ネイサンチェンがイケメン【画像】すごい経歴や記録の秘密を紹介!
LINEで送る
Pocket

ネイサン・チェン選手は、世界選手権GPファイナル2連覇など多くの世界選手権優勝を果たしているアメリカ出身男子フィギュアスケーターです、。

そんな素晴らしいスケーティング魅力的な選手ですが、多くのフィギュアファンからイケメンと言われています。

そんなネイサン・チェン選手について、イケメン画像Wikiプロフィールまとめすごい経歴と記録の秘密という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ネイサン・チェン選手がイケメン【画像】

ネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメンネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメンネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメンネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメン上記の画像より、日本人だとジャングルポケットの太田博久さんに似ていると言われており、多くのフィギュアファンからイケメンと反響がある理由が分かります。

下記は、インスタグラムであり、プライベート練習風景などの投稿があるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

また、ネイサン・チェン選手は、落ち着きコメント力があり、インタビューなどでかっこいいと多くのフィギュアファンから反響があります。

上記のように、スケートの高い技術力表現力だけでなく、イケメンと反響があるネイサン・チェン選手の今後の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

ネイサン・チェン選手のWikiプロフィールまとめ

ネイサン・チェン選手は、ノービス時代から全米選手権優勝を果たすなど、アメリカ国内では、敵なしの強さを誇ります。

そして、シニアに上がってからも、日本羽生結弦選手・宇野昌磨選手たちとトップ3と言われるほどの名実共に知名度があります。

そんなネイサン・チェン選手について、どのような男子フィギュアスケート選手なのかを知ってもらうために、Wikiプロフィールスケートを始めたきっかけという流れで、ご紹介していきます。

ネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメン

ネイサン・チェン選手のWikiプロフィール

ネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子

名前:ネイサン・チェン
英語名:Nathan Chen
生年月日:1999年5月5日
年齢:21歳(2020年時点)
国籍:アメリカ
出生地:ユタ州ソルトレイクシティ
身長:166cm
趣味:読書・ギター
所属:ソルトレイクシティFSC

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

ネイサン・チェン選手の家族構成は、父親母親2人の姉2人の兄7人家族であり、5人兄弟末っ子です。

ネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメン,家族なお、父親1998年中国から留学生として渡米し、科学の博士号を取得、母親医療系の通訳中国北京出身です。

また、2人の兄アイスホッケー2人の姉フィギュアスケートをしていたので、影響ネイサン・チェン選手は、フィギュアスケートを始めました。

スポンサーリンク

ネイサン・チェン選手のスケートを始めたきっかけは?

ネイサン・チェン選手のスケート始めたきっかけは、2人の兄アイスホッケー2人の姉フィギュアスケートをしていたことで、3歳の時にソルトレークシティスケートリンク初めて滑ったことでした。

ネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメンまた、フィギュアスケート以外にもバレエ体操ピアノといった習い事もしていました。

なお、5歳の時からバレエ・ウエスト・アカデミーというバレエ学校に入っており、フィギュアスケートより本格的に練習していたと語っています。

そして、インタビューで「バレエの経験がフィギュアスケートに活かされている」と下記のように語っています。

とにかくクラシックバレエの基礎があるので、踊りとか表現という面では、振り付けを身体に馴染ませることができていると思います。

参考元:キャノン・ワールドフィギュアスケートウェブ

ネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメンそして、2010年2011年には、全米選手権ノービスクラス2連覇ノービス時代から実力を示しています。

ネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメン,現在,経歴その後、2011年12月ラファエル・アルトゥニアさんをメインコーチに迎え、2012年全米選手権ジュニアクラス優勝を果たしました。

なお、当時の年齢が12歳であったため、ISUの大会には出場できず、世界ジュニア選手権代表には選ばれませんでしたが、ガルデナスプリング杯ノービスクラス国際大会デビューを果たし、初出場での優勝を果たしています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


ネイサン・チェン選手のすごい経歴や記録の秘密は?

ネイサン・チェン選手がスケートを始めた当初は、お下がりのスケート靴を使っていましたが、新しい靴が必要になった時に、その靴を買うお金がなかったそうです!

そのため、父親は、アメリカのマイケル・ワイスさんが将来有望な若者に奨学金援助をするために設立したマイケル・ワイス財団助けを求めました。

ネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメン,マイケル・ワイスなお、本来であれば、まだ幼すぎるため、年齢制限申請ができなかったのですが、特別200ドル援助をしてもらい、新しいスケート靴を購入できました。

その後、目覚ましい進歩により、マイケル・ワイス財団10年間約75,000ドル援助しています。

そして、この援助に関して、インタビューで下記のように語っています。

マイケルがスケートを続けるお金を与えてくれた。彼がいなければ私が今どうなっていたかはわからない。いつかはマイケル・ワイスが自身にしてくれたように、自身も若いスケーターを助けたい。

参考元:Wikipedia

上記のように、現在ネイサン・チェン選手の活躍秘密は、マイケル・ワイス財団援助であることが分かります。

そんなネイサン・チェン選手について、現在までの経歴まとめ現在までの記録まとめという流れで、ご紹介していきます。

ネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメン,記録,経歴

ネイサン・チェン選手の現在までの経歴まとめ

下記は、シニアデビューから現在までの主な経歴です。

2016年「GPファイナル」2位
2017年「全米選手権」優勝
2017年「四大陸選手権」優勝
2017年「世界選手権」6位
2017年「GPファイナル」優勝

2018年「全米選手権」優勝
2018年「平昌オリンピック5位
2018年「世界選手権」優勝
2018年「GPファイナル」優勝

2019年「全米選手権」優勝
2019年「世界選手権」優勝
2019年「スケートアメリカ」優勝
2019年「フランス国際」優勝
2019年「GPファイナル」優勝

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

ネイサン・チェン選手は、日本の羽生結弦選手や宇野昌磨選手を破り、何度も優勝を果たしており、高い技術力表現力のある選手であることが分かります。

ネイサン・チェン,フィギュアスケート,男子,イケメン,現在,経歴なお、ネイサン・チェン選手が、羽生結弦選手と初めて会った時の印象をインタビューで下記のように語っています。

羽生選手はフリーで4回転を4本入れているのに、さらに演技を楽しんでいるのが伝わってきました。ジャンプだけに集中していないのは素晴らしいことです。

あと羽生選手は、集中力とか、精神的なエネルギーが素晴らしいですね。試合に向かっていく闘志を、一緒に練習していてすごく感じました。僕もああいう、自分をプッシュする力がもっと必要だと感じました。

参考元:キャノン・ワールドフィギュアスケートウェブ

上記のシニアデビュー当時は、憧れの選手、そして、追いかける選手であった羽生結弦選手と肩を並べる選手となったネイサン・チェン選手の今後の活躍が非常に楽しみだと思います。

スポンサーリンク

ネイサン・チェン選手の現在までの記録まとめ

下記は、現在までの主な記録です。

【史上初の記録】
4Lz、4Fの2種類の4回転ジャンプ
4F-3Tのコンビネーションジャンプ
5本の4回転ジャンプ
6本の4回転ジャンプ

【連覇の記録】
全米選手権ノービス・ジュニア:2連覇
全米選手権:3連覇
GPファイナル:3連覇
世界選手権:2連覇

【パーソナルベストスコア】
合計:335.30
SP:110.38
FS:224.92

参考元:Wikipedia国際スケート連盟

上記のように、ジャンプが得意なイメージがあるネイサン・チェン選手は、あるインタビューで、4本の4回転ジャンプを取得した流れを語っています。

13歳になる2日前に初めてトリプルアクセルを降りて、そのあとしばらく4回転は跳べませんでした。4回転トウループを練習で初めて降りたのは15歳の時です。国内の試合でも成功させました。

4回転トウループを降りた2週間後には、練習で4回転サルコウも降りて、そのあと16歳になって4回転フリップを、そして比較的すぐに4回転ルッツを跳びました。

参考元:キャノン・ワールドフィギュアスケートウェブ

また、ネイサン・チェン選手は、4回転ジャンプを跳べる秘訣について、下記のように語っています。

僕の場合は、瞬発力だと思います。筋肉はもちろんジムで鍛えていますし、4回転に必要な身体は作っています。そこに加えてまだ若いので身のこなしが速いんです。

ジャンプの踏み切りで、膝と足首と上半身を一気に反応させて、バランス良くまとめることが秘訣です。とにかく迅速な身体の反応というのが、4回転の場合は重要です。

参考元:キャノン・ワールドフィギュアスケートウェブ

そして、インタビューで「アスリートは常に新しい技術に挑戦し、その限界を超えていかなければならないという意味では『5回転もいずれはできます』と宣言しておきます。」とも語るネイサン・チェン選手の今後の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!