LINEで送る
Pocket

高橋彩華選手は、畑岡奈紗選手や勝みなみ選手らと同じ黄金世代の1人であり、将来有望な女子プロゴルファーです。

なお、学生時代から2016年の「日本女子アマチュアゴルフ選手権」で優勝を果たすなど注目されていました。

そんな高橋彩華選手について、出身高校Wikiプロフィールゴルフ経歴まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

高橋彩華選手の出身高校はどこ?

高橋彩華選手の出身高校は、開志国際高等学校アスリートコースです。

高橋彩華,ゴルフ,黄金世代,女子プロ,高校時代この高校は、2014年創立の新潟県胎内市にある男女共学の私立高等学校です。

高校時代は、自宅から片道40分をかけて電車で通学し、授業が終わると学校近くのゴルフ場で練習に取り組んでいました。

なお「毎日打たないと落ち着かない。」とインタビューで語っており、クラブを握らない日はほとんどないほど練習をしていました。

また、高校時代のインタビューにて、将来の目標について、下記のように語っています。

海外のプロツアーで活躍し、みんなから愛される選手になりたい。中学2年のとき女子プロのツアーをタイで初めて見て、国内の大会とは「輝きが違う」と感じ、こんな場所で活躍したいと思うようになった。

引用元:産経ニュース

高橋彩華,ゴルフ,黄金世代,女子プロ,高校時代そして、学生時代に下記の主な経歴を残しており、日本女子アマチュアゴルフ選手権では、畑岡奈紗選手を破っての優勝を果たしています。

2015年「新潟県ジュニア選手権」優勝
2016年「トゥルービジョン国際ジュニア選手権(タイ)」優勝
2016年「日本女子アマチュアゴルフ選手権」優勝
2016年「日本女子ジュニア選手権」2位
 

なお、高校時代からプロゴルファーになることを意識しながら、練習は打つ球の数を減らし、量より質を重視する内容に変えるなどの努力を重ねており「日本での五輪は特別なので、出場してメダルを取りたい。」とオリンピック出場も視野に入れていました。

高橋彩華選手のWikiプロフィール

高橋彩華,ゴルフ,黄金世代,女子プロ
名前:高橋 彩華(たかはし さやか)
生年月日:1998年7月24日
年齢:24歳(2022年時点)
出身地:新潟県新潟市
血液型:A型
身長:162cm
体重:55kg
趣味:音楽鑑賞
得意スポーツ:空手・陸上
得意クラブ:アイアン
所属:東芝

参考元:Wikipedia日本女子プロゴルフ協会

高橋彩華選手の家族構成は、父親のさん・母親の真由美さん・3歳下の弟の夢人さんの4人家族です。

そして、父親の影響で10歳の頃からゴルフを始めていますが、ゴルフの魅力について「ゴルフはミスするスポーツ。できなかったことを克服できたときが面白い。」と語っています。

高橋彩華,ゴルフ,黄金世代,女子プロなお、小学6年生までは空手も習っていましたが「痛いのが嫌になって。」という理由から、ゴルフがメインとなりました。

そんなゴルフに情熱を捧げている高橋彩華選手は、音楽鑑賞の他にも映画鑑賞ショッピングをしたり、自宅でテレビを見ている時にリフレッシュをしているようです。

スポンサーリンク

高橋彩華選手のゴルフ経歴まとめ

高橋彩華選手は、10歳からゴルフを始め、2016年の日本女子アマチュアゴルフ選手権優勝した実力から、同じ黄金世代の中でもプロ転向後の活躍を期待されています。

そんな高橋彩華選手のゴルフ経歴について、プロテスト合格はいつプロ転向後のゴルフ経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

高橋彩華,ゴルフ,黄金世代,女子プロ

高橋彩華選手のプロテスト合格はいつ?

高橋彩華選手のプロテスト合格日は2018年7月27日であり、90期生として14位タイという順位で合格を果たしました。

高橋彩華,ゴルフ,黄金世代,女子プロ,プロテスト,合格ちなみに、90期生として合格したのは21名であり、エイミー・コガ選手がトップ合格一発合格者5名でした。

なお、高橋彩華選手は、2回目のプロテストでの合格でした。

高橋彩華,ゴルフ,黄金世代,女子プロ,プロテスト,合格そして、プロテスト合格後には、下記のスポンサーがサポートしています。

東芝:所属選手
ブリヂストン:クラブ・ボール
JUN&ROPE:ウェア
ナイキ:シューズ
新潟放送:スポンサー
クロス・ビー:マネジメント

上記のように、所属選手契約ゴルフ用品のスポンサー契約スポンサー契約マネジメント契約をしており、サポート体制は磐石であると思うので、今後の高橋彩華選手の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

高橋彩華選手のプロ転向後の経歴まとめ

2018年(1年目)

【LPGAツアー】
出場29戦・予選落ち17試合
予選突破12試合中の最高順位
「日本女子オープンゴルフ選手権」14位タイ

【その他】
「LPGA新人戦 加賀電子カップ」13位タイ

2019年(2年目)

【LPGAツアー】
出場38戦・予選落ち12試合・棄権1試合・トップ10入り8試合
予選突破25試合中の最高順位
「ニチレイレディス」2位

2020年(3年目)

【LPGAツアー】
出場13戦・予選落ち3試合・トップ10入り2試合
予選突破10試合中の最高順位
「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」8位タイ

2021年(4年目)

【LPGAツアー】
出場37戦・予選落ち1試合・棄権1試合・トップ10入り18試合
予選突破35試合中の最高順位
「楽天スーパーレディース」2位タイ
「CAT Ladies」2位タイ

2022年(5年目)

【LPGAツアー】
出場11戦・予選落ち0試合・棄権0試合・トップ10入り6試合
予選突破11試合中の最高順位
「フジサンケイレディスクラシック」優勝

高橋彩華選手は、2018年は予選落ちの試合が多い状況でした。

しかし、2019年は「ニチレイレディス」で2位になるなど、トップ10入りを8試合果たす活躍をしています。

高橋彩華,ゴルフ,黄金世代,女子プロ,経歴なお「パットを打つ前、手が動かない感じになった。」と語っており、短いパット全く入らない時期が続いてしまい、先輩プロやコーチに相談したり、様々な握り方を試し、パター10本以上替えたりしています。

しかし、現在のコーチである奥嶋誠昭コーチの指導を受けるようになり、徐々に状態が良くなってきているとインタビューで下記のように語っています。

アドバイスで何を言われたのかは言えませんが、パッティングやアプローチを中心に教わっています。ゴルフに対する気持ちがすごく苦しかったが、それがなくなって余裕を持ってゴルフができるようになった。

引用元:GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

また、高橋彩華選手が大会で心掛けていることについて、インタビューで下記のように語っています。

ノーボギー。できるだけミスをなくし、次につなげることを意識している。不調のときは、無理に攻めず、チャンスが来るのをずっと待つ。

参考元:産経ニュース

そして、黄金世代の選手たちの活躍が「私も活躍したい。」と刺激になっていましたが、2022年4月の「フジサンケイレディスクラシック」でついに初優勝を果たしたので、今後の活躍も楽しみだと思います。

スポンサーリンク