大谷翔平は太った?【画像】昔と現在までの経歴と比較写真まとめ!
LINEで送る
Pocket

大谷翔平選手は、投手打者を本格的に両立する二刀流の選手であり、最速165キロ豪速球抜群の打撃センスでNPB時代もMLBでも活躍を続けています。

なお、MLBへの入団以降、多くのファンや視聴者から「太った?」と反響があります。

そんな大谷翔平選手について、太った?【画像】Wikiプロフィールまとめ昔と現在までの経歴まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

大谷翔平選手は太った?【画像】

【NPB時代の大谷翔平選手】大谷翔平,野球,メジャーリーガー,NPB時代大谷翔平,野球,メジャーリーガー,NPB時代【MLB入団時の大谷翔平選手】大谷翔平,野球,メジャーリーガー,MLB入団当時【現在の大谷翔平選手】大谷翔平,野球,メジャーリーガー,現在,太った

上記の画像より、NPB時代やMLB入団時と比べると、全体的に顔が丸くなり体も一回り大きくなっていることが分かります。

ただし、ただ単に太った訳でなく、かなりの筋肉質になったことが分かるので、MLBで活躍するための肉体改造の賜物なのだと思います。

なお、MLB1年目に右肘靭帯損傷し、トミー・ジョン手術を受けることになりましたが、MLB史上初10登板・20本塁打・10盗塁が評価され、ア・リーグの新人王に選ばれました。

そして、この賞の日本人の受賞は、2001年のイチロー選手以来17年ぶり4人目となる快挙であり、今後の活躍のために、必要な肉体改造だったのだと思います。

スポンサーリンク

大谷翔平選手のWikiプロフィールまとめ

大谷翔平選手は、プロ入り前の高校時代からアマチュア野球史上初となる160キロ記録しています。

そして、高校卒業後の進路が注目されており「マイナーからのスタートになると思うけれども、メジャーリーグに挑戦したい気持ちでいる」と語っていましたが、北海道日本ハムファイターズに入団しました。

そんな大谷翔平選手について、どのようなプロ野球選手なのかを知ってもらうため、Wikiプロフィール出身高校という流れで、ご紹介していきます。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー

大谷翔平選手のWikiプロフィール

大谷翔平,野球,メジャーリーガー
名前:大谷翔平(おおたにしょうへい)
生年月日:1994年7月5日
年齢:26歳(2020年時点)
出身地:岩手県奥州市
血液型:B型
身長:193cm
体重:95kg
趣味:読書・DVD鑑賞
所属:ロサンゼルス・エンゼルス
事務所:ホリプロ

参考元:WikipediaNPB.jp 日本野球機構

大谷翔平選手の家族構成は、社会人野球の選手だった父親、バドミントン選手の母親、6歳上の兄と2歳上の姉の5人家族であり、3人兄弟末っ子です。

もっと詳しく知りたい人へ!

なお、翔平という名前は、父親が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、源義経の戦うと飛ぶイメージからの字を用い、平泉からを取って名付けられました。

そして、小学3年生から水沢リトルリーグで野球を始め、全国大会に出場、小学5年生にして、110キロを記録するほど球が速く、当時の捕手が体が逃げてしまうほどでした。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー

大谷翔平選手の出身高校はどこ?

大谷翔平選手の出身高校は、花巻東高等学校です。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー,高校時代この高校は、1956年創立の岩手県花巻市にある男女共学の私立高等学校です。

また、硬式野球部は花巻商業時代も含め、春2回・夏8回甲子園に出場しており、先輩である菊池雄星選手に憧れて入学を決意しました。

なお、高校入学時には、下記のことを目標に掲げています。

・日本一になる。
・日本人最速となる163キロを記録する。
・ドラフトで菊池雄星を越える8球団から1位指名を受ける選手になる。

そして、1年生の春は4番・右翼手で公式戦に出場、秋からエースを務め、最速147キロを記録、2年生の春には最速151キロを記録し、みちのくのダルビッシュと呼ばれ注目を集めていました。

大谷翔平,野球,メジャーリーガー,高校時代さらに「日本人投手としての最初のアメリカ殿堂入りを果たしたい」という想いから、高校卒業後のメジャー挑戦を考えており、インタビューで下記のように語っています。

誰もやった事が無い様な事をやりたい。野茂英雄さんもそうですし、成功すれば高校からメジャーへという道も拓けると思う。160キロの目標を掲げた時には「無理じゃないか」と言う声もあったが、そう言われると、絶対やってやるという気持ちになる。刺激というか、やる気になる。

参考元:Wikipedia

上記のように、高校時代から高い志を抱いており、プロ入り後もプライベートでは外出をほとんどせず「二刀流をやろうとしている事を考えたら、我慢しなくてはいけない事が一杯ある。」と語り、野球漬けの日々を送っています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


大谷翔平選手の昔と現在までの経歴まとめ

大谷翔平選手は、2012年にドラフト1位北海道日本ハムファイターズに入団、2013年3月29日にNPB初出場、2018年3月29日にMLB初出場を果たし、誰もが納得する実績を残しています。

そんな大谷翔平選手の経歴まとめについて、NPB時代の経歴まとめMLB時代の経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

大谷翔平選手の昔のNPB時代の経歴まとめ

下記は、大谷翔平選手の昔のNPB時代の主な受賞歴です。

タイトル

最多勝:1回
最終防御率:1回
最高勝率:1回

参考元:Wikipedia

受賞

最優秀選手:1回
ベストナイン:3回
月間MVP:2回
最優秀バッテリー賞:1回
札幌ドームMVP:2回
オールスターゲームMVP:1回
オールスターゲーム敢闘選手賞:1回
WBSCプレミア12・ベストナイン:1回

参考元:Wikipedia

大谷翔平選手は、プロ入り後の開幕戦にて、2安打1打点を記録、高卒新人が開幕戦で複数安打を記録したのは、53年ぶり2人目の快挙となりました。

なお、2年目の2014年は、NPB史上初となる同一シーズンで二桁勝利11勝二桁本塁打10本を記録しました。

また、3年目の2015年は、ハーラートップの15勝防御率2.24勝率.750最多勝利最優秀防御率最高勝率の投手3冠に輝きました。

大谷翔平,野球,メジャーリーガーさらに、4年目の2016年は、4年ぶりリーグ優勝に貢献、NPB史上初10勝100安打・20本塁打を達成しました。

そして、5年目のNPBでの最後の年は、史上4人目となる40勝・40本塁打を達成、さらに、プロ野球史上66年ぶりとなる4番・投手で出場、4打数1安打で10奪三振の完封勝利を記録しました。

もっと詳しく知りたい人へ!

大谷翔平選手の現在のMLB時代の経歴まとめ

下記は、大谷翔平選手の現在のMLB時代の主な受賞歴の一覧です。

週間MVP:2回
ルーキー・オブ・ザ・マンス:2回
新人王
毎日スポーツ人賞グランプリ

参考元:Wikipedia

大谷翔平選手は、2018年3月29日の開幕戦初打席初球初安打投手として出場した4月1日には初登板初勝利指名打者として出場した4月3日には第1打席で初本塁打を記録しました。

その後、3試合連続となるホームランを放ち、日本人メジャーリーガーによる3試合連続ホームランは、松井秀喜さん以来2人目でした。

さらに、1年目でしかも4月に達成したのは日本人選手史上初、メジャー史上では4人目快挙でした。

大谷翔平,野球,メジャーリーガーそして、上記以外にも数々の記録を更新し、最終的には日本人選手のシーズン20本以上は、松井秀喜さんに次いで史上2人目、メジャー1年目で20号到達は初めてとなりました。

また、メジャー史上初10登板・20本塁打・10盗塁を達成、ア・リーグの新人王に選ばれました。

大谷翔平選手は、トミー・ジョン手術からの回復までは、打者としての出場が続くと思いますが、長嶋茂雄さん・王貞治さん・落合博満さん・松井秀樹さんなどのレジェンドたちから二刀流での活躍を期待されています。

スポンサーリンク