LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

山中宏予選手は、埼玉上尾メディックス所属の女子バレーボール選手であり、2022年から全日本女子代表ミドルブロッカーとして活躍しています。

なお、学生時代から国体ベスト4になったり、最高到達点で関東女子バレーボール大学リーグの1位になる活躍を続けていました。

そんな山中宏予選手について、出身中学高校や大学学生時代のバレー経歴まとめWikiプロフィール可愛い画像まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

山中宏予選手の出身中学高校や大学はどこ?

山中宏予選手の出身中学高校や大学の主な学歴は下記です。

大泉第六小学校
和光市立大和中学校
細田学園高等学校
青山学院大学

ちなみに、小学6年生の時に友人に誘われたことがきっかけでバレーボールを始めました。

そんな山中宏予選手の出身中学校は、1947年創立の埼玉県和光市にある男女共学の公立中学校であり、バレーボールの強豪校という訳ではありません。

山中宏予,バレーボール,日本女子代表そして、出身高校の細田学園高等学校は、1921年創立の埼玉県志木市本町にある男女共学の私立高等学校です。

ちなみに、この高校の卒業生には、下記のように多くのプロバレーボール選手がいます。

荒木夕貴さん・権田寛奈選手・山中宏予選手(上尾メディックス)・小野寺夏希選手(岡山シーガルズ)

参考元:Wikipedia

上記のようにプロバレーボール選手を輩出している細田学園高等学校の女子バレーボール部は、「春高バレー」にて初出場ベスト8に輝き、10年連続出場を含め15回も出場を果たしています。

さらに、「高校総体」でベスト8、「国民体育大会」で5位・7位を誇る強豪校です。

山中宏予,バレーボール,日本女子代表その後の出身大学の青山学院大学は、1949年に設置された東京都渋谷区渋谷四丁目4番25号に本部を置く私立大学です。

山中宏予,バレーボール,日本女子代表なお、女子バレーボール部は、関東大学バレーボール1部リーグの強豪校であり、下記のような素晴らしい成績を残しています。

東日本インカレ:優勝6回準優勝6回
全日本インカレ:優勝5回準優勝4回

参考元:東日本インカレWikipedia全日本インカレWikipedia

ちなみに、卒業生には、現役選手や引退選手も合わせると10名以上のプロ選手を輩出しています。

及川真夢選手(岡山シーガルズ)・小島満菜美選手(NECレッドロケッツ)・今村優香選手(久光スプリングス)・吉岡可奈選手(ヴィクトリーナ姫路)

参考元:Wikipedia

そして、2022年1月にVプレミアリーグの埼玉上尾メディックス入団内定を決め、岳野ひかる選手・堀迫雅選手・亀井美子選手・岡崎安湖さんと共に2022年4月に入団を果たしています。

スポンサーリンク

山中宏予選手の学生時代のバレー経歴まとめ

山中宏予選手は、12歳小学6年生の時に友人に誘われたことがきっかけでバレーボールを始めました。

そして、出身中学はバレーボールの強豪校ではなく、バレーボール部には所属していたと思いますが、成績などの情報は見つかりませんでした。

山中宏予,バレーボール,日本女子代表その後の高校時代には、2017年の「愛媛つなぐえひめ国体」でベスト4となり、高校選抜として世界大会にも出場を果たしています。

山中宏予,バレーボール,日本女子代表大学時代には、2年生で既に最高到達点301cmであり、大学3年生では311cmまで最高到達点を伸ばしています。

ちなみに、この最高到達点311cmは、当時の関東女子バレーボール大学リーグでは1位でした。

山中宏予,バレーボール,日本女子代表そして、2021年の「秋季関東大学女子1部バレーボールリーグ」でブロック賞を獲得しています。

また、2021年の「全日本大学女子選手権大会ミキプルーンスーパーカレッジバレー」で5という成績も残しています。

さらに、全国から24名の大学生が参加する「FISUワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード競技大会)」に向けた選抜候補選考合宿に参加するほどの実力も誇っていました。

山中宏予,バレーボール,日本女子代表上尾メディックスに入団後は、2017-18シーズンは4試合・2018-19シーズンは4試合・2020-21シーズンは24試合・2021-22シーズンは33試合に出場を果たしており、着実にチームの主力選手へと成長を遂げています。

山中宏予,バレーボール,日本女子代表そして、2022年の日本代表登録メンバー初選出、2022年の「AVCカップ」で日本代表デビューを果たしました。

さらに、その大会で初優勝を果たし、自身もベストミドルブロッカーを獲得する活躍を続けています。

山中宏予,バレーボール,日本女子代表下記は、日本女子代表としての主な経歴と現在までの受賞歴です。

【全日本女子代表】2022年~
2022年「AVCカップ」優勝

【受賞歴】
2022年「AVCカップ」ベストミドルブロッカー

そして、チームの公式サイトにて、「受賞を自信につなげリーグ戦に向けて頑張る」と語っており、今後の活躍も期待されています。

スポンサーリンク

山中宏予選手のWikiプロフィール

山中宏予,バレーボール,日本女子代表
名前:山中 宏予(やまなか ひろよ

愛称:ヒロ
生年月日:1999年11月11日
年齢:22歳(2022年時点)
出身地:埼玉県和光市
血液型:AB型
身長:181cm
体重:66kg
趣味:YouTubeを観ること
特技:初めて出会う人でもすぐ仲良くなれる
足のサイズ:26.5cm
最高到達点:314cm

ポジション:ミドルブロッカー
所属チーム:埼玉上尾メディックス

参考元:Wikipedia山中宏予|メンバー|埼玉上尾メディックス

山中宏予選手の家族構成は、父親・母親・弟の4人家族です。

なお、小学6年生の時に友人に誘われたことでバレーボールを始めていますが、両親や弟もバレーボールをしているかどうかの情報はありませんでした。

ちなみに、大学時代には最高到達点311cmで現在は最高到達点314cmという凄いジャンプ力を誇っているので、両親のどちらかが元スポーツ選手という可能性もあるかもしれません。

スポンサーリンク

山中宏予選手の可愛い画像まとめ

山中宏予,バレーボール,日本女子代表山中宏予,バレーボール,日本女子代表山中宏予,バレーボール,日本女子代表上記の画像より、可愛らしく笑顔が素敵な女性であり、多くのバレーファンから可愛いと言われる理由が分かります。

なお、現在のところ、インスタグラムのアカウントはないようですが、開設されたら、プライベートや練習のオフショットなどの投稿もされると思うので、要チェックかと思います。

そんな2022年から全日本女子代表のミドルブロッカーとして活躍を続ける山中宏予選手の今後の活躍を楽しみに引き続き応援していきます。

スポンサーリンク