大貫勇輔がイケメン【画像】昔のミュージカルやドラマ作品まとめ!

大貫勇輔」さんは、「ホリプロ」所属の俳優さんですが、17歳からプロダンサーとして数々の作品に出演を果たしていました。

そんな「大貫勇輔」さんは、高身長甘いマスクで多くのファンから「イケメン」と言われており、ダンス上手さにも反響があります。

今回は、プロダンサー俳優として活躍する「大貫勇輔」さんについて、大貫勇輔さんがイケメン【画像】Wikiプロフィールまとめ昔のミュージカルやドラマ作品まとめというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

大貫勇輔さんがイケメン【画像】

大貫勇輔さんがイケメン【画像】」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、大貫勇輔さんが、多くのファンから「イケメン」と言われている画像の一覧となります。

大貫勇輔,俳優,プロダンサー,イケメン

大貫勇輔,俳優,プロダンサー,イケメン

大貫勇輔,俳優,プロダンサー,イケメン

大貫勇輔,俳優,プロダンサー,イケメン

上記の画像より、大貫勇輔さんは、180cmという高身長にも関わらず、小顔爽やかな笑顔が素敵であることが分かります。

また、3枚目の画像から、胸筋二の腕も太く筋肉質であることが分かるので、欠点が見当たらないイケメンだと思います。

なお、下記は、大貫勇輔さんの公式インスタグラムであり、プライベートオフショットなどの投稿があるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

そして、多くのファン視聴者から、俳優の「高橋一生」さんに似ていると言われており、爽やかなイケメンであることは間違いないと思います。

スポンサーリンク

大貫勇輔さんのWikiプロフィールまとめ

大貫勇輔さんのWikiプロフィールまとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、大貫勇輔さんの簡単なWikiプロフィール情報となります。

大貫勇輔,俳優,プロダンサー

名前:大貫 勇輔(おおぬき ゆうすけ)
生年月日:1988年8月31日
出身地:神奈川県座間市
血液型:不明
身長:180cm
体重:79kg
趣味:旅行、映画鑑賞
特技:アクロバット
職業:プロダンサー、俳優
事務所:ホリプロ

参考元:Wikipediaホリプロオフィシャルサイト

大貫勇輔さんは、母親の「由紀子」さんが経営する「コスモダンススタジオ」で7歳からダンスを始めました。

なお、母親ダンススタジオは、レベルの高いスタジオとして有名であり、たまに大貫勇輔さんが子供たちの指導をすることがあるそうです。

さらに、 祖父体操オリンピック強化選手母親伯母元体操選手という生粋アスリート一家で育ちました。

そして、 17歳からプロダンサーとして数々の作品に出演しており、バレエジャズコンテンポラリーモダンストリートアクロバットなど、ほとんどのジャンルダンスを踊ることができます。

この投稿をInstagramで見る

 

大貫勇輔(@yusukeonuki_official)がシェアした投稿

合わせて読みたい!


大貫勇輔さんの昔のミュージカルやドラマ作品まとめ

大貫勇輔さんの昔のミュージカルやドラマ作品まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

大貫勇輔さんは、2011年の「ロミオ&ジュリエット」にて、ダンサーとしてミュージカルデビュー2012年の「キャバレー」にて、「藤原紀香」さんの相手役を務め、俳優デビューを果たしました。

そんな大貫勇輔さんの昔のミュージカルやドラマ作品まとめについて、昔のミュージカル作品昔のドラマ作品、という流れで、下記に詳しくご紹介していきます。

大貫勇輔,俳優,プロダンサー,昔,ミュージカル,ドラマ

大貫勇輔さんの昔のミュージカル作品は?

大貫勇輔さんの昔のミュージカル作品は?」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、大貫勇輔さんの主なミュージカル作品の一覧となります。

2011・13・17・19年「ロミオ&ジュリエット」:死 役(ミュージカル)
2012年「キャバレー」:クリフ 役(ミュージカル)
2013年「100万回生きたねこ」
2013年「ドリアン・グレイ」:主演
2014・15年「ピーターパン」:フック船長 役(ミュージカル)
2015年「私の頭の中の消し」:主演(朗読劇)
2017・20年「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」(ミュージカル)
2018年「メリー・ポピンズ」:バート 役(ミュージカル)

上記が、大貫勇輔さんの主なミュージカル作品ですが、ミュージカル初出演以降舞台朗読劇などを含めると30作品以上に出演を果たしています。

なお、2011年の「ロミオ&ジュリエット」では、演出家の「小池修一郎」さんに見出されて、死のダンサー役に抜擢されています。

さらに、イスラエルで有名な「インバル・ピント」さん、コンテンポラリーダンスの巨匠である演出家の「マシュー・ボーン」さんなどに抜擢されるなど、世界的にも評価があります。

そして、「ロミオ&ジュリエット」、「キャバレー」、「ピーターパン」、「メリー・ポピンズ」など誰もが知っているミュージカル作品への出演を果たしています。

大貫勇輔,俳優,プロダンサー,昔,ミュージカル,ドラマ

大貫勇輔さんの昔のドラマ作品は?

大貫勇輔さんの昔のドラマ作品は?」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、大貫勇輔さんの主なドラマ作品の一覧となります。

2014年「隣の女」:岸井 役
2015年「セカンド・ラブ」:一之瀬佑都 役
2015年「ある日、アヒルバス」:涼太 役
2018年「高嶺の花」:神宮兵馬 役
2019年「やすらぎの刻〜道」:小沼良吉 役
2019年「ルパンの娘」:円城寺輝 役
2019年「グランメゾン東京」:柿谷光 役

上記が、大貫勇輔さんの主なドラマ作品ですが、ミュージカル作品ほどの作品数はありません。

しかし、「セカンド・ラブ」、「高嶺の花」、「ルパンの娘」、「グランメゾン東京」などの話題ドラマ作品に出演を果たしています。

大貫勇輔,俳優,プロダンサー,昔,ミュージカル,ドラマ

なお、「セカンド・ラブ」で華麗なダンス、「ルパンの娘」でミュージカル風ダンスを披露し、多くの視聴者から反響がありました。

さらに、ドラマだけでなく、「KIRIN」、「シャディ」、「Sky株式会社」などの大手企業イメージキャラクターとしてCM出演も果たしています。

そして、2019年だけでも3本ドラマ作品への出演を果たしているので、ミュージカルだけではなく、今後はドラマ映画などでの活躍が増えてくるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「大貫勇輔」さんについて、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

大貫勇輔さんは、「ホリプロ」所属の俳優さんですが、7歳からダンスを始めており、17歳からプロダンサーとして数々の作品に出演を果たしています。

そんな大貫勇輔さんは、多くのファンから「イケメン」と言われており、画像より、180cmという高身長にも関わらず、小顔爽やかな笑顔が素敵であることが分かりました。

さらに、胸筋二の腕も太く筋肉質であり、ダンスも上手いので、欠点が見当たらないイケメンだということが分かりました。

そして、2011年の「ロミオ&ジュリエット」にて、ダンサーとしてミュージカルデビュー2012年の「キャバレー」にて、「藤原紀香」さんの相手役を務め、俳優デビューを果たしました。

さらに、ミュージカル初出演以降舞台朗読劇などを含めると30作品以上に出演、「セカンド・ラブ」、「高嶺の花」、「ルパンの娘」、「グランメゾン東京」などの話題ドラマに主演を果たしています。

2019年だけでも3本ドラマ作品への出演を果たしている大貫勇輔さんの今後のミュージカルドラマ映画CMなどでのマルチな活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク