山口智子の若い頃が可愛い【画像】昔と現在のドラマやCMまとめ!
LINEで送る
Pocket

山口智子さんは、研音所属の女優であり、1990年代には連ドラクイーン高視聴率の女王と呼ばれるほど同世代の女性から圧倒的な人気がありました。

現在でも50代とは思えない美貌とスタイルで綺麗と言われていますが、多くのファンや視聴者から若い頃が可愛いとも言われています。

そんな山口智子さんについて、若い頃が可愛い【画像】Wikiプロフィールまとめ昔と現在のドラマやCMまとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

山口智子さんの若い頃がかわいい【画像】

【若い頃の山口智子さん】山口智子,女優,若い頃,可愛い山口智子,女優,若い頃,可愛い【現在の山口智子さん】山口智子,女優,現在,綺麗山口智子,女優,現在,綺麗

上記の画像より、若い頃も現在も素敵な笑顔が特徴的な女性であり、多くのファンや視聴者から可愛い綺麗と言われる理由が分かります。

なお、1995年12月15日に唐沢寿明さんと結婚しており、現在でも手を繋いで寝るなどラブラブな夫婦であることは有名です。

そして、具体的な方法などは分かりませんでしたが、美肌を維持するために、いろいろなことをやっていると語っています。

また「食べたい時に食べたい物を食べたいだけ食べる。」など甘やかしタイムを取り入れ、ストレスを貯めないようにしたりしています。

上記のように、いつまでも夫婦円満で過ごし、ストレスを貯めない良好な精神状態を保つということが、美貌の秘訣なのだと思いました。

スポンサーリンク

山口智子さんのWikiプロフィールまとめ

山口智子さんは、女優としての知名度が大きいですが、青山学院女子短期大学に在学中にモデルとして活動、キャンペーンガールを務めていました。

そんな山口智子さんについて、改めてどのような女優なのかを知ってもらうため、Wikiプロフィールデビューのきっかけという流れで、ご紹介していきます。

山口智子,女優,若い頃,可愛い

山口智子さんのWikiプロフィール

山口智子,女優
名前:山口智子(やまぐちともこ)
生年月日:1964年10月20日
年齢:56歳(2020年時点)
出身地:栃木県栃木市
血液型:A型
身長:170cm
趣味:映画鑑賞
特技:フラメンコ
職業:女優
事務所:研音

参考元:Wikipedia山口智子オフィシャルサイト

山口智子さんの家族構成は、父親・母親の3人家族です。

なお、実家は栃木市倭町内にかつて存在した創業120年の老舗旅館のホテル鯉保こいやすでした。

しかし、業績不振と父親の他界に伴う後継者難により、2005年8月31日で廃業しています。

また、有名な俳人である松尾芭蕉さんを経済的にも支援した門弟の杉山杉風さんの子孫にあたる家系でもあります。

特技のフラメンコは、20代から10年間に渡って本格的に取り組み、スペイン旅行で本場のフラメンコに触れるなどしており、2017年より再び練習を再開しています。

山口智子,女優,現在,綺麗

山口智子さんのデビューのきっかけは?

山口智子さんのデビューのきっかけは、1986年に東レキャンペーンガールに選ばれたことでした。

なお、青山学院女子短期大学時代から家業の旅館を継ぐ以外の道を模索する中で、モデルとして活動を開始、ViViモデルを務めていました。

山口智子,女優,デビュー,きっかけそして、当時の心境について、インタビューで下記のように語っています。

仕事を始めた理由は、極々シンプル。「田舎に帰りたくなかったから」。ほんと、不純な動機です。実家は当時、旅館を経営していて、一人娘の私は家業を継いで旅館の女将になるという道が定められていた。でも本心は揺らいでいて、20代前半の頃は、どうにか家業を継がないで済む方法はないだろうかと必死でもがいていました。

参考元:「山口智子が考える『幸せな生き方』」FRaU

その後、1987年にアサヒビールキャンペーンガール東急イングループのパンフレットのモデルを務めたり、CMモデルを中心に仕事をしていました。

山口智子,女優,デビュー,きっかけそして、たまたま受けた朝ドラのヒロインオーディションに合格、1998年の連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」でヒロインを務め、女優デビューを果たしました。

なお、1995年に結婚することになる唐沢寿明さんと義弟役で共演しています。

その後、女優として連ドラクイーン高視聴率の女王と呼ばれるほどの活躍をしましたが、1996年のロングバケーションに出演以降は、主婦業に数年の間、専念していました。

山口智子,女優,デビュー,きっかけそして、当時の心境について、インタビューで下記のように語っています。

私自身の人生は、これから先もずっとずっと続いていくのだから、自分が何に興味を持って、何を学びたいかを明確にして、自分自身で合点がいくことをしてみたいと思ったんですね。

結婚した直後だったこともあり、小さい頃に漠然と抱いていた「主婦になりたい」という夢をちゃんと実行してみようかなと。主婦って衣食住に関わって生活をクリエイトする仕事でしょ。面白そうだなと思って。

参考元:「山口智子が考える『幸せな生き方』」FRaU

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


山口智子さんの昔と現在のドラマやCMまとめ

山口智子さんは、1988年の女優デビュー以降連ドラクイーン高視聴率の女王と呼ばれる活躍をしており、現在でも出演作品は注目を集めています。

また、1995年の唐沢寿明さんとの結婚以降女優業よりもCMを中心に仕事をしており、現在までに多くの大手企業CMに出演しています。

そんな山口智子さんのドラマやCMまとめについて、昔と現在までのドラマ作品まとめ昔と現在までのCM作品まとめという流れで、ご紹介していきます。

山口智子,女優,現在,綺麗

山口智子さんの昔と現在までのドラマ作品まとめ

1988年「純ちゃんの応援歌」:主演・小野純子 役
1991年「もう誰も愛さない」:田代美幸 役
山口智子,女優,現在,昔,ドラマ
1993年「ダブル・キッチン」:主演・花岡都 役
山口智子,女優,現在,昔,ドラマ
1994年「スウィート・ホーム」:主演・井上若葉 役
1994年「29歳のクリスマス」:主演・矢吹典子 役
山口智子,女優,現在,昔,ドラマ
1995年「王様のレストラン」:磯野しずか 役
山口智子,女優,現在,昔,ドラマ
1996年「古畑任三郎『しばしのお別れ』」:二葉鳳翆 役
1996年「ロングバケーション」:主演・葉山南 役
2012年「ゴーイング マイ ホーム」:坪井沙江 役
山口智子,女優,現在,昔,ドラマ
2015年「心がポキッとね」:鴨田静 役
山口智子,女優,現在,昔,ドラマ
2017年「ハロー張りネズミ」:風かほる 役
2018年「BG~身辺警護人~」:小田切仁美 役
山口智子,女優,現在,昔,ドラマ
2019年「なつぞら」:岸川亜矢美 役
2019年「監察医 朝顔」:夏目茶子 役

参考元:Wikipedia研究 KEN-ON

山口智子さんは、1988年の女優デビュー以降40作品以上に出演しています。

映画に関しては、ドラマほど多くの作品に出演しておらず、1994年の居酒屋ゆうれい岩井俊二監督の作品、Coo 遠い海から来たクーライラの冒険 黄金の羅針盤崖の上のポニョ声優として参加しています。

多くのトレンディードラマに出演、その中でも高視聴率を叩き出した29歳のクリスマス王様のレストランロングバケーションなどに出演したことで、連ドラクイーン高視聴率の女王と呼ばれるまでの女優になりました。

また、2012年のゴーイング マイ ホーム16年ぶりの連続ドラマ出演、2015年の心がポキッとね19年ぶりの連続ドラマのラブストーリーに出演しました。

さらに、2018年のBG~身辺警護人~22年ぶり木村拓哉さんとの再共演、大きな話題になり、昔も現在も影響力のある女優であることが分かります。

スポンサーリンク

山口智子さんの昔と現在までのCM作品まとめ

1989~93年「山崎製パン」
山口智子,女優,現在,昔,CM
1993~96年「エステー化学『シャルダン』」
1993~96年「京阪電気鉄道『京阪で近道』」
山口智子,女優,現在,昔,CM
1994~96年「日産自動車『セフィーロ』」
1996~00年「日本テレコム」
山口智子,女優,現在,昔,CM
2000~05年「資生堂コスメニティー『アスプリール』」
2001~03年「大王製紙」
2003~06年「宝くじ『スクラッチ』」
2004~08年「イオン『singing AEON』」
山口智子,女優,昔,出演作品,CM
2007~09年「P&G『h&s』」
2013年~「サントリー『オールフリー』」
山口智子,女優,昔,出演作品,CM
2019年~「アサヒビール『アサヒもぎたて』」

参考元:Wikipedia研究 KEN-ON

上記は、3年以上出演したCM作品の一覧であり、30作品以上大手企業のCMに出演しています。

なお、1996年のロングバケーションに出演以降、CMの仕事を中心にしています。

また、2000年頃から旅の映像シリーズの製作や日本の職人のもの作りの世界に惹かれ「作り手と使い手のダイレクトに結び付けたい」という想いから、伝統工芸雑貨のセレクトショップの経営をしていました。

そして、当時の心境について、インタビューで下記のように語っています。

使い手の幸福のために、時間をかけて技を磨いて向上していく精神は、まさにエンターテイメントだなと思いました。これは、私が関わってきたテレビの世界でも全く同じこと。人々の暮らしを楽しく幸せにしていくものを、夢ある形で手渡していきたい。

参考元:山口智子が考える「幸せな生き方」FRaU

そんな山口智子さんは「人間として学び、感動し続けること。」をモットーとしており、インタビューで下記のように語っています。

俳優でいるためには人間として成長し続けなきゃいけない。年を重ねたぶんだけ、人間としてストンとそこに立っただけで人生の厚みを醸し出せる存在感を放てるようになりたい。

参考元:山口智子が考える「幸せな生き方」FRaU

上記のように、女優という仕事以外にも様々なことに興味を持ち、学び続けている山口智子さんの今後の活躍が楽しみだと思います。

スポンサーリンク