和久田麻由子の若い頃が可愛い【画像】現在と昔の出演番組まとめ!
LINEで送る
Pocket

和久田麻由子アナは、2014年からNHKニュースおはよう日本、2020年からニュースウォッチ9メインキャスターを務めるアナウンサーです。

なお、2011年からNHK岡山放送局でアナウンサーとして活躍、現在もアナウンサーの中でもトップクラス美貌の持ち主ですが、若い頃が可愛いとも言われています。

そんな和久田麻由子アナについて、若い頃が可愛い【画像】Wikiプロフィールまとめ現在と昔の出演番組まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

和久田麻由子アナの若い頃が可愛い【画像】

【若い頃の和久田麻由子アナ】和久田麻由子,アナウンサー,NHK,若い頃,可愛い和久田麻由子,アナウンサー,NHK,若い頃,可愛い和久田麻由子,アナウンサー,NHK,若い頃,可愛い【現在の和久田麻由子アナ】和久田麻由子,アナウンサー,NHK,現在,綺麗

上記の画像より、若い頃は初々しさがありますが、笑顔が素敵な女性ですでに美人だと思います。

現在は、清楚な顔立ち大人の魅力溢れる綺麗なお姉さんという印象があり、モデルのような美脚にも多くの視聴者から反響があります。

また、多くの視聴者から、下記の女優さんやモデルさんに似ていると言われています。

木村文乃さん・武井咲さん・波瑠さん・吉岡里帆さん・中村アンさん・松島花さん・西野七瀬さん




個人的には、波瑠さんに似ていると思いますが、蒼々たるメンバーに似ていると言われている和久田麻由子アナが可愛い綺麗というのは間違いないと思います。

スポンサーリンク

和久田麻由子アナのWikiプロフィールまとめ

和久田麻由子アナは、2011年にNHK岡山放送局に入局後、2014年に東京アナウンス室に異動し、NHKニュースおはよう日本メインキャスターに抜擢され、NHKの朝の顔として活躍していました。

なお、2020330日から桑子真帆アナと入れ替わりでニュースウオッチ9を担当することになりました。

そんな和久田麻由子アナについて、どのようなアナウンサーなのかを知ってもらうため、Wikiプロフィール出身高校大学という流れで、ご紹介していきます。

もっと詳しく知りたい人へ!

和久田麻由子アナのWikiプロフィール

和久田麻由子,アナウンサー,NHK
名前:和久田麻由子(わくだまゆこ)
愛称:わくまゆ・わくちゃん・まゆちゃん
生年月日:1988年11月25日
年齢:32歳(2020年時点)
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:165cm(推定)
特技:洋裁
趣味:ミュージカル鑑賞
職業:アナウンサー
所属:NHK放送センター

参考元:WikipediaNHKアナウンス室

和久田麻由子アナの家族構成は、父親・母親の3人家族であり、兄弟姉妹はいないようです。

父親の仕事の都合で、2歳〜5歳までアメリカのテキサス州ヒューストンで暮らしていました。

ちなみに、両親に関する詳細情報は上記以外にはありませんが、ネット上で父親は大手企業役員官僚ではないかと噂されています。

そして、THE優等生というイメージがある和久田麻由子アナですが、意外にも苦手なことについて、インタビューで下記のように語っています。

重大な決断は、スパッとすぐに決めてしまうタイプですが、食事のメニューをどちらにするか、休日にどこに出かけるか、どちらの服を買おうか、日常のささいな決断に関しては、極めて「優柔不断」です。

参考元:NHK岡山放送局

スポンサーリンク

和久田麻由子アナの出身高校大学はどこ?

下記は和久田麻由子アナの学歴の一覧です。

女子学院中学校
女子学院高等学校
東京大学の経済学部経済学科

上記の学歴から、日本においては、まさに代表的なエリートコースの一つといった感じだと思います。

なお、中学受験では女子最難関の一つとして知られる女子学院合格していますが、女子学院から東大に合格するのは、例年5~10%程度のようですので、非常に優秀な学生だったことが分かります。

さらに、勉強だけではなく、中学校から高校の時は英語演劇部に所属、高校2年生の時にはブロードウェイミュージカル「Guys & Dolls」で男役を熱演しています。

和久田麻由子,アナウンサー,NHK演劇部時代には衣装を担当、小道具なども部員たちの手作りであり、上記のように演者としてステージに上がることもあったので、ミュージカル俳優に憧れた時期がありました。

そして、東京大学時代には、男子ラクロス部マネージャー兼トレーナーを担当、インタビューで当時のことを語っています。

選手が1分、1秒でも長くプレイができるように練習環境を整えることを意識していました。例えば選手が練習している際には、同時に隣のスペースでコーンを並べ、前の練習が終わったらすぐに次に移れるよう準備をするなど、効率的な練習方法を考えサポートしていました。また、特に力を入れていたのは、ケガなどで離脱している選手のサポートをすることでした。

和久田麻由子,アナウンサー,NHKさらに、大学時代の経験がアナウンサーとなった自分に活かせれているとインタビューで語っています。

学生時代に選手の話にたくさん耳を傾けてきた経験は今の仕事につながっていると感じます。どういう順番で話を聞けば、相手が話しやすいのか。どんなタイミングで自分の考えを伝えれば、相手は心を開いてくれるのかなど、考えながら話を聞く力は学生時代に養われましたね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


和久田麻由子アナの現在と昔の出演番組まとめ

下記は、和久田麻由子アナはの昔の主な出演番組の一覧です。

岡山局時代

土曜スタジオパーク:新人お披露目
岡山県のニュース:中継・リポーター
LIVE BOX:MC
あさイチ:JAPA-NAVIナビゲーター

和久田麻由子,アナウンサー,NHK,現在,昔,出演番組

参考元:WikipediaNHKアナウンス室

東京アナウンス時代

NHKニュースおはよう日本:キャスター
世界で一番美しい瞬間
ラジオニュース
秘島探検 東京ロストワールド:語り
スペース・スペクタル:司会
和久田麻由子,アナウンサー,NHK,現在,昔,出演番組
天皇陛下『即位の礼』関連ニュース:キャスター
2020スタジアム:司会
和久田麻由子,アナウンサー,NHK,現在,昔,出演番組

参考元:WikipediaNHKアナウンス室

NHKのアナウンサー採用は、基本的に最初の勤務地は地方であり、地方で実績を積み、人気が出たアナウンサーは東京異動になります。

そして、全国区のキャスターとして活躍するという出世コースなのですが、たった4年の地方勤務で東京異動しているので、NHK岡山放送局時代から人気があったことが分かります。

和久田麻由子,アナウンサー,NHK下記は、現在の主な出演番組の一覧です。

ニュースウォッチ9:キャスター

参考元:WikipediaNHKアナウンス室

上記のように、NHKの顔として多くの番組に出演、視聴者から人気がありますが、NHKへの入局を決めた理由について、インタビューで下記のように語っています。

NHKは、視聴率だけが指標ではなく、たとえ母数は少なくてもそこに強烈な需要があれば公共メディアとして伝えていく。必要とする人へ、きちんと情報が届くように番組を制作しているところが素敵だなと思っていました。

参考元:NHK RECRUITING SITE

以前のNHKのトップ女子アナといえば名実ともに有働由美子アナでしたが、和久田麻由子アナはポスト有働とも言われている才色兼備なアナウンサーなので、今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク