エリナスビトリナがかわいい【画像】Wikiプロフと経歴まとめ!
LINEで送る
Pocket

ウクライナ出身女子プロテニスプレイヤーであるエリナ・スビトリナ選手は、2018年WTAファイナルズ優勝を果たしている強い選手です。

さらに、そのテニス実力と同じく、テニスファンからかわいいとその美貌に多くの反響があります。

そんなエリナ・スビトリナ選手について、かわいい画像Wikiプロフィール経歴まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

エリナ・スビトリナ選手がかわいい【画像】

エリナ・スビトリナ,テニス,選手,女子,かわいいエリナ・スビトリナ,テニス,選手,女子,かわいいエリナ・スビトリナ,テニス,選手,女子,かわいいエリナ・スビトリナ,テニス,選手,女子,かわいい上記の画像より、まるでモデルさんのような抜群のスタイル美貌であり、多くのテニスファンからかわいいと言われる理由が分かります。

ちなみに、下記のTwitterInstagramを確認すると、モデル業化粧品CMなどにも出演しており、ウクライナ国内では、プロテニスプレイヤーとして以外にも人気があります。


また、ウクライナ国内では、テニスプレイヤーとしてもトップクラス実力があります。

さらに、2018年WTAファイナルズでの初優勝は、ウクライナ人としては史上初快挙でした。

スポンサーリンク

エリナ・スビトリナ選手のWikiプロフィール

エリナ・スビトリナ,テニス,選手,女子

名前:エリナ・スビトリナ
英語名:Elina Svitolina
生年月日:1994年9月12日
年齢:26歳(2020年時点)
国籍:ウクライナ
出身地:ウクライナ・オデッサ
身長:174cm
体重:60kg
趣味:サッカー・ウェイクボード
利き手:右
バックハンド:両手打ち
コーチ:Iain Hughes

参考元:Wikipedia国際テニス連盟

エリナ・スビトリナ選手は、5歳からテニスを始めました。

ジュニア時代2010年全仏オープンジュニアシングルス優勝2010年からにプロ転向しています。

2010年プロへ転向したばかりであり、まだまだ若い選手だと思います。

エリナ・スビトリナ,テニス,選手,女子,かわいいなお、シングルスだけではなく、ダブルスでも試合に出場しており、現在までに下記のような成績を残しています。

WTAツアーシングルス」14勝
「WTAツアーダブルス」2勝
「シングルス自己最高位」3位
「ダブルス自己最高位」108位

参考元:Wikipedia国際テニス連盟

スポンサーリンク

合わせて読みたい!



エリナ・スビトリナ選手の経歴まとめ

下記は、エリナ・スビトリナ選手の現在までの主な経歴の一覧です。

2013年「バクー・カップ」優勝
2014年「バクー・カップ」優勝
2015年「全仏オープンベスト8
2015年「マラケシュ・グランプリ」優勝
2016年「リオオリンピックベスト8
2016年「マレーシア・オープン」優勝
2016年「エリート・トロフィー」準優勝
エリナ・スビトリナ,テニス,選手,女子,経歴
2017年「全仏オープンベスト8
2017年「台湾オープン」優勝
2017年「ドバイ・テニス選手権」優勝
2017年「イスタンブール・カップ」優勝
エリナ・スビトリナ,テニス,選手,女子,経歴
2018年「全豪オープンベスト8
2018年「ブリスベン国際」優勝
2018年「ドバイ・テニス選手権」優勝
2018年「WTAファイナルズ優勝
エリナ・スビトリナ,テニス,選手,女子,経歴
2019年「全豪オープンベスト8
2019年「ウィンブルドンベスト4
2019年「全米オープンベスト4
2019年「WTAファイナルズ準優勝
2020年「モンテレイ・オープン」優勝

参考元:Wikipedia国際テニス連盟

エリナ・スビトリナ選手は、まだ4大大会での優勝はありませんが、多くのWTAツアー優勝を果たしていることが分かります。

そして、2013年2014年バクー・カップ2017年2018年ドバイ・テニス選手権では、2年連続優勝しています。

なお、エリナ・スビトリナ選手の4大大会での主な成績は下記です。

全豪オープンベスト8
全仏オープンベスト8
ウィンドブルドンベスト4
全米オープンベスト4

参考元:Wikipedia国際テニス連盟

また、2012年全米オープン初出場から4大大会出場を続けています。

最高位は、ベスト8であり、多くのWTAツアー優勝を誇る実力があっても、4大大会での優勝がいかに難しいことであるかが分かります。

今後、大坂なおみ選手のライバルになる可能性が十分にあると思いますので、引き続き応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!