケート,コーチ,エテリトゥトベリーゼ下記は、現在主な教え子たちと経歴の一覧となりますが、その他にも5名教え子がいます。

アレクセイ・エロホフ選手(2018年「世界ジュニア選手権」優勝
アレクサンドラ・トゥルソワ選手(2018年「世界ジュニア選手権」優勝
アンナ・シェルバコワ選手(2018年「ロシア選手権」優勝
アリョーナ・コストルナヤ選手(2018年「JGPファイナル」優勝

参考元:Wikipedia

下記は、以前主な教え子たちと経歴の一覧となりますが、その他にも7名元教え子がいます。

ユリア・リプニツカヤさん(2014年「ソチオリンピック金メダル
エフゲニア・メドベージェワ選手(2018年「平昌オリンピック銀メダル
セルゲイ・ボロノフ選手(2014年「JGPファイナル」3位

参考元:Wikipedia

上記の教え子や元教え子たちの経歴と一覧より、アリーナ・ザギトワ選手の二人のコーチは、世界ジュニア選手権GPファイナルといったトップクラスが集まる大会での表彰台優勝オリンピックでのメダリストたちを輩出している優秀なコーチであることが分かります。

スポンサーリンク

アリーナ・ザギトワ選手の振付師がイケメン?

アリーナ・ザギトワ選手は、女子フィギュアスケート選手として、史上6人目となる3回転ルッツ-3回転ループコンビネーションジャンプを成功させたり、フリーにおいて、全てのジャンプ要素を後半に跳んだ史上初の選手など、ジャンプに定評があります。

さらに、ジャンプ以外の妖艶な演技力にも高い評価があり、その振付を担当している振付師イケメンと多くの反響があります。

そのため、アリーナ・ザギトワ選手の振付師について、振付師は誰振付師の教え子は誰という流れで、ご紹介していきます。

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケート,コーチ,ダニイルグレイヘンガウス

アリーナ・ザギトワ選手の振付師は誰?

アリーナ・ザギトワ選手の振付師は、ダニイル・グレイヘンガウスさんです。

ダニイル・グレイヘンガウスさん

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケート,コーチ,ダニイルグレイヘンガウス

1991年6月3日生まれロシア出身の元フィギュアスケート選手アイスダンス男子シングルです。現役時代には、2007年のロシアジュニア選手権で銅メダル、そして、ジュニアグランプリシリーズに出場しています。さらに、アイスダンスの選手としては、 パートナーのクセニヤ・コロブコワさんと2011-12年シーズンから国際試合に出場、 2011年のNRW杯で優勝を果たしました。引退後、モスクワのサンボ70にて、エテリ・トゥトベリーゼコーチセルゲイ・デュダコフコーチと共に、コーチ兼振付師として活躍しています。

なお、ダニイル・グレイヘンガウスさんは、イケメンであり、「君に読む物語」や「ラララ・ランド」などの映画に出演しているカナダ出身ハリウッド俳優であるライアン・ゴズリングさんに似ていると言われています。

【ライアン・ゴズリングさん】アリーナザギトワ,振付師,ダニイル・グレイヘンガウス,似てる,ライアン・ゴスリング

そして、アリーナ・ザギトワ選手の担当をしている振付は下記です。

【ショートプログラム】
「映画『ブラック・スワン』より」
「映画『ムーンライト』より」

【フリープログラム】
「バレエ音楽『ドン・キホーテ』より」

参考元:Wikipedia

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケート,コーチ,ダニイルグレイヘンガウス

アリーナ・ザギトワ選手の振付師の教え子は誰?

エフゲニア・メドベージェワ選手

2018年「平昌オリンピック銀メダル
アンナ・カレーニナ」・ムーンライト伝説

参考元:Wikipedia

ポリーナ・ツルスカヤ選手

2015年「JGPファイナル」優勝
Light of the Seven」・アルビノーニのアダージョ

参考元:Wikipedia

イヴァン・リギーニ選手

「イタリア選手権」優勝4回
リバーダンス

参考元:Wikipedia

イリヤ・スキルダ選手

2016年「JGPファイナル」6位
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

参考元:Wikipedia

アディアン・ピトキーエフ選手

2014年「世界ジュニア選手権」2位
Pain, Appassionata

参考元:Wikipedia

上記の情報から、ダニイル・グレイヘンガウスさんは、エフゲニア・メドベージェワ選手など、好成績を残している多くの選手振付を担当しており、優秀な振付師であることが分かります。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


アリーナ・ザギトワ選手の経歴が凄いのは指導力?

上記まででご紹介してきた通り、2人のコーチイケメン振付師は、非常に優秀なので、指導力アリーナ・ザギトワ選手の現在までの経歴の要因だと思います。

そんなアリーナ・ザギトワ選手について、Wikiプロフィール凄い経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケート,コーチ,振付師

アリーナ・ザギトワ選手のWikiプロフィール

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケート

名前:アリーナ・ザギトワ
生年月日:2002年5月18日
年齢:18歳(2020年時点)
出身地:ロシアのイジェフスク
血液型:AB型
身長:158cm
趣味:ペットの世話・絵を書くこと
家族構成:父親・母親・妹
所属:サンボ70

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

アリーナという名前ですが、ロシア新体操選手2004年のアテネオリンピック金メダリストアリーナ・カバエワさんに由来しています。

そして、5歳の時からスケートを始めましたが、専門的にフィギュアスケートを始めたのは、7歳からでした。

スポンサーリンク

アリーナ・ザギトワ選手の凄い経歴まとめ

ジュニア時代

2016年「JGPファイナル」優勝
2016年「ロシア選手権」2位

2017年「ロシアジュニア選手権」優勝
2017年「ユースオリンピックフェスティバル」優勝
2017年「世界ジュニア選手権」優勝

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

シニア時代

2017年「GPファイナル」優勝
2017年「ロシア選手権」優勝

2018年「ヨーロッパ選手権」優勝
2018年「平昌オリンピック金メダル
2018年「世界選手権」5位
2018年「GPファイナル」2位
2018年「ロシア選手権」5位

2019年「ヨーロッパ選手権」2位
2019年「世界選手権」優勝
2019年「フランス国際」2位
2019年「NHK杯」3位
2019年「GPファイナル」6位

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

上記の経歴より、ジュニア時代現在のシニア時代圧倒的に強い選手であることが分かります。

アリーナザギトワ,女子フィギュア,スケートさらに、下記のような偉大な記録を叩き出しており、未だに破られていません。

ジュニアクラスフリー世界最高得点
ジュニアクラストータル世界最高得点
ジュニアクラス史上初200点超え
ショート世界最高得点

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

上記のように、女王というべき強さを持ったアリーナ・ザギトワ選手ですが、スケートを始めて3年経過した10歳まで表彰台には上ったことはありませんでした。

12歳の時にある大会に出場するため、モスクワに滞在していた際、母親に懇願し、現在のコーチであるエテリ・トゥトベリーゼコーチの元を訪れました。

2015年から親元を離れ、モスクワに住む祖母と同居しながら、トレーニングを開始しましたが「自発的に練習することを理解できていない。」とわずか3か月で見限られています。

その後、同じリンク内でアンナ・ツァリョーワコーチの指導を受けていましたが、怪我の療養を経て、故郷に帰ろうと決意しました。

そして、花束を持って、エテリ・トゥトベリーゼコーチの元へ挨拶に行ったところ「もう一度試してみましょう。」と声を掛けられ、再び指導を受けることになりました。

もしも、エテリ・トゥトベリーゼコーチに、見限られたままだったら、現在アリーナ・ザギトワ選手の活躍はなかったと思います。

そのため、優秀な指導力を持つ2人のコーチ振付師との出会い強さの秘密なのではないかと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!