宮部藍梨の出身高校大学【画像】学生時代のバレー経歴が凄すぎる!
LINEで送る
Pocket

宮部藍梨選手は、高校時代2014年東京オリンピックへ向けた集中強化対象であるTeam CORE女子8人の中の1人に選ばれたウイングスパイカーです。

なお、2019年全日本女子代表初選出された宮部愛芽世(あめぜ)選手がであり、姉妹でのオリンピック出場を期待されています。

今回は、そんな宮部藍梨選手について、出身高校大学学生時代のバレー経歴が凄すぎるWikiプロフィールという流れで、詳しくご紹介していきます。

こちらもオススメ!


スポンサーリンク

宮部藍梨選手の出身高校大学はどこ?

宮部藍梨選手の出身高校大学はどこ?」について、ご紹介していきます。

下記は、出身高校大学などの主な学歴の一覧です。

「金蘭会中学校」
金蘭会高等学校
神戸親和女子大学」(退学
サウスアイダホ大学

出身中学高校は、1905年創立の大阪府大阪市北区大淀南三丁目にある私立女子学校です。

バレーボール部は、2007年創部されており、歴史は浅い方ですが、全国タイトル7回インターハイ1回・国体3回・春高バレー3回)を獲得しています。

宮部藍梨,バレーボール,全日本女子,高校,大学なお、春高バレーに関しては、2014年度以降最低ベスト4以上成績を残しています。

ちなみに、バレーボール部監督は、大阪府立南寝屋川高等学校バレーボール部全国大会に出場させた池条義則監督です。

宮部藍梨,バレーボール,全日本女子,高校,大学そして、卒業生には、下記の女子バレーボール選手がいます。

小池杏菜選手(日立リヴァーレ)
林琴奈選手(JTマーヴェラス)
西川有喜選手(JTマーヴェラス)
水杉玲奈選手(東レアローズ)

そして、2017年神戸親和女子大学へ進学していますが、アメリカで学んで海外のリーグでプレーする夢を諦めきれず、2017年の夏頃に渡米したので、ほとんど通わずに退学しています。

宮部藍梨,バレーボール,全日本女子,高校,大学ちなみに、日本を離れる際には「東京五輪が遠のく」という周囲からの反対の声もあったそうです。

なお、宮部藍梨選手は、周囲反対の声を押して渡米したことについて、インタビューで下記のように語っています。

日本にいた時と充実感が違う。自分を成長させたいと思って渡米したが、決断に間違いはなかった。

参考元:産経フォト

そして、渡米後の大学は、アメリカアイダホ州にある2年制サウスアイダホ大学であり、英語での授業についていくため、練習以外の時間は勉強漬けの日々を送っていました。

スポンサーリンク

宮部藍梨選手の学生時代のバレー経歴が凄すぎる

宮部藍梨選手の学生時代のバレー経歴が凄すぎる」について、ご紹介していきます。

宮部藍梨選手は、友達がやっていたからという理由小学3年生からバレーボールを始めました。

下記は、学生時代主な経歴の一覧です。

【中学時代】
「全国都道府県対抗中学バレーボール大会」優勝JVA・JOCカップ賞

【高校時代】
「春高バレー」優勝・ベスト4
「インターハイ」優勝準優勝
「国体」優勝

【大学時代】
「全米選手権」優勝
女子年間優秀選手

【国際大会】ユース代表シニア代表
「アジアユースバレーボール選手権」優勝MVP
「ワールドグランプリ」

上記のように、素晴らしい成績を残しており、2014年度には高校3大大会3冠を達成しています。

宮部藍梨,バレーボール,全日本女子,学生時代,経歴また、2014年には、男子10人女子8人しか選ばれないTeam CORE1人に選出されました。

宮部藍梨,バレーボール,全日本女子,学生時代,経歴なお、Team COREのメンバーには、2019年度全日本女子代表に選ばれた古賀紗理那選手、黒後愛選手、宮下遥選手、今村優香選手がいます。

さらに、2015年4月に唯一の高校生として全日本女子代表に選出、ワールドグランプリ登録メンバーになり、イタリア戦で18得点をあげて、シニア国際大会デビューを果たしました。

宮部藍梨,バレーボール,全日本女子,学生時代,経歴そして、2018年に開催されたNJCAAディヴィジョン1の全米選手権の決勝では、最多23得点サービスエース2本の活躍を果たし、2年制大学部門女子年間優秀選手を受賞しています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


宮部藍梨選手のWikiプロフィール

宮部藍梨選手のWikiプロフィール」について、ご紹介していきます。

宮部藍梨,バレーボール,全日本女子

名前:宮部 藍梨(みやべ あいり)
愛称:アイリ
生年月日:1998年7月29日
年齢:22歳(2020年時点)
出身地:兵庫県
血液型:-
身長:181cm
体重:63kg
ポジション:ウイングスパイカー
所属:サウスアイダホ大学

参考元:Wikipedia

宮部藍梨選手の家族構成は、ナイジェリア人父親日本人母親4人家族であり、ハーフです。

なお、宮部愛芽世(あめぜ)選手も同じくバレーボール選手であり、同じ出身中学高校で、2019年全日本女子代表初選出されました。

もっと詳しく知りたい人へ!

そんな姉妹でのオリンピック出場を期待されていますが、宮部藍梨選手は、2015年以降全日本女子代表国際大会には出場を果たしていません。

宮部愛芽世,バレーボール,全日本女子,姉,宮部愛梨その理由は、バレーボール選手に多い慢性的な腰の痛みに苦しめられており、病名ヘルニアです。

そのため、多くのバレーファンから「引退するのでは?」と心配の声が上がっていましたが、アメリカ大学で活躍しているので、回復傾向にあるのではないでしょうか?

なお、大学進学時インタビューで下記のように語っており、大学卒業後は、海外のチーム入団する可能性もあるのではないでしょうか?

企業に入る選択肢もあったけれど、自分としては英語の勉強もしたい気持ちがあった。将来は海外でバレーをしたいので、実践的に使える英語を身につけて、バレーにつながるツールにしたい。

参考元:日刊スポーツ

上記のように、宮部藍梨選手は、学生時代から全日本女子代表として活躍しており、向上心も高いので、オリンピック出場の可能性を期待したいと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


最後に【出身高校大学や学生時代のバレー経歴が凄すぎる】

宮部藍梨選手について、調べた内容のまとめをご紹介していきます。

宮部藍梨選手は、友達がやっていたからという理由小学3年生からバレーボールを始めました。

下記は、出身高校大学などの主な学歴の一覧です。

「金蘭会中学校」
金蘭会高等学校
神戸親和女子大学」(退学
サウスアイダホ大学

下記は、学生時代主な経歴の一覧です。

【中学時代】
「全国都道府県対抗中学バレーボール大会」優勝JVA・JOCカップ賞

【高校時代】
「春高バレー」優勝・ベスト4
「インターハイ」優勝準優勝
「国体」優勝

【大学時代】
「全米選手権」優勝
女子年間優秀選手

【国際大会】ユース代表シニア代表
「アジアユースバレーボール選手権」優勝MVP
「ワールドグランプリ」

さらに、2014年には、男子10人女子8人しか選ばれないTeam CORE1人に選出されました。

さらに、2015年4月に唯一の高校生として全日本女子代表に選出、ワールドグランプリのイタリア戦で18得点をあげて、シニア国際大会デビューを果たしました。

2019年全日本女子代表初選出された妹の宮部愛芽世(あめぜ)選手と共に、オリンピック出場を期待されているので、今後の活躍を楽しみに引き続き応援していきます。

スポンサーリンク