ハーフ貴源治の本名と四股名の由来!現在の相撲経歴まとめ【画像】
LINEで送る
Pocket

貴源治は、2013年3月場所初土俵、入門時は貴乃花部屋所属でしたが、現在千賀ノ浦部屋所属の力士です。

そして、ハーフ双子という珍しい力士であり、史上19組目兄弟関取です。

そんな貴源治について、本名と四股名の由来貴源治はハーフ現在までの相撲経歴まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

貴源治の本名と四股名の由来は?

貴源治本名は、上山 賢かみやま さとしさんといいます。

そして、四股名貴源治は、入門時の師匠だった乃花が帰依する新興宗教の龍神総宮社の設立者である辻本源冶さんに由来しています。

貴源治,相撲

名前:貴源治 賢(たかげんじ さとし)
本名:上山 賢(かみやま さとし)
愛称:貴ツインズ
生年月日:1997年5月13日
年齢:23歳(2020年時点)
出身地:栃木県小山市
血液型:O型
身長:191cm
体重:170kg
趣味:トレーニング・映画鑑賞
得意技:突き・押し
所属:千賀ノ浦部屋

参考元:Wikipedia日本相撲協会公式サイト

貴源治は、貴乃花引退千賀ノ浦部屋移籍していますが、以前からの貴乃花部屋方針を守り、よほどのことがない限りテーピングサポーターはつけずに土俵に上がっています。

また、貴源治貴乃花とのは深く、新十両への昇進を決めた時に、関取になって初めて給料を手にするということで、親方から財布プレゼントされています。

スポンサーリンク

貴源治はハーフ?

貴源治家族構成は、日本人父親フィリピン人母親一卵双生児4人家族であり、双子ハーフです。

もっと詳しく知りたい人へ!

なお、栃木県小山市に生まれ、茨城県猿島郡堺町で育ちましたが、角界入門後父親出身地であり、自身出生地でもあったことから、公称出身地茨城県から栃木県変更しています。

貴源治,相撲,ハーフ,双子,貴ノ富士なお、貴源治は、少年時代から空手キックボクシングなどをしていました。

その後、境町立境第一中学校の時にバスケットボールに打ち込み、茨城県選抜主力選手として全国3位になるほどの実力がありました。

また、延岡学園高等学校土浦日本大学高等学校福岡第一高等学校などバスケットボール強豪高校からスカウトがありました。

しかし、両親勧めもあり、相撲未経験ではありましたが、中学卒業と同時に貴乃花部屋双子の兄と一緒に入門しました。

貴源治,相撲,ハーフ,双子,貴ノ富士そして、貴源治は、入門動機について、インタビューで下記のように語っています。

バスケでは金にならない。体を使うことが好きだったので、体を使って親孝行したかった。

参考元:Wikipedia

また、中学3年生の時に貴乃花部屋体験入門しており、父親から「貴乃花親方を助けてやれ。」と後押しされたこときっかけでした。

貴源治,相撲,ハーフ,双子,貴ノ富士なお、貴源治入門当初心境について、インタビューで下記のように語っています。

バスケを引退してすぐに貴乃花部屋に体験入門し、そのまま2週間くらい、部屋で寝泊まりしました。

初めて稽古したとき、兄弟子に勝ったんです。それを親方にもほめられて、「楽しいな」と思ったんですけど、翌日くらいからしんどくなって。

参考元:Infoseekニュース

なお、入門当初は、貴月芳貴斗志兄弟も所属しており、複数の双子が同じ部屋に同時に所属する事例となり、注目されました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


貴源治の現在までの相撲経歴まとめ

貴源治は、2013年3月場所初土俵を踏み、2014年7月場所では、元学生横綱入門以来負けなし正代プロ初黒星をつけて注目されました。

そして、2015年5月場所初土俵から2年速さ双子の兄と共に、幕下昇進しました。

貴源治,相撲,経歴しかし、しらばくスランプ状態勝ち越せない時期1年ほど続きましたが、2016年1月場所優勝決定戦に進出以降は、幕下地位を定着させています。

なお、巡業部長だった貴乃花親方(当時)より、双子の兄と共に初切しょきりの命を受け、2016年夏巡業デビュー十両昇進まで務め上げました。

初切(しょきり)とは?

相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する見世物であり、相撲の取組の前に決まり手四十八手や禁じ手を紹介するために江戸時代から行われていました。現在では、大相撲の花相撲巡業などで見ることができます。

参考元:Wikipedia

貴源治,相撲,経歴その後、2017年5月場所十両への昇進を果たしました。

なお、10代での関取昇進は、部屋の弟弟子貴景勝以来であり、栃木県出身関取は、日出ノ国以来14年ぶり誕生でした。

しかし、すぐに幕下に降格してしまいましたが、2017年11月場所十両に復帰、多くの勝ち越し場所を経て、2019年5月場所十両優勝を果たしました。

貴源治,相撲,経歴そして、2019年7月場所からの新入幕への意気込みについて、インタビューで下記のように語っており、今後の活躍が楽しみです。

目標、三賞なんて小さいこと言ってられない。新入幕で賜杯を狙います。それ狙わずして何を狙うんですか。

参考元:スポニチ Sponichi Annex スポニチ

スポンサーリンク

合わせて読みたい!