アレクサンドラ・トルソワのコーチと振付師がイケメン【画像】経歴と記録がすごい!
LINEで送る
Pocket

アレクサンドラ・トルソワ選手は、2017・18年の世界ジュニア選手権、2017年のJGPファイナル優勝しています。

シニアでの活躍が期待されていますが、コーチと振付師がイケメンとスケートファンから反響があるようです。

そんなアレクサンドラ・トルソワ選手について、コーチがイケメン【画像】振付師がイケメン【画像】経歴と記録がすごいという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

アレクサンドラ・トルソワ選手のコーチがイケメン【画像】

アレクサンドラ・トルソワ選手のコーチがイケメンという情報がありました。

詳しく調べてみましたが、どうやら振付師がイケメンのようです。

そして、その振付師がコーチ兼振付師という肩書きのため、コーチがイケメンという噂となったようです。

少し認識の違いがありましたが、アレクサンドラ・トルソワ選手のコーチについて、コーチは誰コーチの教え子は誰という流れで、ご紹介していきます。

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケート

アレクサンドラ・トルソワ選手のコーチは誰?

アレクサンドラ・トルソワ選手のコーチは、エテリ・トゥトベリーゼさん、セルゲイ・デュダコフさんです。

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケート,コーチ

エテリ・トゥトベリーゼコーチとは?

エテリ・トゥトベリーゼコーチ

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケート,コーチ,エテリ・トゥトベリーゼ

1974年2月24日生まれロシア出身の元女子フィギュアスケート選手です。5人兄弟の末っ子であり、元々はシングル選手でしたが、後にアイスダンス選手に転向しています。18歳の時にアメリカに移住6年間の間に、Ice Capadesで3年ほどアダージョペアスケーターとして参加後、アメリカでコーチに転身しました。その後、ロシアに帰国、モスクワのサンボ70セルゲイ・デュダコフさんと共同コーチをしています。

なお、コーチは未婚ですが、2003年にラスベガスで娘のダイアナさんを出産、アイスダンス選手である娘のコーチも務めています。

スポンサーリンク

セルゲイ・デュダコフコーチとは?

セルゲイ・デュダコフコーチ

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケート,コーチ,セルゲイ・デュダコフ

1970年1月31日生まれロシア出身の元男子フィギュアスケート選手です。現役時代は、シングルスケート選手として活躍、1989年と1990年のピルエッテン1989年のゴールデンスピンで優勝を果たしています。2003年からコーチとして活動を開始、2006~11年まではロシアのユースコーチを務めていました。その後、 2012年からエテリ・トゥトベリーゼさんと共に、モスクワのサンボ70共同コーチを務めています。

アレクサンドラ・トルソワ選手のコーチの教え子は誰?

エテリ・トゥトベリーゼコーチ、セルゲイ・デュダコフコーチは、ジュニアのシングル選手をノービス時代から教える事が多いです。

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケート,コーチ,教え子下記は、現在の主な教え子たちと経歴の一覧ですが、その他にも5名の教え子がいます。

アリーナ・ザギトワ選手(2018年「平昌オリンピック優勝
アレクセイ・エロホフ選手(2018年「世界ジュニア選手権」優勝
アンナ・シェルバコワ選手(2018年「ロシア選手権」優勝
アリョーナ・コストルナヤ選手(2018年「JGPファイナル」優勝

下記は、以前の主な教え子たちと経歴の一覧ですが、その他にも7名の元教え子がいます。

ユリア・リプニツカヤさん(2014年「ソチオリンピック金メダル
エフゲニア・メドベージェワ選手(2018年「平昌オリンピック銀メダル
セルゲイ・ボロノフ選手(2014年「JGPファイナル」3位

上記の教え子や元教え子たちの経歴と一覧より、アリーナ・ザギトワ選手の2人のコーチは、世界ジュニア選手権GPファイナルといったトップクラスが集まる大会での表彰台優勝、そして、オリンピックでのメダリストたちを輩出している優秀なコーチであることが分かります。

スポンサーリンク

アレクサンドラ・トルソワ選手の振付師がイケメン?

アレクサンドラ・トルソワ選手は、2018年のロシアジュニア選手権4回転ルッツを成功させるなどジャンプの凄さに注目が集まりますが、演技力にも非常に高い評価があります。

そんな演技力の要である振付を担当している振付師イケメンと多くの反響があります。

そのため、アレクサンドラ・トルソワ選手の振付師について、振付師は誰振付師の教え子は誰という流れで、ご紹介していきます。

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケート

アレクサンドラ・トルソワ選手の振付師は誰?

アレクサンドラ・トルソワ選手の振付師は、ダニイル・グレイヘンガウスさんです。

ダニイル・グレイヘンガウスさん

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケート,振付師,ダニイル・グレイヘンガウス,

1991年6月3日生まれロシア出身の元フィギュアスケート選手アイスダンス男子シングルです。現役時代は、2007年のロシアジュニア選手権で銅メダルジュニアグランプリシリーズに出場しています。アイスダンスの選手としては、パートナーのクセニヤ・コロブコワさんと2011-12年シーズンから国際試合に出場、2011年のNRW杯で優勝を果たしました。引退後、モスクワのサンボ70にて、エテリ・トゥトベリーゼコーチセルゲイ・デュダコフコーチと共に、コーチ兼振付師として活躍しています。

なお、ダニイル・グレイヘンガウスさんはイケメンであり「君に読む物語」や「ラララ・ランド」などの映画に出演しているカナダ出身のハリウッド俳優であるライアン・ゴズリングさんに似ていると言われています。

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケート,振付師,ダニイル・グレイヘンガウス,似てる,ライアン・ゴズリングなお、アレクサンドラ・トルソワ選手の担当をしている振付は下記です。

【ショートプログラム】
「『ペール・ギュント』作品23より」
「映画『キル・ビル』より」
「Big Spender」

【フリープログラム】
「ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』より」
「映画『フィフス・エレメント』より」
「四季より『夏』」

参考元:Wikipedia

アレクサンドラ・トルソワ選手の振付師の教え子は誰?

ダニイル・グレイヘンガウスさんが振付を手がけた主な選手や経歴と作品は下記です。

エフゲニア・メドベージェワ選手:2018年「平昌オリンピック銀メダル
アンナ・カレーニナムーンライト伝説

ポリーナ・ツルスカヤ選手:2015年「JGPファイナル」優勝
Light of the Sevenアルビノーニのアダージョ

イヴァン・リギーニ選手:「イタリア選手権」優勝4回
リバーダンス

イリヤ・スキルダ選手:2016年「JGPファイナル」6位
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

アディアン・ピトキーエフ選手:2014年「世界ジュニア選手権」2位
Pain, Appassionata

引用元:Wikipedia

上記の情報から、ダニイル・グレイヘンガウスさんは、エフゲニア・メドベージェワ選手など好成績を残している多くの選手の振付を担当、優秀な振付師であることが分かります。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


アレクサンドラ・トルソワ選手の経歴と記録がすごい

同じ世代にアンナ・シェルバコワ選手やアリョーナ・コストルナヤ選手などの強力なライバルがいます。

しかし、現在までの経歴より、アレクサンドラ・トルソワが一歩リードしていると思われます。

そんなアレクサンドラ・トルソワ選手について、Wikiプロフィールすごい経歴まとめすごい記録まとめという流れで、ご紹介していきます。

もっと詳しく知りたい人へ!

アレクサンドラ・トルソワ選手のWikiプロフィール

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケート

名前:アレクサンドラ・トゥルソワ
生年月日:2004年6月23日
年齢:16歳(2020年時点)
出身地:ロシアのリャザン
身長:155cm
趣味:読書・家族と過ごすこと
所属:サンボ70

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

アレクサンドラ・トルソワ選手は、2008年の4歳からフィギュアスケートを始めました。

そして、両親は仕事を辞めて、練習に付き添い、何処にも行かずに練習に取り組んでいたそうです。

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケート小学生になっても練習の日々は続き、2014年のソチオリンピックを見て「私もオリンピックで優勝したい。」と思い、さらに日々の練習にストイックに取り組んでいったそうです。

そんな幼少期から練習に付き合ってきた父親や母親の情報がほとんどありませんでしたが、父親はアレクサンドラ・ボルコフさんという名前であり、柔道サンボなどをする根っからのアスリートでした。

スポンサーリンク

アレクサンドラ・トルソワ選手のすごい経歴まとめ

ノービス時代

2015年「タリントロフィー」2位

参考元:WikipediaFSKATE.RU

ジュニア時代

2017年「ロシアジュニア選手権」4位
2017年「JGPファイナル」優勝

2018年「ロシアジュニア選手権」優勝
2018年「世界ジュニア選手権」優勝
2018年「JGPファイナル」2位
2018年「ロシア選手権」2位

2019年「ロシアジュニア選手権」優勝
2019年「世界ジュニア選手権」優勝

参考元:WikipediaFSKATE.RU

シニア時代

2019年「CSネペラ記念」優勝
2019年「スケートカナダ」優勝
2019年「ロステレコム杯」優勝
2019年「GPファイナル」3位
2020年「ヨーロッパ選手権」3位

参考元:WikipediaFSKATE.RU

ジュニア時代は優勝回数が多く、同じジュニア世代の中ではナンバーワンの実力であることが分かります。

アレクサンドラ・トルソワ,女子フィギュア,スケートそんなアレクサンドラ・トルソワ選手の強さの秘密はジャンプです。

アクセルを除く5種類3回転ジャンプ、トゥループ・サルコウの2種類4回転ジャンプを跳ぶことが出来ます。

そして、コンビネーションジャンプでは、高難度のジャンプや3連続ジャンプ・セカンドジャンプにループジャンプを跳ぶことが出来るので、コンビネーションジャンプのバリエーションが豊富です。

3回転ルッツ-3回転ループ
3回転フリップ-3回転ループ
3回転ルッツ-3回転トゥループ
3回転フリップ-3回転トゥループ
2回転アクセル-3回転トゥループ
3回転ルッツ-1回転ループ-3回転サルコウ
3回転フリップ-1回転ループ-3回転サルコウ

参考元:Wikipedia

アレクサンドラ・トルソワ選手のすごい記録まとめ

【スコア】
ジュニアクラスフリースケーティング世界最高得点(153.49点
ジュニアクラストータルスコア世界最高得点(225.52点
フリースケーティング技術点世界最高得点(92.35点
フリースケーティング世界最高得点(163.78点
トータルスコア世界最高得点(241.02点

【ジャンプ】
4回転ルッツ:女子史上初
4回転フリップ:女子史上初
4回転トウループ:女子史上初
4回転サルコウ:女子史上2人目
同じプログラムで3回の4回転ジャンプ:女子史上初
3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションジャンプ:女子史上7人目

参考元:WikipediaFSKATE.RU

2018年の世界ジュニア選手権のフリースケーティングにおいて、4回転トゥループと4回転サルコウを成功させたのは、安藤美姫選手に次いで2人目であり、4回転トゥループを成功させたのは、女子史上初となっています。

さらに、ジュニアの大会ながら、フリースケーティングにおける技術点92.35点は、平昌オリンピック金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手を上回る得点となりました。

もっと詳しく知りたい人へ!

アレクサンドラ・トルソワ選手は、同じジュニア世代の中ではナンバーワンの実力です。

そんな現段階でもシニアで十分に通用する実力があるアレクサンドラ・トルソワ選手の今後の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク