サーシャバインのWikiプロフとコーチング経歴!悲しい過去も紹介!
LINEで送る
Pocket

大坂なお選手のコーチだったサーシャ・バインさんは、テニスコーチ界でも絶賛されている対話を重視した指導方法を用いていました。

そんな敏腕コーチぶりにテニス界だけではなく、日本のスポーツ界や教育界などでも注目を集めていました。

そんなサーシャ・バインコーチについて、Wikiプロフィールコーチング経歴まとめ知られざる悲しい過去について、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

サーシャ・バインさんのWikiプロフィール

サーシャバイン,コーチ,大坂なおみ
名前:サーシャ・バイン(Sascha Bajin)
本名:アレクサンダー・バイン(Aleksandar Bajin)
生年月日:1984年10月4日
年齢:36歳(2020年時点)
国籍:ドイツ人 (セルビア系)
出身:ドイツ・ミュンヘン
大学:アメリカのパームビーチ州立大学
利き手:右利き(ダブルハンドバックハンド)
身長:190㎝以上

参考元:Wikipedia

サーシャバイン,コーチ,大坂なおみ身長の情報が調べきれませんでしたが、上記の写真より、大坂なおみ選手が身長180cmあるので、憶測ですが、身長は190cm以上あるのではないかと思います。

スレンダーにも関わらず細マッチョイケメンなサーシャ・バインコーチは、世の女性たちから熱い視線が注がれているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

サーシャ・バインコーチのコーチング経歴まとめ

下記は、サーシャ・バインコーチの簡単な経歴です。

3歳からテニスを始め、6歳の時にテニスプレイヤーとして才能を開花させます。

1990年代後半は、ジュニアのテニスプレイヤーとして活躍していました。

ある悲しい過去が原因でテニスから遠ざかる時期がありましたが、その後、アメリカへ移住、現役時代プロテニスプレイヤーとして、何度か試合をこなしました。

シングルの最高ランキングは、1165位でした。

参考元:Wikipedia

アメリカでの現役生活を終え、ドイツ・ミュンヘンにて、コーチとしての人生がスタートしました。

2007年

セリーナ・ウィリアムズ選手(元世界ランキング1位:アメリカ)

2014年

ビクトリア・アザレンカ選手(元世界ランキング1位:ベラルーシ)
キャロライン・ウォズニアッキ選手(元世界ランキング1位:デンマーク)

そして、女子テニストッププレイヤーヒッティングパートナーとしてキャリアを積みました。

2017年12月より、大坂なおみ選手のコーチとなりました。

サーシャバイン,コーチ,大坂なおみ大坂なおみ選手のコーチになる前に携わった上記3名の選手は、3名とも世界ランキング1位になっています。

そして、サーシャ・バインコーチと大坂なおみ選手の二人三脚で、指導をした全ての選手を世界ランキング1位にするコーチという素晴らしいジンクスができました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


サーシャ・バインコーチの知られざる悲しい過去は?

サーシャ・バインコーチは、3歳からテニスを始め、父親がコーチになり指導を受けていました。

しかし、ジュニアのテニスプレイヤーとして活躍していた15歳の時に不幸なことに交通事故で父親が他界してしまいました。

サーシャ・バインコーチにとって、誰よりも信頼のできる良き理解者であったコーチを失った悲しみは、想像を絶するものだったと思います。

その後、しばらくテニスから疎遠となってしまうほどのダメージを心におったのだと思います。

上記のTwitterのように、サーシャ・バインコーチは、とてもポジティブシンキングで対話を重視する指導方法を実践しています。

上記のような思考になれたのは、過去の悲しみを受け止め、乗り越えたからこそなのではないでしょうか?

過去の出来事は、本当に悲しいことではありますが、現在のサーシャ・バインコーチの思考を作るにあたり、重要な要素になっているのではないかと思います。

スポンサーリンク