ペトラクビトバが可愛い【画像】凄い経歴と襲撃事件の真相を紹介!
LINEで送る
Pocket

プロテニスプレイヤーペトラ・クビトバ選手は、WTAツアーシングルス27勝をしている実力のある選手です。

なお、その美貌抜群のスタイルから可愛いと多くのテニスファンから反響があります。

さらに、実力が伴った凄い経歴2016年に彼女を襲った事件でも注目を集めていました。

そんなペトラ・クビトバ選手について、可愛い画像現在までの凄い経歴まとめ襲撃事件の真相という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ペトラ・クビトバが可愛い【画像】

ペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス,可愛いペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス,可愛いペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス,可愛いペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス,可愛い上記の画像より、噂通りで可愛いと思いますが、個人的には綺麗な女子テニスプレイヤーだと思います。

さらに、最後の画像に関しては、身長182cmという高身長なので、抜群のスタイルであり、モデルとしても活動していけるのではないかと思います。

なお、ペトラ・クビトバ選手は、チェコ出身ですが、同じチェコ出身プロテニスプレイヤーであるニコル・バイディソバ選手やカロリナ・プリスコバ選手などスタイルが良く綺麗な選手が多いように思えます。

スポンサーリンク

ペトラ・クビトバ選手の現在までの凄い経歴まとめ

ペトラ・クビトバ選手は、3歳から父親の手ほどきでテニスを始め、2006年プロ転向しています。

そして、2008年全仏オープン4大大会初出場4回戦で敗れています。

その後、2009年1月モーリラ・ホバート国際ツアー初優勝を果たしています。

そんなペトラ・クビトバ選手について、どのような女子テニス選手なのかを知らない人もいると思うので、Wikiプロフィール現在までの凄い経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

ペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス

ペトラ・クビトバ選手のWikiプロフィール

ペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス

名前:ペトラ・クビトバ
英語名:Petra Kvitová
生年月日:1990年3月8日
年齢:30歳(2020年時点)
出身地:チェコ・ビーロヴェツ
身長:182cm
体重:70kg
利き手:左
バックハンド:両手持ち

参考元:Wikipedia国際テニス連盟

ペトラ・クビトバ選手は、スタイル抜群モデルような女性なので、2013年以降から元男子テニスのラデク・ステパネク選手と交際しているがありました。

ペトラ・クビトバ,女子プロ,テニスなお、ラデク・ステパネク選手は、国別対抗戦デビスカップ2度優勝グランドスラムダブルスでも2つタイトルを手にしている世界的有名な選手です。

しかし、元妻ニコル・バイディソバ選手と復縁したことで、2人は別れており、2015年には、アイスホッケー選手との交際されていました。

上記のように、ペトラ・クビトバ選手は、その美貌から恋多き女性ということが分かります。

スポンサーリンク

ぺトラ・クビトバ選手の現在までの凄い経歴まとめ

下記は、ペトラ・クビトバ選手の現在までの主な経歴です。

2010年「ウィンブルドンベスト8
2010年「年間最優秀新人賞
2011年「全豪オープンベスト8
2011年「ウィンブルドン優勝
2011年「WTAツアー選手権」優勝
2011年「フェドカップ」優勝
ペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス
2012年「全豪オープンベスト4
2012年「フェドカップ」優勝
2014年「ウィンブルドン優勝
ペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス
2015年「WTAツアー選手権」2位
2016年「リオデジャネイロオリンピック銅メダル
2016年「WTAエリート・トロフィー」優勝
ペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス
2017年「バーミンガム・クラシック」優勝
2018年「カタール・トータル・オープン」優勝
2018年「バーミンガム・クラシック」優勝
ペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス
2019年「シドニー国際」優勝
2019年「全豪オープン準優勝
2019年「ドバイ・テニス選手権」準優勝
ペトラ・クビトバ,女子プロ,テニス
2019年「ポルシェ・テニス・グランプリ」優勝

参考元:Wikipedia国際テニス連盟

ペトラ・クビトバ選手は、グランドオープン以外にも数多くの大会で優勝を果たしています。

さらに、2016年リオデジャネイロオリンピックでは、銅メダルに輝いています。

また、2011年には女子世界ランキング2位となっていますが、襲撃事件により、しばらく大会に出られない時期があったため、20位以下にランキングを下げた時期もありました。

しかし、2017年に復帰した後は、順調にランキングを上げており、2018年年間最終ランキング7位変わらない強さをアピールしています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


ペトラ・クビトバ選手の襲撃事件の真相は?

ペトラ・クビトバ選手は、2016年12月のクリスマス前の時期、チェコ東部プロスチェヨフ自宅アパート刃物を持ったに襲われ、利き手である左手深刻なケガを負いました。

この事件から約1年半後に、犯人の男は警察によって拘束され、2018年時点で、その54歳薬物中毒者であることが分かりました。

なお、襲撃してきたは知り合いではなく、最初は「計器をチェックする。」と業者を装い、自宅に入ってきたようです。

そして、突然襲ってきたそのバスルームでもみ合いになり、めがけてナイフが振り下ろされた時左手の指深手を負いました。

自分を守ろうと試みた時、私は左手に重傷を負いました。
私は、震えていて生きていることが幸運でした。ケガは深刻で、専門医に会う必要がありました。
しかし、あなたたちが知っているように、私は強い。私は、戦うつもりです。

参考元:ペトラ・クビトバ Fackbook

事件後、自身のフェイスブックで上記のように投稿していました。

なお、ペトラ・クビトバ選手は、左利きバックハンドの時に両手を使います。

そのため、左手のケガは、致命的であり、医師からは「指を切断する可能性もある」と警告されるなど、選手生命が終わる可能性もありました。

しかし、手術は無事に成功リハビリ後2017年全仏オープン復帰しました。

そして、徐々に大会での優勝回数を増やしていき、自己最高世界ランキング2位見事な復活を遂げています。

精神的身体的ダメージ心配されていたにも関わらず、見事な復活を遂げたペトラ・クビトバ選手は、本当に強い人間だと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!